【英語】will と going to の違い -「〜するつもりだ」の言い方

Posted in 英語力強化, 英語学習

こちらの記事では、英語で「〜するつもりだ」を意味する willgoing to の違いと使い分けを例文とともにご紹介していきます。

ご興味のある方は、当サイトで 英語クイズ(5000問) を出題しておりますので是非ご覧ください。

目次

will と going to の違い

willgoing to はいずれも「〜するつもりだ」を表しますが、

発話者本人の意志を表す場合、will は「今決めた意志」を、going to は「前から決めていた意志」を暗示することを覚えておきましょう。

< will >

・発話者の意志と関係のない「単純未来」と、瞬間的な意志の発生による「意志未来」とがある
・「じゃあ私が〜しますよ」や「〜しようっと」のような、今決めた意志は will で表せる
・「絶対に〜するぞ」のような 強い意志 には will を使う

< going to >

・発話者が 前から決めていること・計画していることをしようと思っていることを表す
・確実性の高い未来のことに対して使う
・動作動詞が続くことが多い
・短縮形の I’m gonna . . . はくだけた表現なので、ビジネスやフォーマルな場面では使わないように注意

それぞれの例文を見ていきましょう。

will

will は、発話者の意志と関係なく起こる、または起こりうる未来について述べる「単純未来」と、今決めたことを述べる「意志未来」とがあります。

また、will は名詞で「意志・決意・決心」などを表すことから、強い意志を示すときにもよく使われます。

< will >

・発話者の意志と関係のない「単純未来」と、瞬間的な意志の発生による「意志未来」とがある
・「じゃあ私が〜しますよ」や「〜しようっと」などの、今決めた意志は will で表せる
・「絶対に〜するぞ」のような 強い意志 には will を使う

単純未来の場合は、通例 時を表す副詞句を伴います。

will graduate next year.
(私は来年卒業します。→ 単純未来

It will rain in the afternoon.
(午後に雨が降るだろう。→ 単純未来

We will make sure that this kind of accident never happens again in the future.
(今後このようなことが起こらないよう、十分に留意してまいります。)

My preference is chicken, but I will take the fish if that is all that is left.
(チキンのほうがいいですが、残っているのがお魚だけでしたら、それにします。)

I think I‘ll wear this today.
(今日はこれを着ようかな。)

I will stand by you, whatever happens.
(何があっても君の力になるよ。)

I‘ll finish this report by tomorrow afternoon.
(明日の午後までにはこの報告書を終わらせるぞ。)

POINT

・preference:❶好み、嗜好 ❷優遇、ひいき
・stand by A:A を支持する、援助する、味方をする

going to

going to で「〜するつもりだ」と言う場合は、、発話者本人が以前から決めていたことを暗示します。

< going to >

・発話者が 前から決めていること・計画していることをしようと思っていることを表す
・確実性の高い未来のことに対して使う
・動作動詞が続くことが多い
・短縮形の I’m gonna . . . はくだけた表現なので、ビジネスやフォーマルな場面では使わないように注意

I‘m not going to tell him.
(彼に言うつもりはないよ。)

I‘m going to climb Mt. Fuji.
(富士山に登るつもりだ。)

I‘m going to get divorced.
(離婚するつもりなんだ。)

What are you going to be in the future?
(将来は何になるつもりなの?)

I‘m going to go to the movies this weekend.
(週末は映画を観に行くつもりだ。)

Are you free tomorrow? − Actually, I’m going to clean my room tomorrow.
(明日予定ある? − 実は、明日はお部屋の掃除をするつもりなの。)

Scroll to top