【英語】「〜して良かった」「〜しなくて良かった」の表現

Posted in 英語力強化, 英語学習

安堵の気持ちを表す「〜して良かった」や「〜しなくて良かった」は、英語でどのように言えば良いのでしょうか。

今回は、結果的に良かったときに使える様々な英語表現を、例文とともにご紹介していきます。

ご興味のある方は、当サイトで 英語クイズ(5000問) を出題しておりますので是非ご覧ください。

目次

安堵の気持ち

「〜して良かった」や「〜しなくて良かった」という、「結果的に正解だった」「助かった!」の気持ちは、good thingI’m glad などで表すことができます。
I’m glad は「あ〜良かった、ホッとした」というときに使えます。

例えば以下のように組み立てます。

〜して良かったThank god I + 動詞の過去形 . . .
(It’s a) good thing I + 動詞の過去形 . . .
It was good (that) I + 動詞の過去形 . . .
〜しなくて良かったI’m glad I didn’t + 動詞の原形 . . .
It was good (that) I didn’t + 動詞の原形 . . .

例文を見ていきましょう。

〜して良かった

Good thing I brought my umbrella.
(傘を持ってきて良かった。)

Good thing I brought extra money.
(お金を余分に持ってきて良かった。)

It’s a good thing the typhoon didn’t do any more damage than it did.
(台風の被害がこの程度で済んで良かった。)

I’m glad I asked you in advance.
(あなたに前もって確認して良かったです。)

I’m glad I was able to talk with you about this.
(このことであなたに相談できて良かった。)

I’m so glad I noticed I forgot my bag.
(バッグを忘れたことに気づいて本当に良かった。)

It was good that I came by train.
(電車で来て良かった。)

POINT

・extra:追加の、余分の、特別の
・in advance:前もって、あらかじめ

〜しなくて良かった

I’m glad I didn’t give up.
(諦めなくて良かった。)

I’m glad I didn’t go there.
(そこに行かなくて良かった。)

I’m glad I didn’t have to do all of it.
(全部やる必要がなくて良かった。)

I’m glad nothing bad happened to you.
(悪いことが何も起こらなくて良かった。)

I’m glad I didn’t choose the easy way.
(楽な道を選ばなくて良かった。)

I thought it was good that I didn’t see you then.
(その時あなたに会わなくて良かったと思ったわ。)

↓ 「〜しておけば良かった」「〜しなければ良かった」の後悔の気持ちの英語表現はこちら

Scroll to top