英語で説明する【日本の三貴神/三貴子】

天岩戸神話の天照大御神/Wikipedia

天照大神、月読命、須佐之男命 は、日本の「三貴神/三貴子」と呼ばれています。

日本神話における創造神、伊邪那岐命(イザナギノミコト)と伊邪那美命(イザナミノミコト)は順調に国づくりをしていましたが、イザナミは火の神を生んだことで大火傷を負って亡くなってしまいました。そして彼女を救い出すために、死者の国である「黄泉の国」に向かったものの失敗し、帰ってきたイザナギが阿波岐原で禊をしたときに、この三柱の神々が生まれたとされています。

今回は、イザナギ から生まれた天照大神(アマテラス)、月読命(ツクヨミノミコト)、須佐之男命(スサノオノミコト)と、有名な「天岩戸」の事件について、英語で説明する表現をご紹介していきます。

ご興味のある方は、当サイトで 英語クイズ を出題しておりますので是非ご覧ください。

目次

古事記・国生みの物語

In The Kojiki, Amaterasu-Ōmikami, Tsukuyomi-no-mikoto and Susanoo-no-mikoto were born when Izanagi-no-Mikoto bathed in the river to purify himself after visiting Yomi, the Land of the Dead, in a failed attempt to rescue his deceased wife, Izanami-no-Mikoto.
(古事記において、伊邪那岐命が亡くなった妻の伊邪那美命を黄泉の国から救い出すことに失敗し、川で禊をしたときに天照大神、月読命、須佐之男命が生まれました。)

According to the oldest existing record of Japanese history called the Kojiki, Izanagi and Izanami appeared on the Takama no Hara, or High Plain of Heaven, as brother and sister.
(古事記と呼ばれる日本最古の歴史書によりますと、イザナギとイザナミは天国の高天原に兄妹として生まれました。)

Standing on the Floating Bridge of Heaven, they stirred the ocean’s water with a jeweled spear, then took the spear out. The brine that dripped from the tip of the spear became the first Japanese island, Onogoro.
(2人は天の浮橋の上に立ち、玉飾りのついた矛で海の塩水をかき混ぜて引き上げました。矛の先から滴り落ちた水は、日本で最初の島、淤能碁呂島になりました。)

Izanagi and Izanami descended onto the island, got married and made many more islands. First came Awaji Island.
(イザナギとイザナミはその島へ下りて結婚し、たくさんの島々を生みました。最初の島は淡路島でした。)

After the birth of the islands, various other gods were born of the two creator-parents. But when the fire god Kagutsuchi was born, Izanami was burned to death by the heat. In a fit of grief, Izanagi went down to Yomi, in order to bring back his wife.
(島々の誕生後、他のさまざまな神々が2人の創造者から生まれました。しかし火の神「火之迦具土神」が生まれたとき、イザナミ火傷を負って亡くなってしまいました。悲しみに暮れたイザナギは、黄泉の国に下りて妻を連れ戻すことに決めました。)

Arriving at the gate of a large palace, he called to Izanami and asked her to come back to the land of the living with him. She said him that she would go ask the gods of Yomi, but she begged him to not look inside the palace.
(大きな宮殿の門に着くと、彼はイザナミを呼び、一緒に地上へ戻るように頼みました。彼女は黄泉の国の神々に聞いてみるので、決して中を覗かないようにとイザナギに懇願しました。)

She was gone long, however, and he peeked into a dark room with his torch against Izanami’s wishes, then he found her body with maggots coming out of it.
(しかし彼女は長い時間戻ってこず、イザナミの望みに反して彼は松明を点けて暗い部屋を覗き込み、ウジ虫が湧く彼女の身体を見つけてしまいました。)

Pursued by enraged Izanami and her monsters, Izanagi fled and moved a huge rock to close the passage to the underworld.
(激怒したイザナミと魔物たちに追いかけられ、イザナギは逃げて大きな岩を動かし、冥界へ通じる道を塞ぎました。)

Izanagi then returned to the earth, where he cleansed himself in the ocean. From his purified eyes and nose appeared three great deities: Amaterasu (the sun goddess), Tsukuyomi (the moon god), and Susanoo (the storm god).
(その後イザナギは地上に戻り、海で身体を綺麗に洗いました。清められた目と鼻から、天照大神、月読命、須佐之男命の三貴子が現れました。)

These three deities who were born from Izanagi’s purification became Japan’s guardian gods and are still worshiped with great respect today.
(イザナギの禊から生まれたこの三柱の神々は、日本の守護神となって今日でも崇拝されています。)

天照大神 / アマテラス

(天照大神/Wikipedia)

太陽が神格化された女神であり、記紀神話の最高神です。
天照大神を祀る「伊勢神宮」は、神社本庁の「本宗」、つまり日本で最も神聖な場所とされています。

Amaterasu is the supreme deity of the Shinto and the ancestor goddess of the imperial family.
(天照大神は神道の最高神であり、皇祖神の女神です)

