【as と while の違い】「〜しながら」は英語でどう言うの?

Posted in 英語力強化, 英語学習

英語で「〜しながら」はどのように表現するのでしょうか。

今回は、同時に2つの動作をするときに使う aswhile そして over の使い方の違いを、例文とともにご紹介していきます。

ご興味のある方は、当サイトで 英語クイズ(5000問) を出題しておりますので是非ご覧ください。

目次

英語で「〜しながら」を表せる単語

「〜しながら」「〜している間に」と言いたいときは、主に以下の3つを覚えておきましょう。

as「同時性」や「変化」を強調する
while2つの動作を、比較的長く並行して行う
over前置詞のため、名詞や動名詞を伴う
withwith A C で、「A を C の状態にしながら」を表す
– ing動名詞を伴って「〜しながら」を表す

as と while は入れ替えて使える?

2つの出来事や動作が同時に進行中である場合は、aswhile のいずれも使うことができます。

ただし、as はこの他にも「〜ではあるが(譲歩)」「〜なので(理由)」などの用法があるため、単に2つの動作が並行して行われていることを言いたい場合は while が好まれる傾向にあります。

As / While Eddy was taking a bath, Nick was watching TV.
(エディがお風呂に入っている間、ニックはテレビを観ていた。)

それぞれの例文を詳しく見ていきましょう。

as

as は「〜するにつれて」「〜しながら」「〜したとき」を表す接続詞です。

特に、何らかの「変化」が生じている場合は as を使います。

My mother was singing as she cooked.
(母は料理をしながら歌を歌っていた。)

The man walked along as he whistled cheerfully.
(その男は上機嫌で口笛を吹きながら歩いていった。)

We looked at the snow as we soaked in the bath.
(私たちは雪を見ながら温泉に入った。)

My father has become more easy-going as he’e gotten older.
(父は歳をとるにつれて丸くなってきた。)

while

while は「〜しているうちに」「〜している間ずっと」を表す接続詞で、2つの動作が一定の時間継続することを表します。動詞は進行形がよく使われます。

I will explain it while showing you photos.
(写真を見せながらご説明します。)

Let’s drink tea or some other beverage while waiting.
(お茶でも飲みながら待とうよ。)

It is impolite to eat or drink something while walking.
(歩きながら飲食するのはお行儀が悪いわよ。)

I was lying on the beach while they were swimming.
(彼らが泳いでいる間、私はビーチに寝そべっていた。)

POINT

・beverage:(かたく) 水・薬以外のすべての飲料
・impolite:(人・言葉などが) 無作法な、失礼な

over

over は、「飲みながら」「食べながら」を表すことができる前置詞で、coffee、breakfast、lunch、dinner、drinks、tea などと一緒に使うことができます。

Let’s talk about it over lunch.
(昼食をとりながらそのことについて話そう。)

We chatted over (a cup of)coffee this afternoon.
(今日の午後、私たちはコーヒーを飲みながらおしゃべりをした。)

動名詞を使う

ing 形の動名詞を使うことで、簡単に「〜しながら」を表すことができます。

He threw the toy being angry.
(彼は怒りながらおもちゃを投げた。)

It’s bad for your eyes to read books lying down.
(寝ころびながら本を読むと目に悪いですよ。)

He was roaming the subways of Manhattan picking pockets for a living.
(彼はマンハッタンの地下鉄でスリをしながら生計を立てていました。)

POINT

・roam:(目的地を定めず) 歩き回る
・pick pockets:スリをはたらく

with

前置詞 with は、付帯状況を表す「 with A C 」のかたちをとって「A を C の状態にしながら」と言うことができます。
A は with 句の主語、C は形容詞や副詞、分詞などになります。

He always eat foods with his mouth full.
(彼はいつも口いっぱいに頬張りながら食べる。)

He was standing alone with his arms folded.
(彼は腕を組みながら一人で立っていた。)

I like to read with music playing in the background.
(音楽をかけながら本を読むのが好きです。)

関連表現

She cried and talked about it.
(彼女は泣きながらそのことについて話した。)

He was running and calling for help.
(彼は走りながら助けを求めた。)

The boy looked at me with a smile.
(その少年は笑いながら私を見ていた。)

Firefighters picked their way through the ashen fire sites.
(消防士たちは、足場を選びながら灰になった火災現場の間を進んだ。)

POINT

・pick one’s way:(足の踏み場を選んで) ゆっくり進む
・ashen:灰の、灰色の、(顔色などが) 青白い


当サイトがお役に立ちましたら、ご支援いただけると励みになります。

Buy Me A Coffee

Scroll to top