英語で説明する【大晦日・年越し蕎麦・除夜の鐘】

一年の締めくくり、12月31日は「大晦日」と呼ばれ、新年を迎えるにあたり日本人にとって最も特別な日のひとつです。

年末の大掃除をし、家の前には注連飾りを掛けたり、門松を立てて歳神様を招き入れる準備をし、美味しい年越しそばを食べて、除夜の鐘を聞きます。

歳神様や除夜の鐘などを英語で言うとどうなるでしょうか?

今回は、日本独特の大晦日の過ごし方などに関する英語表現をご紹介してきます。

目次

大晦日 / Ōmisoka

大晦日の「晦」は「つごもり」と言って、月の満ち欠けが変化する様子を表わす言葉である「月隠り(つきごもり)/ 月が隠れる日」が訛ったもので、「月の末日」を意味しています。

旧暦においてこの「晦」がおおよそ30日であったことから、30日を晦日(みそか)と呼ぶようになり、1年の締めくくりである12月に「大」がついて「大晦日」と呼ぶようになったそうです。

大晦日は、英語では New Year’s Eve または the last day of the yearと言います。
私たちにもお馴染みの「Christmas Eve / クリスマスイヴ」などと同じく、Eve は祭日の前日や前夜のことを指します。

December 31st, or New Year’s Eve, is called Ōmisoka in Japanese.
(12月31日のことを、日本語で「大晦日」と言います。)

Ōmisoka means “the last day of the year” in Japanese.
(「大晦日」とは、日本語で「1年の最後の日」という意味です。)

On New Year’s Eve, the Japanese people eat “toshikoshi-soba noodles”, and listen to joya-no-kane of a temple nearby.
(大晦日に、日本人は年越し蕎麦を食べ、近くの寺院の除夜の鐘を聞きます。)

年賀状 / Nengajo

欧米では、年賀状と似たような習慣に「クリスマスカード」がありますが、新年の挨拶だけを送るという風習はなく、必ずクリスマスの挨拶と新年の挨拶が一緒になっています。

New Year’s greeting cards(年賀状)

During oshogatsu, people send New Year’s greeting cards called “nengajo” to their friends and coworkers.
(お正月には、「年賀状」と呼ばれる新年の挨拶カードを友人や同僚に送ります。)

“Nengajo”, sending New Year’s cards is the Western custom like sending Christmas cards.
(「年賀状」は、西洋のクリスマスカードを送る習慣と似ています。)

Similar to the Western custom of sending Christmas/holiday cards, in Japan, there is a tradition of sending new year’s cards, called “nengajo.”
(日本では、西洋のクリスマスカードの習慣に似た「年賀状」と呼ばれる新年の挨拶状を送る伝統的な習慣があります。)

With the growth of cell phones, the number of people who send nengajo is decreasing yearly.
(携帯電話の普及に伴い、年賀状を書く人の数は年々減ってきています。)

年末の大掃除 / Ōsouji

大掃除は、deep cleaning, spring cleaning または year-end cleaning などと訳されますが、一般的にアメリカでは大掃除は春先に行われるため、spring cleaning という表現になります。

Ōsouji means “Big Cleaning,” and it is similar to “spring cleaning.”
(「大掃除」は、”spring cleaning”と似た意味です。)

In Japan, the end of December is the time of year to clean the whole house.
(日本では、12月の終わりには家中を掃除します。)

In Japan, we do our “spring cleaning” at the end of the year.
(日本では、「春の大掃除」を年末に行います。)

In Japan, ōsouji (spring cleaning) is done in late December.
(日本では、春先の大掃除が12月の終わりに行われます。)

Ōsouji is customary for Japanese to perform a deep clean before the New Year and is much like the tradition of “spring cleaning” in the West.
(「Ōsouji」は、新年の前に行われる徹底的なお掃除のことで、西洋の “spring cleaning” の習慣に非常によく似ています。)

