英語で説明する【初詣・おみくじ・御守り・絵馬・破魔矢】

英語で説明するお正月 編に続き、初詣、おみくじ、御守り、絵馬、破魔矢などについて英語で説明する表現をご紹介していきます。

目次

初詣 / Hatsumoude

多くの人が、お正月は寺社仏閣に参詣し、新年の幸福を祈ります。

「初詣」というコンパクトな表現が英語にはないため、一般的に
the first shrine/temple visit of the new year などと訳されます。

The first Shinto shrine or temple visit is called Hatsumoude. “Hatsu” means “the first.”
(最初に神社やお寺に参拝することを初詣といいますHatsu は「最初」という意味です。)

On New Year’s day, many people go for the first shrine or temple visit of the New Year and pray for happiness and health in the new year.
(元旦には、多くの人々が神社やお寺に初詣に出かけ、新年の幸福と健康を祈ります。)

At New Year, many Shinto shrines are crowded with worshippers for the first shrine or temple visit of the New Year.
(お正月には、多くの神社が初詣の参拝客で混雑します。)

On hatsumoude, people make prayers and wishes for safety and peace during the new year.
(初詣では、人々は新年の安全と幸せを祈ります。)

Visiters express gratitude for their good fortune during the past year, and pray for a peaceful life in the new year.
(参拝者は旧年の幸福に感謝し、新年の平和を祈願します。)

People draw omikuji (fortune slip) which tell them whether they have good luck or bad for the new year, or get lucky charms.
(参拝者はおみくじを引いて新年の吉凶を占ったり、縁起物を求めたりします。)

POINT

「お正月」は New Year または the New Year 、「新しい年」は new year となり、大文字と小文字で意味が変わりますので、使い分けに注意しましょう。

お賽銭 / Osaisen

お賽銭は一般的に、 offertory または monetary offering 、お賽銭箱は offertory/offering box と訳されます。

The money offering made to the gods and Buddha upon paying a visit to shrines or temples is called “osaisen.”
(神社または寺院を参詣するさいに、神仏に捧げるお金を「お賽銭」といいます。)

また、お賽銭を入れるときの動詞は、tossthrow などが使われます。

Visitors throw/toss money into the offering box, which is placed in front of the haiden (main building of the shrine or temple).
(参拝者は神社や寺院の拝殿の前に置かれたお賽銭箱にお金を投げ入れます。)

おみくじ / Omikuji

初詣といえばやっぱりおみくじですね。
基本的に「占いの類は良いことしか信じない」という方も多いと思いますが、私はそれが一番いいと思うのです。

おみくじは一般的に、fortune slipa fortune-telling paper stripと訳されますが、
他には written oracle(紙に書かれた神のお告げ)、sacred lots(神聖なくじ)という言い方もあります。

a written oracle drawn to determine one’s fortune
(吉凶を占うために引くくじ → determine「決定する」)

Omikuji, fortune slips, are obtained by drawing lots in which the good or bad luck of events at Shinto shrines or Buddhist temples.
(おみくじとは、神社や寺院などで物事の吉凶を占うために引くくじのことです。→ obtain「得る、手に入れる」)

On hatsumoude, many people get lucky charms, or draw their fortunes, or omikuji.
(初詣では、多くの人がお守りを求めたり、おみくじをひきます。)

Many Japanese people pick a fortune slip which tells their fortune of the new year on hatsumoude.
(多くの日本人が、初詣で新年の運勢が書かれたおみくじを引きます。)

When you draw a bad luck omikuji, tie the strip to the designated place.
(凶を引いたら、所定の場所におみくじを結びつけます。)

It is said that by doing so, you can leave your bad fortune behind.
(そうすることで、不運を神社に残して行くことができるとされています。)

おみくじの運勢

・大吉:very good luck / great blessing
・吉:good luck / blessing
・中吉:fair luck /middle fortune
・小吉:a little luck / small fortune
・末吉:uncertain luck
・凶:bad luck / misfortune
・大凶:extremely bad luck /great misfortune

