英語で説明する【イザナギとイザナミ】

  天瓊を以て滄海を探るの図(小林永濯)/Wikipedia

日本神話において世界の創造神とされるイザナギ(伊邪那岐)とイザナミ(伊邪那美)の国生みの物語、黄泉の国などを英語で説明する表現をご紹介していきます。

目次

↓ 英語で説明する【古事記と日本書紀】はこちら

古事記と皇統

The Kojiki (Records of Ancient Matters) is the oldest and most important chronicle of early Japan. Compiled in 712 by Ōno Yasumaro, the Kojiki records events from the mythological Age of the Gods up to the time of Empress Suiko.
(古事記は、古代日本の最も古くそして最も重要な年代記です。太安万侶によって712年に編纂された古事記は、神代から推古天皇の時代までの出来事を記録しています。)

The first part in the Kojiki is the story of the birth of Japan and is referred to as the “Kuniumi.”
(古事記の最初の部分は日本の誕生の物語であり、「国生み」と呼ばれています。)

The myths in the Kojiki explain the origins of gods all the way to the formation of Imperial family.
(古事記の神話は、神々の起源から皇室の成り立ちに至るまでを説明しています。)

This ancestral lineage and the myths and legends that surround it created a strong foundation for Shintoism in Japan.
(この先祖代々の血統とそれを取り巻く神話や伝説は、神道の確固たる基盤を築きました。)

According to both the Kojiki and the Nihon Shoki, the god Izanagi and the goddess Izanami created the islands of Japan.
(「古事記」「日本書紀」によりますと、イザナギ、イザナミという男女の神が日本列島をつくった、とあります。)

関連記事:英語で説明する【古事記と日本書紀】

イザナギとイザナミ

イザナギノミコト(伊弉諾/伊邪那岐)とイザナミノミコト(伊奘冉/伊邪那美)は、日本神話における創造神であり、国産み・神産みにおいて日本国土を形づくる多くの子を儲けました。その中には、淡路島・本州・四国・九州などをはじめとする島々のほか、海、山、木、水、風、火など森羅万象の神々が含まれています。

Izanagi and Izanami are held to be the creators of Japanese archipelago and its gods in Japanese mythology.
(イザナギとイザナミは、日本列島と日本神話の神々の創造主であるとされています。)

Izanagi and Izanami, in Japanese mythology, are the universal parents and creators who produced the land, mountains, rivers, trees, wind, and the deities ruling these things out of chaos, a state of disorder or shapelessness.
(日本神話において、男女の神であるイザナギとイザナミは、混沌、無秩序、無形の状態から陸、山、川、木々、風、そしてこれらを支配する神々を創造した宇宙の祖先です。)

Izanagi and Izanami are the progenitors of many deities, which include the sun goddess Amaterasu, the moon deity Tsukuyomi and the storm god Susanoo.
(日本神話において、イザナギとイザナミは、太陽の女神アマテラス、月の神ツクヨミ、嵐の神スサノオを含む多くの神々の祖先です。)

国生みの物語

All was chaos before the creation of the world.
(世界が創造される前のこと。全ては混沌としていました。)

Then the world divided into heaven and earth, the first three deities or kami appeared at Takama no Hara, Plain of the High Heaven.
(そこで世界が天と地に分かれ、最初の三柱の神々が高天原に生まれました。)

There, many more deities were born. They were likewise born alone, and hid their persons. The following generations came into existence each as a pair of male and female. The last Kamiyonanayo (Seven Generations of the Age of Gods) were Izanagi and Izanami.
(そこへ一柱ずつ多くの神々が生まれましたが、姿を現すことはありませんでした。その次の世代はそれぞれ男女一対で生まれ、神世七代の最後はイザナギとイザナミでした。)

At the time, the land below the sky was still shapeless like drops of oil floating on water.
(その時はまだ、陸地は水に漂う油のようにかたちがありませんでした。)