Amaterasu Ōmikami is the Shinto sun goddess, and she is also said to be the chief divinity of Shintoism.
(天照大神は太陽の女神であり、神道における主神といわれています。)

Amaterasu Ōmikami was born when Izanagi-no-Mikoto purified himself after escaping Yomi-no-kuni (Underworld) by washing his left eye. She was told by Izanagi to rule over the land above the sky.
(天照大神は、黄泉の国から逃げ帰ったイザナギが禊をしたさい、左目を洗ったときに生まれました。彼女はイザナギから高天原を支配するように言われました。)

Ise-Jingu ,where Amaterasu Omikami is enshrined, is considered the most prominent of shrines in Japan and a quite sacred place.
(天照大神が祀られている伊勢神宮は、日本の神社で最も重要で神聖な場所とされています。)

月読命 / Tsukuyomi

一般的に「夜を統べる月の神様」とされていますが、あまり記紀神話に登場しないため謎が多く、「恐らく男神」といわれているほどです。

Tsukuyomi-no-mikoto is the god of the moon in Japanese mythology and brother to both Amaterasu and Susanoo.
(月読命は、日本神話における月の神様で、天照大神と須佐之男命の兄弟にあたります。)

Tsukuyomi was born when Izanagi-no-Mikoto washed his right eye.
(月読命は、イザナギが右目を洗ったときに生まれました。)

There is little known about Tsukuyomi, but maybe Tsukuyomi would be male.
(ツクヨミについてはあまり詳しく知られていませんが、恐らく男性であると見られています。)

須佐之男命 / Susanoo

(須佐之男命/Wikipedia)

「荒ぶる神」そして「八岐大蛇(ヤマタノオロチ)を退治した日本神話の英雄」として有名なスサノオノミコト(須佐之男命/素盞嗚尊)。
その粗暴な性格ゆえに、天照大神をはじめ多くの神々を悩ませたスサノオノミコトでしたが、「困ったところはあるけれど根はいい子」という設定のためかどこか人間臭さがあり、日本神話の中でも一二を争う人気のある神様です。

Susanoo-no-Mikoto is described in The Kojiki and The Nihon-Shoki as the son of Izanagi and the younger brother of Amaterasu-Ōmikami.
(スサノオノミコトは、古事記および日本書紀では、イザナギの息子で天照大神の弟として描かれています。)

When Izanagi returned from the Land of Yomi, he purified himself in the ocean. As Izanagi washed his nose, he created the child, Susanoo.
(黄泉の国から戻ると、イザナギは海で身体を清めました。彼が鼻を洗ったとき、スサノオノミコトが生まれました。)

Susanoo-no-Mikoto killed Yamata-no-orochi in order to escape Kushinada-hime (Princess Kushinada), and presented Kusanagi-no-tsurugi, a mythical Japanese sword within the serpent’s body, to Amaterasu-Ōmikami.
(スサノオノミコトは、クシナダヒメ(櫛名田比売)を救うために八岐大蛇を退治し、大蛇の体から出てきた草薙剣を天照大神に献上しました。)

Yamata-no-orochi is a legendary eight-headed and eight-tailed Japanese serpent.
(八岐大蛇とは、八つの頭と尾をもつ日本の伝説上の大蛇です。)

天の岩戸事件

(岩戸神楽ノ起顕/歌川国貞)

イザナギから生まれた三貴神のうち、スサノオノミコトは我儘で乱暴な性格で高天原を荒らしていたため、他の神々は困り果てていました。最初のうちは天照大神も弟を庇っていたものの、その粗暴さに落胆し、天岩戸に引き籠って世界が闇に包まれてしまったという「天の岩戸/岩戸隠れ」事件を、ざっくりと英語で説明するときの表現です。

The sun goddess Amaterasu was told by Izanagi to rule the land of Heaven. She worked diligently at her job.
(高天原を治めるようにイザナギに言われた天照大神は、熱心に働きました。)

On the other hand, her brother Susanoo was told to rule the sea. But he disobeyed his father, crying and crying that he wanted to meet his late mother and his howling continued until his beard grew long, causing the mountains to wither and the rivers to dry up. The other gods thought Susanoo would destroy their world.
(その一方で、彼女の弟であるスサノオノミコトは、父から海を支配するように言われていました。しかし彼はそれに従うことなく、亡き母に会いたいと泣くばかりで、その喚き声は彼の髭が伸び、山は枯れ、川が干上がるまで続きました。)

When Izanagi asked him why he kept crying so hard, Susanoo said that he wanted to go down to Yomi to visit her instead of ruling the oceans. Izanagi grew angry when he heard Susanoo mention the underworld, and drove him away. Then he went to say goodbye to his sister Amaterasu before he proceeded to Yomi.
(父のイザナギがなぜそ​​んなに泣き続けるのかと尋ねると、スサノオは海を治めるのではなく、黄泉の国の母に会いに行きたいと言いました。イザナギは怒って、彼を追い払ってしまいました。そこでスサノオは黄泉の国に行く前に、姉の天照大神に別れを告げに行きました。)