Once ōsouji (deep cleaning) is completed, families will decorate their home for the New Year’s celebrations.
(大掃除が済むと、家族で新年をお祝いするための飾り付けをします。)

ちなみにスコットランドなどでは、日本と同じく12月末に大掃除が行われているそうです。

歳神様 / Toshigami-sama

(出典:Wikipedia)

「年神・歳神」とは、お正月に家々に祀られる神様で、日本神話に登場する「大年神・大歳神(おおとしのかみ)」がこれにあたるとされています。
大年神とは、「古事記」において須佐之男命(スサノオノミコト)と神大市比売(カムオオイチヒメ)の間に生まれた稲作を司る神様であり、新しい年の稔りを約束してくださる「穀物神」です。

“Toshi” refers to the harvest of rice, and “Toshigami” is a grain god.
(「年」は稲の稔りのことで、「年神・歳神」は穀物の神様です。)

“Toshigami” is a Shinto deity that is said to visit house after house at the New Year’s day to bring happiness and good luck to people.
(「歳神」とは神道の神様で、お正月に家々を訪れて人々に幸せと幸運を運んでくるといわれています。)

In Japan, it is said that the Toshigami deity comes to each family and promises a good harvest and happiness throughout the new year.
(日本では、歳神様が家々を訪れて、新年を通して豊穣と幸せを約束してくれるといわれています。)

To prepare for oshogatsu, a general deep cleaning is done, and “shimekazari” and “kadomatsu” are set to welcome “Toshigami.”
お正月の準備にあたっては、大掃除をし、注連飾りや門松を飾って歳神様を迎える用意をします。

People prepare for the welcoming of “Toshigami” at the end of the year.
年末になると、歳神様をお迎えするための様々な準備が行われます。)

After ōsouji (deep cleaning), the house gate is decorated with Kadomatsu, ornaments made of pine and bamboo believed to be the spot where Toshigami (Shinto deity) first lands to bring happiness to the home.
(大掃除が終わると、家の門口を「門松」という、松と竹でつくったもので飾ります。それは家に幸福を運ぶ歳神様が最初に降り立つ場所と信じられています。)

「良いお年を!」のご挨拶

12月も少しずつ終わりに近づいてきますと、お互いにもう年内に会うのは最後であろう相手には、別れ際に「良いお年を!」と挨拶します。

英語に訳すと Have a happy/great New Year! となりますが、これは「Have a nice day! /良い一日を」という表現と文法は同じです。

英語圏の New Year とは、クリスマスから年末年始にかけての「ホリデー期間」を指し、多くの場合は New Year を含めてお祝いしますので、Enjoy the holidays! Best wishes for the holidays! がよく使われます。

People say “yoi otoshi wo”, or “enjoy the holidays”, to people whom they meet for the last time in the year.
(人々は、その年の最後に会う人に「良いお年を」と言って挨拶します。)

年越し蕎麦 / Toshikoshi-soba

日本では、大晦日になると年越し蕎麦を食べる習慣が根強くあり、お蕎麦屋さんが大忙しになります。

江戸中期から日本に定着したとされている年越し蕎麦の起源には諸説ありまして、

  • 細くて長いものを食べることで、「長寿や延命を祈願する」説
  • お蕎麦は他の麺に比べて切れやすいため、「古い年の労苦や厄を断ち切って新しい年を迎える」説
  • 穀物としての蕎麦は、小麦などに比べて、寒くて土地がやせていても栽培できることから「健康を願う」説
  • その昔、金銀細工師が金粉を集めるためにそば団子を使用したことによる「お金を集める縁起物」説

などがあります。

Toshikoshi means “year-crossing.”
(Toshikoshi とは、「年越し」を意味します。)

Toshikoshi-soba is a traditional Japanese buckwheat noodle dish eaten on New Year’s Eve.
(年越し蕎麦とは、大晦日に食べる日本の伝統的なお蕎麦です。)