The older generations of gods assigned Izanagi and Izanami the task of bringing structure and order to the formless chaos that was the world. To help them to accomplish this, they gave the two gods a jeweled spear called “Ama no Nuhoko.”
(彼らより前に生まれた神々は、このかたちのない混沌とした世界に秩序をもたらすという役目をイザナギとイザナミに与えました。彼らは2人に「天の瓊矛」と呼ばれる玉飾りのついた矛を授けました。)

The two stood on the Floating Bridge of Heaven and dipped the spear into the ocean brine and churned.
(2人は天の浮橋の上に立ち、海の塩水にその矛を下ろしてかき混ぜました。)

When they lifted the spear up, briny drops from its tip created the first island of Japan which is called “Onogoro.”
(2人がその矛を引き上げたとき、その先から海の水がぽたぽたと滴って、それが「淤能碁呂島」と呼ばれる日本で最初の島になりました。→ briny:塩水の、海水の)

There, the couple went down onto the island, built a palace and a heavenly pillar, Ame no Mihashira.
(そこで2人はその島に下りて神殿と天御柱を建てました。→ pillar:柱、支柱)

Their marriage performed the mating ritual by walking around the pillar Ame no Mihashira and meeting in the center.
(彼らの結婚は、天御柱を回って会うという交わりの儀式によって行われました。)

They circled the pillar, Izanagi turning to the left while Izanami moved to the right, so they met each other coming round. Izanami spoke first, “What a fine young man!” “What a fine young woman!” said Izanagi in response. The two were married, and they consummated their marriage.
(イザナギが柱を左から回り、イザナミが柱を右から回って2人が出会うと、イザナミが先に「何て素敵な青年でしょう」と言い、それに答えてイザナギが「何て素敵な女性でしょう」と言いました。こうして2人は結婚の儀を終えました。)

After that, the newly-wed couple gave birth to their first child, who had no bones, arms, or legs.
(その後、この新婚夫婦は最初の子供を産みましたが、その子は骨も腕も足もありませんでした。)

Devastated and confused, Izanagi and Izanami consulted the elder gods for help.
(イザナギとイザナミは悲しみに打ちのめされて混乱し、長老の神々に助けを求めました。)

They told the pair that the reason for their misfortune was that they had not conducted the marriage ceremony properly; it was Izanagi, the male, who should have greeted his wife, Izanami, before she greeted him.
(彼らは、2人の不運の理由は、結婚の儀式が正しく行われなかったからだと言いました。男性であるイザナギが妻よりも先に声をかけるべきだったのです。)

They returned home and completed the ritual as instructed. This time, as they came face to face behind the pillar, Izanagi said, “What a fine young woman!”
(彼らは家に戻り、指示通りに儀式を完了しました。2人が柱の後ろで出会うと、イザナギは「何て素敵な女性でしょう」と言いました。)

Soon after, Izanagi and Izanami produced all of the islands and began to give birth to many deities that inhabited them. Together, they created the gods of sea, trees, winds, and many more.
(その後すぐに、2人は日本の島々をつくり、そこに住む神々、そして海、木々、風などの神々を次々と生み始めました。)

The last child of Izanagi and Izanami was Kagutsuchi, the god of fire. But Izanami was terribly burned and eventually died after bringing Kagutsuchi into this world.
(2人の最後の子供は火の神、火之迦具土神でした。しかしイザナミは火之迦具土神を産み落とすと、大火傷を負って亡くなってしまいました。)

Raging with anger, Izanagi murdered Kagutsuchi by cutting off his head. His blood ran down the sword and created new gods.
(イザナギは怒りに任せて、火之迦具土神の頭を切り落としてしまいました。彼の血は剣を流れ落ち、そこから新しい神々が生まれました。)

Izanami was laid to rest on Mt. Hiba, but Izanagi refused to accept the death of his beloved. So he decided to go to Yomi, the Land of the Dead, and bring Izanami back with him.
(イザナミは比婆山に埋葬されましたが、イザナギは愛する妻の死を受け入れようとしませんでした。そこで彼は黄泉の国に行き、イザナミを連れ戻すと決めました。)

