【指示冠詞 と 不定数冠詞】ドイツ語トレーニング

冠詞と格変化」に続き、今回は指示冠詞と不定数冠詞について、例文とともにご紹介していきます。

ご興味のある方は、当サイトで ドイツ語クイズ を出題しておりますので是非ご覧ください。

目次

定冠詞類とは

定冠詞に準ずる格変化をするものを文法用語で「定冠詞類」といい、この定冠詞類には「指示冠詞」「不定数冠詞」「疑問冠詞」の3つがあります。

これらの冠詞類は、以下のような語尾を付けて格変化をします。

男性名詞女性名詞中性名詞複数名詞
1格-er-e-es-e
2格-es-er-es-er
3格-em-er-emen
4格-en-e-es-e

指示冠詞

指示冠詞には、dies-jen-solch- があります。

dies-

英語の this などに相当する冠詞で、「この」を表します。
口語では、中性単数形は dies のように短縮されることがあります。

男性名詞女性名詞中性名詞複数名詞
1格dieserdiesediesesdiese
2格diesesdieserdiesesdieser
3格diesemdieserdiesemdiesen
4格diesendiesediesesdiese

指示冠詞 dies- は、主に以下の4つの用法があります。

1)空間的に近くにあるものを指す

Dieser Platz ist frei.
(この席は空いている。→ 男性1格

Diese Arznei wirkt bei mir Wunder.
(この薬は私には驚くほどよく効く。→ 女性1格

Der Hintergrund ist auf diesem Foto nicht scharf.
(この写真の背景はピントが合っていない。→ 中性3格

Diese Pläne dürfen unter keinen Umständen nach außen sickern.
(どんなことがあろうと、この計画が外部に漏れてはならない。→ 複数1格

◆ 所有冠詞と並列に用いられることもあります。

Diese Ihre Erklärung hat uns nicht gefallen.
(私たちはこのあなたの説明が腑に落ちない。→ 女性1格

◆ 名詞が省略される場合もあります。

Welches Auto gehört dir? – Dieses hier.
(どれが君の車?→ 中性1格

POINT

・die Arznei:薬、治療法
・wirken:効力を発する、機能する (英語の work)
・Wunder wirken:驚くほどよく効く
・scharf:鋭い、尖った、(写真などが)シャープな
・unter keinen Umständen:いかなる場合でも決して〜ない
・außen:〜の外に、〜を超えて
・sickern:漏れる、しみ出る

2)時間的に近い時点を指す

Diesen Sommer fahren wir ans Mittelmeer wie sonst.
(この夏、私たちは例年通り地中海に行きます。→ 男性4格

関連記事:【Meer と See の違い】ドイツ語トレーニング

POINT

・wie sonst:いつものように

3)文脈で既に触れられたものを指す

Sie hat mir vertraut und mir all diese Dinge erzählt.
(彼女は私を信用して全てを話してくれました。→ 複数4格

POINT

・jdm. vertrauen:信頼する、信じて(秘密などを)打ち明ける
・erzählen:話す、語る

4)jener との対立を指す

一方に対して、「後者の」「こちらの」を表します。jener についてはのちほどご説明します。

Ich mag jenes Kleid mehr als dieses.
(このお洋服よりもあのお洋服が好きです。→ 中性1格

Jene Bücher sind schwieriger als diese.
(この本よりもあの本のほうが難しい。→ 複数1格

関連記事:【mögen と wollen の違い】ドイツ語トレーニング

関連記事:【従属接続詞と語順】ドイツ語トレーニング

POINT

als は前置詞ではなく「従属接続詞」ですので、実は副文の主格が続いていることに注意しましょう。

jen-

英語の that などに相当する冠詞で、「あちらの」「あの」を意味します。

男性名詞女性名詞中性名詞複数名詞
1格jenerjenejenesjene
2格jenesjenerjenesjener
3格jenemjenerjenemjenen
4格jenenjenejenesjene