On New Year’s Eve, we eat buckwheat noodles called “toshikoshi-soba.”
(大晦日に、「年越し蕎麦」と呼ばれるお蕎麦を食べます。)

It is said that the custom of eating soba on New Year’s Eve started in Japan’s Edo era.
(大晦日にお蕎麦を食べる習慣は、江戸時代に始まったとされています。)

In Japan, there is a custom of eating toshikoshi-soba noodles on the last day of the year.
(日本では、大晦日に年越し蕎麦を食べる習慣があります。)

According to one theory, we can cut our hardship of the old year and welcome the new year because soba noodles are easily cut while eating.
一説によると、お蕎麦は簡単に切れるので、古い年の苦難を断ち切り新しい年を迎えることができるとされています。)

Soba is thin and long in shape, so it symbolizes a wish for long life.
(お蕎麦は細くて長いので、長寿への願いを象徴しています。)

It is said that thin and long soba noodles signify long life, so people eat them in hopes of longevity.
(細くて長いお蕎麦は長寿を意味し、人々は長生きへの願いを込めてお蕎麦を食べるといわれています。)

除夜の鐘 / Joya-no-kane

「除夜」とは、一年の最後の夜 つまり「大晦日の夜」のことです。

そして大晦日の深夜0時から元旦にかけて、仏教寺院で打ち鳴らす鐘を「除夜の鐘」と言います。
打つ回数は108回で、その回数は人間の「煩悩の数」とされています。

「除夜の鐘」の簡単な言い方としては、

  • the bells on New Year’s Eve
  • temple bells of New Year’s Eve
  • bell ringing on New Year’s Eve
  • New Year’s Eve bells

などがありますが、もう少し説明するのであれば「人間に108つあるとされる煩悩を取り除く」目的であることを添えると良いでしょう。

「煩悩」とは、「肉体や心の欲望」「 人間の心身の苦しみのもととなる、邪悪で欲深い精神」などを意味しますが、

  • evil desires
  • evil passions that disturb your mind
  • worldly desires
  • earthly desires
  • human desires and passions

などの言い方があります。

Joya-no-kane is originally a Buddhist ritual.
(除夜の鐘は、もともとは仏教の儀式です。)

Japanese custom of ringing temple bells 108 times to get rid of the 108 earthly desires on New Year’s Eve
(大晦日に寺院の鐘を108回鳴らして人間の煩悩を取り除く、という日本の風習)

The temple bells are rung one hundred and eight times around midnight on New Year’s Eve.
(大晦日の深夜に寺院の鐘が108回打ち鳴らされます。)

Joya-no-kane is a Buddhist tradition where the temple bell is rung 108 times on New Year’s Eve in order to get rid of the 108 evil desires.
(「除夜の鐘」とは、仏教の行事で、108つある人間の煩悩を取り除くために、大晦日に寺院の鐘が108回打ち鳴らされます。)

Buddhism teaches human beings have 108 evil passions, so temples ring the bell 108 times to remove them.
(仏教では、人間は108の煩悩を持っているとし、それらを取り除くために108回の鐘を鳴らします。)

The number 108 is said to correspond with that of “bonno”, or earthly desires of human beings, and Buddhist priests ring bells 108 times to drive bonno away.
(108という数は人間の世俗的な欲「煩悩」の数とされており、僧侶は煩悩を追い払うために鐘を108回鳴らすといわれています。)

Many Japanese people welcome the new year with the bell-ringing.
(多くの日本人は鐘の音とともに新年を迎えます。)

最後に

いかがでしたでしょうか。
日本の独特の伝統文化を海外の人に伝えることは、その由来や起源などを説明するにあたり、自分でも分からなかったことを知る機会にもなります。
今回は大晦日の英語表現について書きましたが、お正月に関する英語表現についての記事も書いていますので、ご興味のある方は是非ご覧になってください。

Scroll to top