黄泉の国

黄泉の国とは、日本神話における「死者の世界」のことで、Underworldthe Land of the Dead と訳されます。

After a long and perilous journey in the shadowy darkness, Izanagi came to the big palace of Yomi.
(暗闇の中で長く険しい道をたどったイザナギは、黄泉の国の神殿にやって来ました。)

He found Izanami behind the gate and called out to her, “My dearest wife, come back home with me. Our work in this world is not yet done.”
(彼は門の向こうにイザナミを見つけて大きな声で言いました。「愛する妻よ、私と一緒に帰りましょう。国づくりはまだ終わっていません。」)

To which Izanami responded sadly: “I want to return with you, but you’re too late. I have already eaten the food of this land, and I can no longer go back with you.”
(イザナミは悲しそうに答えました。「私もそうしたいのですが、あなたがいらっしゃるのが遅すぎました。私はこの国で食事をしてしまいましたので、戻ることができないのです。」)

“But let me go and ask the gods of Yomi if I can leave with you. Just promise me not to look inside.”
(「でも、あなたと一緒にここを離れられるように黄泉の国の神々に頼んできます。どうか中を覗かないと約束してください。」→ just:命令文の前で「とにかく〜して」のようなニュアンス)

Izanagi waited, but she did not return. He finally became worried and could wait no longer and went inside the gate, looking for her, using a tooth of his comb as a torch.
(イザナギは待ちましたが、彼女は戻ってきませんでした。彼はとうとう心配で待てなくなって門の中に入り、櫛の歯を折って松明にして、イザナミを探しました。)

When he at last found Izanami, he was shocked by her appearance. His wife’s body was rotting with baby flies crawling on it, and eight hideous gods of thunder, Ikazuchi, were also sitting on top of it. Although they were called gods, they were actually ugly monsters.
(ついにイザナミを見つけたとき、彼はその姿に驚愕しました。彼女の身体は腐ってウジ虫が這い回っており、雷という魔神が8体、その上に座っていました。神とは名ばかりの、醜い魔物たちでした。)

Izanagi knew now that he could not bring his wife back. She was no longer the Izanami he’d loved. “You broke your promise! I told you not to look at me!” she exclaimed. Overwhelmed by fear, he started to run away.
(イザナギは妻を連れ戻すことは出来ないと悟りました。もう彼の愛したイザナミではなかったのです。「約束を破ったのね! 見ないでと言ったのに」とイザナミは叫びました。イザナギは恐ろしくなって逃げ出しました。)

Ashamed and anger to be seen in this condition, she sent scary female monsters, Yomotsu-shikome, to chase Izanagi.
(イザナミは恥ずかしさと怒りで、黄泉醜女という恐ろしい女の魔物たちにイザナギのあとを追わせました。)

He continued to run along the long, dark road toward the gate, but the hags caught up to him quickly. Izanagi removed a black vine from around his head and threw it to the ground behind him.
(彼は長く暗い道を門に向かって走り続けましたが、醜女たちはすぐにイザナギに追いつきました。イザナギは頭に巻いていたの黒いつる草をほどき、後ろに向かって投げました。)

Within seconds it started to grow roots in the ground and grew into delicious looking grapes. No creature could resist the temptation of it and the hags stopped their chase to eat the fruit.
(そのつる草はみるみるうちに根を生やし、美味しそうなブドウの木になりました。醜女たちはその誘惑に耐えられず、イザナギを追うのをやめてブドウを食べました。)

But soon they had satiated their hunger and started to chase him again. This time, he took a comb out of his hair and cast it down onto the ground. Soon the comb turned into bamboo shoots that the hags devoured.
(しかしすぐに、お腹を満たした醜女たちが再び彼を追いかけて来ました。そこでイザナギは髪の毛から櫛を取って地面に投げました。すると櫛がタケノコに変わり、醜女たちが食らいつきました。)