御守り / Omamori

御守りは英語で lucky charm/amulet と言います。

POINT

charm は「引きつける、呼び込む」という意味があり、また「可愛らしい飾り」という感じがしますが、amulet はいわば邪気などを追い払う「魔除け」の意味で、神秘的で力強いニュアンスです。

Omamori, lucky charms, are said to summon good fortune and expel evil.
(御守りは幸運を呼び込み邪気を追い払うといわれています。)

Omamori are usually obtained/found at Shinto shrines or Buddhist temples.
(御守りはふつう神社やお寺で手に入ります。)

Divinities’ names or prayers or shrine and temple names are written on pieces of wood or paper.
(神の名や祈願の言葉、神社や寺院の名前などが木片や紙片に書かれています。)

Answers to prayers include a variety of things, such as road safety, passing examinations, business success, good health, and safe childbirth.
(そのご利益は、交通安全、合格、無病息災、安産などがあります。)

Each jinja has various omamori for benefits such as traffic safety, passing a school’s entrance exam, business prosperity, good health, and easy childbirth.
(どの神社にも、交通安全、合格祈願、商売繁盛、無病息災、安産などの多くの種類の御守りがあります。)

Omamori are a smaller type of amulet that people can carry with them in a bag or purse.
(御守りは小さな魔除けとしてバッグやお財布などに入れて持ち歩くことができます。)

It is believed that by always keeping omamori on oneself or by hanging it inside one’s car, on can receive the divine protection of the gods and Buddha.
(御守りを常に身につけたり、車の中に下げておくと、神仏のご加護が受けられると信じられています。)

絵馬 / Ema

絵馬は、祈願をするときや、願い事が叶ったときに寺社に奉納します。
昔は生きた馬を奉納していましたが、その代用として絵馬が使われるようになりました。

Ema is a wooden board drawn a picture of a horse, on which people write their wish.
(絵馬とは、馬の絵が描かれた木製の板で、そこに願い事を書きます。)

It is offered/dedicated to a Shinto shrine or a Buddhist temple.
(神社やお寺に奉納されます。)

Ema are pictures of horses drawn on wood, the upper part of which has a roof, and offered to shrines or temples when making wishes or after one’s prayers are answered.
上部が屋根のかたちをした板に馬の絵が描かれたもので、願をかけるときや願い事が叶ったときに神社や寺院に奉納します。)

The reason why ema has a house-like shape is because of traces of how it imitated the roof of a horse stable.
(絵馬が家のような形をしているのは、厩舎の屋根を模した名残があるからです。)

In ancient times, living horses were dedicated/offered to a Shinto shrine.
古代は、生きた馬が神社に奉納されていました。)

Ema is a wooden tablet bearing a picture of a horse, which we offer to a shrine or temple when we pray for something of after our prayers are answered.
(絵馬とは、馬の絵が描かれた木製の板で、祈願するときや願いが叶えられたときに神社に奉納します。)

破魔矢 / Hamaya

破魔矢とは、お正月の縁起物であり、神聖な矢として寺社に奉納される神具でもあります。

破魔矢は sacred arrows(神聖な矢)、decorative arrows(飾り用の矢)、 demon-breaking arrow(悪霊を壊す矢) などと訳されます。

sacred arrows given by shrines to visitors on New Year’s day
(お正月に参拝者に授けられる神聖な矢)

It is said that hamaya attract good luck and ward off evil/bad luck for the incoming year.
(破魔矢は新年の幸運を引き寄せ、邪気を追い払うといわれています。)

Hamaya is found/available in a Shinto shrine or a Buddhist temple.
(破魔矢は神社や寺院などで手に入ります。)

POINT

御守りや絵馬、破魔矢などの神具は「ご授与いただく」ものですので、「売られている」「買う」などの表現はあまり相応しくないと判断し、be obtained(手に入る)や available(入手できる)などを使っています。

Scroll to top