mistake・error・fault の違い -「間違い」の表現いろいろ

Posted in 英語力強化, 英語学習

英語で「間違い」「ミス」を表す mistakeerror、そして fault にはどのような違いがあるのか、今回はその使い分けを例文とともにご紹介していきます。

ご興味のある方は、当サイトで 英語クイズ(5000問) を出題しておりますので是非ご覧ください。

目次

mistake と error の違い

mistakeerror はいずれも「間違い・誤り」という意味で、ほとんどの場合入れ替えが可能ではあるものの、mistake は人為的ミス、error は技術的・機械的ミスに使われる傾向があります

mistake

・「間違い」を表す最も日常的な語
不注意や判断上の誤り、知識不足による間違いを表す
人為的ミスによく使われる

error

・mistake よりもややかたい語
文字や計算上のうっかりミス誤解
・やむを得ず基準や規定、行動などから逸脱した誤り
技術的、機械的ミスによく使われる
・しばしば「重大な結果」につながる間違いを表す
・ミスをした本人以外が使うことが多い

fault

過失責任を伴う間違い、落ち度であることを暗示
・回路、機械システムなどの故障や不具合

それぞれの例文を見ていきましょう。

mistake

mistake は、誤って行われた行為や不正確な発言・記述などのほか、知識不足によって生じた好ましくない結果を指します。

mistake

・「間違い」を表す最も日常的な語
不注意や判断上の誤り、知識不足による間違いを表す
人為的ミスによく使われる

She tried to hide her mistake from us.
(彼女は自分のミスを我々に気づかれまいとした。)

The way you use the pronoun is mistaken.
(君のその代名詞の使い方は間違っている。)

He made a mistake in planning for his future.
(彼は進路の選択を誤った。)

Don’t worry if you make a few mistakes at first.
(最初は少しミスしても気にしなくていいよ。)

That mistake was caused by ignorance of the situation.
(あの間違いは、状況を知らないことによって引き起こされた。)

Check the statement carefully, so there will be no mistakes.
(間違いのないように入念に計算書をチェックしなさい。)

関連記事:【英語】秘密・内緒に関する表現

POINT

・at first:初めのうちは、最初は
・cause:【名詞】❶原因、要因 ❷理由、根拠 /【他動詞】(良くない出来事などの) 原因となる、引き起こす
・ignorance:無知、無学、〜を知らないこと
・statement:❶声明、陳述、申し立て ❷明細書、計算書

error

error は、意図せずに標準・規範などから外れてしまったことを指し、mistake よりもややかたい語です。

error

・mistake よりもややかたい語
文字や計算上のうっかりミス誤解
・やむを得ず基準や規定、行動などから逸脱した誤り
技術的、機械的ミスによく使われる
・しばしば「重大な結果」につながる間違いを表す
・ミスをした本人以外が使うことが多い

There are errors in this phone bill. I should have it corrected.
(電話の請求書に間違いがある。訂正してもらわないと。)

This is an error common among students.
(これは学生にありがちな誤りです。)

The program could not be compiled because of a syntax error.
(構文エラーのため、プログラムがコンパイル出来なかった。)

Since this is your error, I’d like to return the items with freight collect.
(これは貴社の手違いですので、着払いで商品を返却したく存じます。)

Human error has been blamed for the train-derailment accident.
(その脱線事故は人為的なミスだと非難されている。)

If you received this email in error, please accept our apologies.
(誤ってこのメールを受け取られた場合はご容赦ください。)

POINT

・because of:〜が原因で、〜の理由で
・syntax:(コンピュータのプログラミング言語における) 構文
・freight collect:運送費着払い
・derailment:脱線
・blame A (for B):A を (B のことで) 非難する、咎める

fault

fault は、誤りや落ち度に対する責任のほか、機械やシステムなどの欠陥・不良を意味します。

fault

過失責任を伴う間違い、落ち度であることを暗示
・回路、機械システムなどの故障や不具合

It’s all my fault.
(全部私が悪いんです。)

Stop finding fault with others.
(人のあら探しをするのはやめなさい。)

 The professor found several faults in his theory.
(教授は彼の理論にいくつかの誤りを見つけた。)

It was my fault for not explaining the important points.
(注意点を説明していなかった私の責任です。)

There is a structural fault in the machine.
(その機械には構造上の欠陥がある。)

関連記事:【英語】some と several の違い

POINT

・explain A (to B):A について (B に) 説明する
・structural:構造(上)の、構成(上)の


当サイトがお役に立ちましたら、ご支援いただけると励みになります。

Buy Me A Coffee

Scroll to top