指示冠詞 jen- も、dies- と同様に主に以下の4つの用法があります。

1)空間的に遠くにあるものを指す

Warum schrieb ich jenen Brief?
(何であんな手紙を書いたんだろう。→ 男性4格

Wem gehört jenes Fahrrad dort?
(あそこのあの自転車は誰のものですか?→ 中性1格

POINT

・jdm. gehört:人が所有している

2)時間的に遠い時点を指す

In jener Nacht schlief ich überhaupt nicht, und am nächsten Tag ging es mir noch schlechter.
(その夜は一睡もしなかったので、次の日もっと具合が悪くなった。→ 女性3格

関連記事:【日にちと曜日の言い方】ドイツ語トレーニング

POINT

・jdm. geht es schlecht:調子が悪い

3)文脈で既に触れられたもの、またはよく知られているものを指す

Jenes Geschäft habe ich vor zwei Jahren entdeckt.
(例のお店は2年前に見つけた。→ 中性4格

POINT

・entdecken:発見する、見つけ出す

4)dieser との対立を指す

一方に対して、「前者の」「あちらの」を表します。

Ich möchte nicht diese, sondern jene Bluse.
(私はこちらではなく、あのブラウスが欲しい。→ 女性4格

POINT

・nicht A sondern B:A ではなく B

solch-

英語の such などに相当する冠詞で、「そのような」を意味します。

男性名詞女性名詞中性名詞複数名詞
1格solchersolchesolchessolche
2格solchessolchersolchessolcher
3格solchemsolchersolchemsolchen
4格solchensolchesolchessolche

指示冠詞 solch- は、 主に以下の用法があります。

1)類似性を表す

Müsst ihr am Wochenende immer einen solchen Zirkus veranstalten?
(君たち週末にいつもこんなどんちゃん騒ぎをしているの?→ 男性4格

Eine solche Vermutung liegt nahe.
(すぐにそんな推測がつく。→ 女性1格

In solchem guten Hotel habe ich noch nie gewohnt.
(そんな立派なホテルにはまだ一度も泊まったことがない。→ 中性3格

Mit solchen Schwierigkeiten hatte niemand gerechnet.
(そのような困難は誰も計算に入れていなかった。→ 複数3格

POINT

・der Zirkus:サーカス、どんちゃん騒ぎ、手に負えない状態
・veranstalten:開催する、上演する

2)抽象名詞とともに、程度の高さを表す

Ich habe solchen Durst.
(とても喉が渇いている。→ 男性4格

Ich habe solche Kopfschmerzen.
(ひどく頭が痛い。→ 複数4格

Mein Kind hat solches Fieber.
(うちの子はひどい熱が出ている。→ 中性4格

3)格語尾をつけない用法

不定詞や強変化の形容詞とともに用いられると、強調の意味が強くなります。

In solch einem Fall kennt er keine Nachsicht.
(このような場合、彼は情け容赦がない。)

Früher hatte sie solch trübes Wetter geliebt.
(昔彼女はそのような曇った天気が大好きでした。)

◆ 口語では solch einso ein になることがあります。

So einen Luxus kann ich mir nicht leisten.
(このような贅沢は私には無理だ。)

4)独立的用法(名詞の省略)

格語尾は省略された名詞に基づきます。

Es gibt solche und solche.
(色々な人がいるものだ。→ 複数4格

Solches hatte er auch schon gehört.
(そのようなことは彼もすでに聞いていた。→ 中性4格

不定数冠詞

指示冠詞には、all-jed-manch- があります。

all-

英語の allevery などに相当する冠詞で、「すべての」を意味します。

男性名詞女性名詞中性名詞複数名詞
1格alleralleallesalle
2格allesallerallesaller
3格allemallerallemallen
4格allenallediesesalle

不定数冠詞 all- は、 主に以下の用法があります。

1)該当するものがすべてであることを表す

他の冠詞と並列で用いられることもあります。

Er hat allen Mut verloren.
(彼はすっかりやる気を失くした。→ 男性4格

Das übersteigt alle Erwartungen.
(それはどんな期待をも上回った。→ 複数4格

Alle diese Regeln gelten für jeden ohne eine Ausnahme.
(これらの規則は全て、ひとつの例外を除いて全員に適用されます。→ 複数4格

POINT

・der Mut:勇気、度胸、精神力
・verlieren:(人や貴重なものを)失う、失くす、紛失する、(試合や競争などで)負ける
・die Regel:規則、ルール
・gelten für:〜に適用する、当てはめる
・die Ausnahme:例外、特例

