英語で説明する【美味しい緑茶の淹れ方】

日本のお茶代表、緑茶。
お団子やお饅頭などの和菓子には、香り高くてほろ苦い緑茶がよく合います。

海外の有名コーヒーショップなどでも、抹茶のフレーバーは大変人気があり、matcha で十分通じるようになってきています。

今回は、「美味しい緑茶の淹れ方」を英語で説明する表現をご紹介していきますので、ご参考になれば幸いです。

目次

緑茶の簡単な説明

緑茶とは、生のお茶の葉を発酵させずに製造した不発酵茶のことで、煎茶、抹茶、ほうじ茶など、さまざまなお茶をまとめた総称を指します。

例えばマカロニやスパゲティがパスタの一種で、パスタはイタリアの麺類の総称、というのと同じ理屈ですね。

Green tea is sometimes called “nihoncha”, and the best green tea is said to be that from Shizuoka Prefecture and the Uji region of Kyoto.
(緑茶は「日本茶」とも呼ばれ、お茶の葉の産地は静岡や京都の宇治などが有名です。)

Usually, “nihoncha” refers to ordinary green tea.
(ふつう「日本茶」といえば、「煎茶」を指します。)

The tea leaves used for green tea are the same as for black tea or oolong tea, but green tea is made from unfermented leaves.
(緑茶の茶葉は紅茶やウーロン茶などと同じですが、緑茶は茶葉を発酵させずにをつくります。)

Tea leaves contain a fermentation causing enzyme.
(茶葉には、発酵のもととなる酵素が含まれています。)

Green tea is classified as gyokuro, sencha, bancha, etc. depending on cultivation processes, harvest time, and manufacturing process.
(緑茶は、栽培の仕方や摘む時季、製造方法などによって、玉露や煎茶、番茶などの種類に分かれます。)

Green tea leaves are steamed soon after they have been picked to stop the fermentation.
(緑茶は、摘んだのちすぐに蒸すことで発酵を食い止めます。)

Oolong tea is a half-fermented tea and is made by roasting the leaves in the middle of the fermentation process.
(ウーロン茶は半発酵させたお茶で、発酵の途中で茶葉を炒ってつくります。)

Western tea leaves are fermented by the enzyme contained in the leaves, so their color is blackish.
西洋の茶葉は、お茶の葉に含まれる酵素を利用して発酵させているので、黒っぽい色をしています。

As Buddhist priests originally used green tea for medicinal purposes, it is known to include catechin and is considered to be very healthful.
緑茶は、仏教の僧が薬として用いていたことからも分かるように、カテキンが含まれていて健康に良いとされています。

During Edo era (about 300 years ago), green tea became more popular drink for common people.
(江戸時代、緑茶はより庶民に親しまれるようになりました。)

Green tea is casually drunk together with meals and sweets.
(緑茶は、お食事やお菓子と一緒に気軽に飲まれます。)

Green tea has a bitter and slight sweet teste.
(緑茶には、苦味とほのかな甘みがあります。)

In Japan, sugar is not added to green tea.
日本では、緑茶にお砂糖を入れることはありません。

Gyokuro is high class tea.
(玉露は、高級なお茶です。)

日本のお茶の種類

Nihoncha (Japanese tea) is rouchly divided into sencha (green tea), matcha (powdered green tea), and hōjicha (roasted tea).
(日本のお茶は大きく分けて、煎茶、抹茶、ほうじ茶があります。)

Japanese tea includes other varieties such as sencha, matcha, hoojicha, genmaicha, and mugicha.
(日本茶は煎茶、ほうじ茶、玄米茶、麦茶など、他の色々な種類のものが含まれます。)

Sencha is drunk most often and is made from soft young leaves.
(煎茶は最もよく飲まれており、若くて柔らかい茶葉からつくられます。)

Genmaicha (brown rice green tea) is made by adding roasted brown rice to sencha.
玄米茶は、炒った玄米を煎茶に入れてつくります。)

Bancha (coarse green tea) is made from large leaves left after the leaves for sencha are picked.
(番茶は、煎茶用の若い葉を摘んだあとに残った、成長した大きな葉から作られます。)

Hōjicha (roasted tea) is often made by toasting bancha.
(ほうじ茶はたいてい、番茶の葉を焙煎してつくられます。)

美味しい緑茶の淹れ方

1. Boil the drinking water.
(飲料水を沸かします。)

2. Pour hot water in a teacup to let it slightly cool.
(湯飲み茶碗にお湯を入れて少し冷まします。)

3. Put two spoons of the leaves in a small teapot and pour warm water.
(急須に茶葉をスプーン2杯分入れ、湯飲み茶碗のお湯を注ぎます。)

4. Leave the tea leaves to infuse for about a minute. If you like a stronger taste you can brew a little longer but watch out, over brewing can cause bitterness.
(お茶が煎じ出されるまで1分ほど待ちます。もし濃い味がお好みであればもう少し長く置いてもいいですが、苦くならないように注意してください。)

5. Pour them evenly little by little into each cup. This makes the strength of the tea the same in each cup.
(それぞれの湯飲み茶碗に少しずつ均等に注ぎます。これで、お茶の濃さを一定にします。)

6. Enjoy your deliciously refreshing Green Tea!
(美味しくてさわやかな緑茶をお楽しみください。)

抹茶 / Powdered green tea

Matcha is used for the Japanese tea ceremony.
(抹茶は茶の湯に用いられます。)

Matcha is also used for sweets such as cakes and parfaits.
(抹茶は、ケーキやパフェなどのスウィーツにも使われます。)

To make matcha, you need a special whisk.
(抹茶を点てるには、専用の道具が必要です。)

The whisk is called a “chasen.”
(その道具は、「茶筅」といいます。)

In the tea ceremony, hot water is poured to matha.
(茶の湯では、抹茶にお湯を注ぎます。)

Then, the tea is quickly stirred with a chasen (bamboo whisk).
(そしてお茶を茶筅で素早くかき混ぜます。)

Scroll to top