英語で説明する【おせち料理とお雑煮】

日本のお正月を象徴する「おせち料理」。

「おせち」は、もともとは「年神・歳神」様に捧げる供物としての料理「御節供(おせちく、おせつく)」や「節会(せちえ)」の略として呼ばれたものだそうです。

また、昔はお正月の期間はお店がお休みなのが普通で、お母さんがお正月の間にお食事の支度をしなくて済むように、比較的保存が効くつくり方で構成されたものがもとになっているといわれています。

そしておせち料理の素材はそれぞれに意味があり、長寿や子孫繁栄などの縁起を担いだものがほとんどです。

海外の方におせち料理を説明するときは、ひとつひとつの素材が何を表しているか、何に由来するかなどを添えると、よりおせち料理の奥深さが伝わるでしょう。

目次

おせち料理の簡単な説明

おせち料理は、簡単に言うと「日本のお正月料理」ですが、

  • Japanese New Year’s special dish
  • special dishes prepared for the New Year
  • traditional Japanese meal for New Year’s Day
  • traditional Japanese dish served on New Year’s Day
  • Japanese New Year compartment box of assorted mini dishes
    (仕切りを入れた箱に様々な素材を盛り合わせた日本のお正月料理)

などの言い方があります。

traditional Japanese New Year’s food packed in tiered lacquer boxes
漆塗りの箱に入った、日本の伝統的なお正月料理)

“Osechi” are traditional Japanese cuisine which are eaten on New Year’s Day.
(「おせち」とは、お正月に食べられる日本の伝統的なお料理です。)

It typically comes in tiered lacquer boxes “jubako” that contain dozens of kinds of traditional foods.
(たいていは、漆塗りの重箱の中に様々な伝統料理が詰められています。)

Each of the ingredients in osechi-ryori has meanings, such as happiness, good health, rich harvest, descendants prosperity, longevity, and so on.
(それぞれのおせち料理の材料には、幸福、健康、豊穣、子孫繁栄、長寿などの意味が込められています。)

Osechi-ryori are made to last so that housewives don’t have to cook during the New Year’s holidays.
(おせち料理は、お母さんがお正月の間にお料理をしなくていいように、日持ちするようにつくられています。)

Nowadays, many people buy ready-made osechi dishes at stores instead of preparing them at home.
(最近では、多くの人が自宅でおせち料理をつくる代わりに、お店で出来合いのものを購入します。)

お正月料理に関する用語

・餅つき:pounding steamed rice to make rice cake
・お屠蘇(toso):New Year’s spiced sake
・重箱(jubako):tiered lacquered boxes または a tier of lacquered boxes
・長寿:longevity または long life
・子孫繁栄:descendants prosperity
・象徴する:symbolize
・巻いて包む:wrap
・(お酢やお塩などに)漬ける:pickle

素材の由来と意味

Each dish is symbolic, such as Kazunoko (herring eggs), which symbolizes a wish to be gifted with numerous children, or shrimps, which symbolize a wish for longevity.
(それぞれのお料理には意味があり、たくさんの子供を授かりたいという願いを象徴する数の子や、長生きへの願いを象徴する海老などがあります。)

数の子 / Kazunoko

数の子は、ニシンの卵巣を塩漬けにしたもので、卵が多いことから「子孫繁栄」の象徴とされています。

“Kazunoko” is herring roe.(「数の子」はニシンの卵です。)

“Kazu” means number and “Ko” means children.
(Kazu は数、Ko は子供を意味しています。)

Kazunoko is a lot of roe, so it symbolizes “descendants prosperity.”
(数の子は卵が多いので、「子孫繁栄」を象徴しています。)

Kazunoko symbolizes the wish to be blessed with children because herrings lay lots of eggs. 
(ニシンは卵をたくさん産むので、数の子は子宝に恵まれたいという願いを象徴しています。)

黒豆

“Kuromame” is sweet simmered black soybeans.
(Kuromame は甘く煮た黒豆です。)

Eating Kuromame means that you can stay strong and healthy.
(黒豆を食べることは、強く健康でいられることを意味しています。)

伊達巻き / Datemaki

“Datemaki” is sweet rolled omelet mixed with fish paste.(伊達巻きはお魚のすり身を使った甘いオムレツです。)

Datemaki looks similar to makimono (scrolls) and represent a wish for improving academic skills.
(伊達巻きは巻物に似ており、学業成就への願いを表しています。)

Since scrolls were historically used to record knowledge, the hope is that by eating Datemaki, you can get a lot of knowledge about something.
(巻物は歴史的に知識の記録に使われていたので、伊達巻を食べることによって、多くのことを学ぶことができるという願いが込められています。)

The shape of Datemaki looks like rolled up scrolls and it is regarded as a lucky food for making progress in learning and enriching their knowledge.
(伊達巻きは巻物に似たかたちをしており、知識を深めて学業成就を叶える食べ物とされています。)

海老 / Ebi

Ebi (shrimp) symbolizes a wish for longevity.
(海老は長寿への願いを象徴しています。)

Shrimp symbolizes a long life because their back is bent like an old person and they have a long mustache.
(海老は背中が老人のように曲がっていて長いヒゲが生えているため、長寿を象徴しています。)

田作り / Tazukuri

“Tazukuri” is candied sardines.(田作りは、イワシの砂糖煮です。)

dried sardine cooked down with sweet cooking sake, sugar, and soy sauce
(乾燥イワシを、みりん、お砂糖、お醤油で煮詰めたもの)

“Tazukuri” has a meaning of “rich harvest.”
(田作りは、豊穣を意味しています。)

