【英語】mail の使い方 -「郵便物」は数えられる?

Posted in 英語力強化, 英語学習

英語 で「郵便物」を表す mail は可算名詞でしょうか、それとも不可算名詞でしょうか。

日本語の感覚ですと「郵便物」は可算名詞とも思えるのですが、実は英語では集合名詞とされ不可算名詞になります。

今回は、この mail の使い方についてじっくり解説していきますので、ご参考になれば幸いです。

ご興味のある方は、当サイトで 英語クイズ を出題しておりますので是非ご覧ください。

目次

mail の使い方

mail は主にアメリカ英語でよく使われる語で、「郵便」や「郵便制度」を意味します。イギリス英語では post が使われます。

ここで問題です。次の英文はどちらが正しいでしょうか。

1. Have you got mail?
2. Have you got a mail?

mail は 不可算名詞 ですので、正解は 2 になります。

He was sorting through the mail.
(彼は郵便物を整理していた。)

The mail arrives afternoon.
(郵便は午後に来る。)

Is there any mail for me?
(私宛の郵便はありますか。)

Today, I received some mail addressed to my husband.
(今日、夫宛の郵便をいくつか受け取った。)

The letter of invitation came through the mail.
(招待状が郵便で届いた。)

Would you like to send it by mail or by courier?
(郵便と宅配便のどちらになさいますか。)

The secretary opened the mail which had been delivered that morning.
(秘書は、その朝届けられた郵便を開封した。)

POINT

・by courier:宅配便で (この句では無冠詞なので注意)
・deliver:❶配達する、届ける ❷(かたく)(演説・講演・講義などを) 行う、する

mail の数え方

mail は、一度に配達される郵便物を指す集合名詞として扱われ、ひとつの郵便を数える際は、piece を使います。
郵便物が多い場合は many とせず、a lot of mail や、much mail がよく使われます。

Some pieces of mail require a signature at the time of delivery.
(一部の郵便は、配達の際に署名が必要です。)

I got a lot of mail this morning.
(今朝は郵便物をたくさん受け取った。)

It’s been a long time since I was this much mail jammed in there.
(珍しく郵便物がたまっているな。)

関連記事:「多い・多数の」の英語 – 言えそうで言えない数の表現

POINT

・since:【接続詞】(通例現在完了形と共に) 〜以来、(理由・原因) 〜なので、〜だから /【前置詞】〜以来、〜以降

動詞の mail

mail は自動詞で「郵便を送る」「メールを送る」、他動詞で「手紙などを郵送する」「郵便物を投函する」という意味になります。

For more information, please mail us at xyz@abc.com.
(詳細をご希望の方は、xyz@abc.comまでメールでお問い合わせください。)

There is an extra charge for mailing packages by express.
(小包を速達で送ると、追加料金がかかります。)

e-mail は数えられる?

e-mail は、「伝達手段」としては不可算で、「個々のメール」としては可算名詞になります。

Please confirm the cancellation by e-mail.
(キャンセルはメールでご確認ください。)

My cell phone doesn’t accept e-mails from unknown senders.
(私の携帯は、知らない人からのメールは受信しない。)

Beware of e-mails asking for your password under the pretext of confirmation.
(確認と称してパスワードを聞いてくるメールに注意しなさい。)

POINT

・accept:受け入れる、受諾する、引き受ける
・pretext:偽りの口実、言い訳

post

post は主にイギリス英語で、「郵便」や「郵便制度」を表します。
動詞では、手紙や小包などを「投函する」「郵送する」という意味になります。

The check is in the post.
(小切手は郵送中です。)

I missed the last post.
(最終の郵便回収に間に合わなかった。)

Don’t forget to post this letter.
(手紙を出すのを忘れないで。)

He sent the book by post.
(彼は本を郵送した。)

Once a thing is posted, it is in the care of the Post Office.
(いったんポストに投函されたものは、郵便局の所管となる。)


当サイトがお役に立ちましたら、ご支援いただけると励みになります。

Buy Me A Coffee

Scroll to top