“Now I’m safe.” Izanagi felt relieved, but then he heard a noise like thunder. Izanami commanded 1,500 soldiers and evil monster gods, Yomotsu-ikusa, to catch Izanagi.
(「もう大丈夫だ。」イザナギはホッとしましたが、雷のような大きな音が聞こえました。イザナミが1,500の黄泉軍の兵に、イザナギを捕まえるように命じたのです。)

Izanagi withdrew his sword and swung it madly behind him, holding the monsters back as he continued his escape, a slope that leads to the entrance to the underworld, Yomotsu-hirasaka, looming before him once again.
(彼は剣を引き抜いて狂ったように振り回し、魔物たちを食い止めました。そして冥界への入り口へ通じる黄泉比良坂が再び彼の前に見えてきました。)

Then he noticed a peach tree. Izanagi plucked three peaches and threw them at his pursuers. It worked! The all monsters screamed and fled back to the depths of Yomi.
(その時彼の目に桃の木がうつりました。イザナギが桃の実を3つもぎ取って追っ手に投げつけると、魔物たちは叫びながら黄泉の国の奥深くへ逃げ帰っていきました。)

In Japanese mythology, peaches were believed to have the powers to ward off misfortune and evil spirits.
(日本神話においては、桃は邪悪なものを追い払う力が備わっていると信じられていましたのです。)

Enraged Izanami kept chasing, so at last he grasped a huge rock and used it to close the entrance to the Land of Yomi.
怒り狂ったイザナミが追いかけてきたため、彼は大きな岩をつかんで黄泉の国の入り口を塞ぎました。)

“Izanagi,” she exclaimed from behind the rock. “For the shame you have caused me, I will kill 1,000 of your people every day, of this world you love so deeply.”
(彼女は岩の向こうから彼に言いました。 「イザナギ、あなたが私に引き起こした恥の報いに、私はあなたの愛するこの世界の民を1日に1,000人殺します。」)

“My dear, Izanami.” Izanagi said. “If you do that, I will build 1,500 houses in which babies can be born.”
(「愛しい妻、イザナミよ。」イザナギは言いました。 「それならば、私は1日に1,500人の子供を産ませるため、1,500の産屋を建てよう。」)

As a result, 1,000 people die and 1,500 people are born each day. Izanagi became known as the God of Creation. Izanami, meanwhile, persisted in Yomi, becoming its ruler, the Goddess of Death, Yomotsuookami.
(こうして、毎日1,000人が亡くなり1,500人が生まれ、イザナギは創造の神として知られるようになりました。一方、イザナミは黄泉の国にとどまり、その支配者である死の女神、黄泉津大神となりました。)

After this terrible ordeal, Izanagi knew that he needed to cleanse himself of the impurities of Yomi. Then he removed his clothes and bathed himself in the ocean.
(この悪夢のような出来事のあとで、イザナギは冥界の穢れから自分を清める必要があると思いました。そこで彼は服を脱いで、海に浸かりました。)

As he washed himself, three new deities came into being. The sun goddess “Amaterasu” was born from his left eye, the moon god “Tsukuyomi” was born from his right eye, and the storm god “Susanoo” was born from his nose.
(彼が身体を洗ったとき、左目からは太陽の女神「天照大神」、右目からは月の神「月読命」、鼻からは荒ぶる神「須佐之男命」の三柱の神々が生まれました。)

Proud of these three illustrious children, Izanagi gave control of the world to them: Amaterasu was allotted Takama no Hara, Tsukuyomi the night, and Susanoo the seas.
(この輝かしい三貴子を誇りに、イザナギは彼らに世界の支配権を与え、天照大神に高天原を、月読命には夜の世界を、須佐之男命には海原をそれぞれ割り当てました。)


当サイトがお役に立ちましたら、ご支援いただけると励みになります。

Buy Me A Coffee

Scroll to top