Tazukuri literally means “to make rice paddy” as sardines were used historically to fertilize rice fields.
(田作りは文字通り「水田作り」を意味し、その昔イワシが水田の高級肥料として使われていたことに由来します。)

POINT

「水田」は paddy field や rice paddy といいます。

れんこん / Renkon

Renkon (lotus root) is regarded as a lucky vegetable because it has lots of holes, which symbolizes the ease of looking through to the future.
(れんこんは、たくさん穴が空いているため、未来を見通しやすい幸運の野菜とされています。)

紅白かまぼこ / Kouhaku-kamaboko

“Kamaboko” is a boiled fish cake.(かまぼこはお魚のすり身です。)

“Kou” means red and “Haku” means white.
(Kou は 赤、Haku は白を意味しています。)

The shape of half-circle “Kamaboko” is said to resemble the first sunrise of the New Year from the horizon.
(半円のかまぼこのかたちは、水平線からの初日の出に似ているといわれています。)

In Japan, the combination of red and white is the color for celebration and symbolizes happiness.
(日本では、赤と白の組み合わせはお祝いの色であり、幸福の象徴です。)

昆布巻き

“Kobumaki” is herring or other fish wrapped with kombu (kelp).
(昆布巻きは、ニシンなどのお魚を昆布で巻いたものです。)

Kelp symbolize joy because a Japanese word for kelp is kombu, which sounds like “yorokobu”, meaning “be joyful.”
(昆布は、日本語の「こんぶ」が「よろこぶ」の音と似ているため、幸運を意味するとされています。)

お煮しめ / Onishime

“Onishime” is root vegetables simmered in soy sauce.
(お煮しめは根菜をお醤油で煮たものです。)

Root vegetables root in the soil, so it has a meaning of “long lasting happiness.”
(根菜は土の中に根を張るので、末長い幸せという意味があります。)

生酢 / Namasu

Namasu is made of daikon radish and carrot cut into thin strips and pickled in sweetened vinegar with yuzu (small citrus fruit) flavor.
(生酢は、大根と人参を千切りにし、甘いお酢に漬けて柚子の風味を添えています。)

It is prepared in such a way that it resembles a mizuhiki which is used as a decoration for many special occasions in Japan.
(これは、日本で特別な行事に使われる「水引」に似せてつくられています。)

Mizuhiki is an ancient Japanese decorative art form made of red and white cords.
(水引とは、日本に古くからある赤と白の飾りひものことです。)

In Japan, it is said that the combination of red and white is a representation of the very auspicious.
(日本では、赤と白の組み合わせはとても縁起が良いとされています。)

栗きんとん

“Kurikinton” is sweet-simmered chestnut with sweet potatoes.
(栗きんとんは、栗とさつまいもの甘煮です。)

It has a gold color, so it has a meaning of “bringing good luck and prosperity.”
(金色をしているので、幸運と成功をもたらすとされています。)

Kurikinton symbolizes economic fortune and wealth.
(栗きんとんは、金運と財産を象徴しています。)

鯛 / Tai

Japanese people eat sea bream at festive occasions.
(日本人は、おめでたいときに鯛を食べます。)

“Sea bream” is “tai” in Japanese, and we associate it with another Japanese word, “medetai,” which means “auspicious.”
(Sea bream は日本語で「鯛」と言い、我々はこれを縁起が良いことを意味する「めでたい」と結びつけています。)

お餅 / Mochi

お正月といえばやはりお餅。普段あまり食べないけれど、お正月にはついついたくさん食べてしまう、という方も多いのではないでしょうか。

お餅は英語で、rice cake と訳されます。

Mochi is made by pounding steamed glutinous rice.
(お餅は、蒸した餅米をつき叩くことによってつくります。)

Mochi is a traditional food for the Japanese New Year, and is grilled or put into soup with vegetables and eaten.
(お餅は日本のお正月の伝統的な食べ物であり、焼いたり、お野菜と一緒にスープに入れたりして食べます。)

お雑煮 / Ozoni

お正月の食べ物といえば「お雑煮」。
おせち料理は大人な味付けのものが多いためか、あまり子供には人気がありませんが(笑)、お雑煮が嫌いな人はなかなかいないのではないでしょうか。

お雑煮は、「お正月に食べる、お餅やお野菜が入った日本の伝統的なスープ」のように表現すると分かりやすいかと思います。

簡単な言い方としては、以下のような表現があります。

  • a special soup containing rice cakes and vegetables for New Year’s
  • Japanese New Year mochi soup
  • Japanese New Year soup made with vegetables and rice cakes
  • traditional Japanese soup dish for New Year’s
  • traditional Japanese soup dish eaten for New Year’s day

お餅は、mochi または rice cake といいます。

Ozoni is a soup with mochi (rice cake) and vegetables and is an essential dish for celebrating the New Year.
(お雑煮とは、お餅とお野菜でつくったスープで、新年のお祝いに欠かせないお料理です。)

Ozoni is a Japanese New Year’s soup with rice cakes, the seasoning and other ingredients vary regionally.
(お雑煮とは、お餅が入った日本のお正月のスープで、地域によって味付けやその他の材料が異なります。)

The ingredients and flavor vary from region to region in Japan.
(材料と味付けは日本の地域によって様々です。)

The ingredients and flavor differ depending on the region and families.
(材料や味付けは地域や家庭によって異なります。)

最後に

いかがでしたでしょうか。
おせち料理にはひとつひとつ深い意味があるところがとても興味深いですね。
別記事で 英語で説明する日本のお正月編 もありますので、ご興味のあるかたは是非ご覧になってください。

Scroll to top