Amaterasu was suspicious, demanding a trial by pledge (Ukei) to prove his sincerity. Amaterasu birthed three goddess from Susanoo’s sword, while he birthed five gods from her magatama (comma-shaped bead) hair ornament.
(疑いの念を抱いた天照大神は、彼の誠実さを証明させるために祈誓をすることを求めました。天照大神はスサノオの刀剣から三柱の女神を生み、スサノオは天照大神の勾玉の髪飾りから五柱の男神を生みました。)

Amaterasu was completely convinced that she won since the five gods came from her hair ornament.
(五柱の神々は天照大神の髪飾りから生まれたので、彼女は勝利を確信しました。)

But Susanoo said, “Owing to my sincerity, I have begotten gentle and delicate goddesses. Judging from this, I have undoubtedly gained the victory!” Impetuous with victory, Susanoo remained in Takama no Hara and he started playing wicked pranks.
(しかしスサノオは言いました。「私の誠実さによって、私は優しくて繊細な女神をもうけたのです。ここから判断するに、私は間違いなく勝ちました!」勝利に駆り立てられて、スサノオは高天原にとどまり、タチの悪いいたずらを働くようになりました。)

Since coming to Takama no Hara, Susanoo played havoc with the place. He destroyed Amaterasu’s rice fields, threw a flayed pony into the hall where Amaterasu and other goddesses were weaving heavenly garments, and scattered excrement over the palace.
(高天原に来てからというもの、スサノオはやりたい放題でした。天照大神の田畑を破壊し、天照大神と他の神々が織物をしている部屋に皮を剥いだ馬を投げ込んだり、神殿に排泄物を撒き散らしたりしていました。→ play havoc wich:〜を台無しにする、損害をもたらす)

The other gods were worried about that Susanoo would destroy their heaven. Most gracious Amaterasu tried to protect him from the other gods, but Susanoo continued to cause much trouble.
(他の神々は、スサノオが高天原を破壊してしまうのではないかと心配しました。慈悲深い天照大神はスサノオを庇おうとしましたが、彼は問題を起こし続けたのです。)

One day Amaterasu became so angry and sad that she went into the heavenly rock cave, Ama no Iwato, and locked herself inside with a huge rock. With Amaterasu in hiding, the world had lost the light, and plunged into darkness and chaos.
(ある日、天照大神は怒りと悲しみで、天岩戸という岩窟に入って大きな岩で塞ぎ、中に閉じこもってしまいました。それからというもの、世界は光を失い、暗黒と混沌の状態に陥ってしまったのです。)

The other gods gathered together and discussed what to do. The god of wisdom, Omoikane, devised a scheme he was sure would get Amaterasu to come out. He said, “Everyone, we are going to have a festival.”
(神々は集まって話し合いました。知恵の神である思兼神は、天照大神を確実に外に出させられるという計画を思いつきました。 「皆さん、お祭りをしましょう。」)

Then the gods collected roosters, whose crowing precedes the dawn, and decorated 500 trees with beautiful iron mirrors and an enormous magatama gem.
(神々は夜明け前に鳴く雄鶏を集め、500本の木を美しい鉄製の鏡と大量の勾玉で飾りました。)

The gods started to sing while the strongest god, Ame no Tajikarao, waited at the blocked cave entrance. The roosters called out their song, and a cheerful goddess named Ama no Uzume then appeared and began to dance.
(最も力持ちの神である天之手力男神が天岩戸の入り口で待機する間、神々は歌い始めました。雄鶏たちは鳴き、そこに陽気な天宇受売命が現れて踊り始めました。)

Her funny dance provoked uproarious laughter from all the other gods to the extent making Takama no Hara ring.
(彼女の愉快な踊りは、全ての神々に大笑いを巻き起こし、高天原に響き渡りました。)

In the cave, Amaterasu heard their laughter. “The world is now completely dark. Why are they laughing?” She wondered what all the racket could be.
(天岩戸の中で、天照大神は彼らの笑い声を聞きました。「世界は今真っ暗のはずだわ。何故彼らは笑っているのかしら。」彼女は何の騒ぎなのかと不思議に思いました。)

Amaterasu moved the rock that blocked the cave just a little and stuck her neck out to get a look. Suddenly, a single ray of sunshine came out into the darkness.
(天照大神は天岩戸を塞いでいる岩を少しだけ動かし、外へ顔を覗かせました。そのとき突然、一筋の光が暗闇に差し込みました。)

“Now!” Ame no Tajikarao grabbed her hand and pulled her outside. Another god then quickly sealed the cave with shimenawa, or a sacred rope, so she could not retreat again.
(「今だ!」天之手力男神が天照大神の手を掴んで外へぐっと引き出しました。そこでもう一人の神が素早く天岩戸に注連縄を張って封印し、二度と出入り出来ないようにしてしまいました。)

In this way, the world got back its sunlight.
(こうして、世界は日の光を取り戻しました。)


当サイトがお役に立ちましたら、ご支援いただけると励みになります。

Buy Me A Coffee

Scroll to top