2)物質名詞や抽象名詞の単数形に付けると、jeder と同義になる

Aller Anfang ist schwer.
(物事の初めは難しいものだ。→ 男性1格

Das Hotel bietet allen Komfort.
(このホテルはあらゆる快適さを兼ね備えている。→ 男性4格

Alle Mühe war vergeblich.
(すべての骨折りは無駄だった。→ 女性1格

Ich wünsche dir alles Gute.
(君の幸せを祈ってるよ。→ 中性4格

Alles Blut wich aus seinem Gesicht.
(彼は顔が真っ青になった。→ 中性1格

POINT

・bieten:提供する、与える
・vergeblich:無益な、徒労の
・übrig:残りの、余りの
・von/aus jdm./etw. weichen:(人・物から)立ち去る、離れる、(不安・緊張・霧などが)過ぎ去る

3)独立的用法(名詞の省略)

格語尾は省略された名詞に基づきます。

Alles ist in Ordnung.
(すべて順調です。→ 中性1格

Alles hat seine zwei Seiten.
(すべてのことに2つの側面がある。→ 中性1格

Das alles geht Sie nichts an?
(それは一切あなたに関係ないとおっしゃるのですか?→ 中性1格

Alles übrige erledigen wir.
(残りはすべて私たちが処理をする。→ 中性1格

Alle sind dagegen.
(皆、それに反対だ。→ 複数1格

POINT

・bieten:提供する、与える
・etw. angehen:関係がある、係わりがある
・übrig:(物・時間・人などが)残っている
・erledigen:終わらせる、やり終える

4)数詞と用いて、反復を表す

Er besucht uns alle vier Wochen.
(彼は4週間おきに私たちのところを訪れる。→ 複数4格

Die Olympischen Spiele werden alle vier Jahre abgehalten.
(オリンピックは4年ごとに開催される。→ 複数4格

5)弱変化

aller は定冠詞類の格変化に従いますが、稀に男性および中性の2格で -es-en になることがあります。特に、慣用句に多く見られます。

Geiz ist die Wurzel allen Übels.
(強欲は災いの元。→ 男性2格の弱変化)

POINT

・der Geiz:(金銭・利益に対する)強欲、貪欲
・die Wurzel:(問題などの)根源、根本的原因
・das Übel:悪、害悪、災害

jed-

英語の each などに相当する冠詞で、「それぞれの」「あらゆる」を意味します。

男性名詞女性名詞中性名詞
1格jederjedejedes
2格jedesjederjedes
3格jedemjederjedem
4格jedenjedejedes

Jeder Junge und jedes Mädchen bekommt einen Schokoladenriegel.
(どの男の子も女の子もチョコバーをもらう。→ 男性1格中性1格

Jede Hilfe kam zu spät.
(どんな助けも遅すぎた。→ 女性1格

Er kümmert sich um jede Kleinigkeit.
(彼はどんな些細なことでも気にする。→ 女性4格

In dieser Stadt ist jeder zehnte ein Ausländer.
(この街では、10人に1人が外国人である。→ 男性1格

Jedes der Kinder hat sein eigenes Zimmer.
(子供たちはそれぞれ自分の部屋を持っている。→ 中性1格

関連記事:【序数 と 分数】ドイツ語トレーニング

POINT

・sich um etw. kümmern:面倒を見る、お世話をする、気にかける、関心をもつ

manch-

英語の many などに相当する冠詞で、「かなりの」「幾人もの」「いくつもの」を意味します。

einigemanchviele の順に大きくなりますが、einige と同義で用いられる場合もあります。

男性名詞女性名詞中性名詞複数名詞
1格manchermanchemanchesmanche
2格manchesmanchermanchesmancher
3格manchemmanchermanchemmanchen
4格manchenmanchemanchesmanche

不定数冠詞 manch- は、 主に以下の用法があります。

1)単数形の場合、「色々な」「いくつもの」を表す

Schon mancher Bergsteiger musste an dieser gefährlichen Stelle umkehren.
(すでに何人もの登山家がこの危険な地点で引き返さざるを得なかった。→ 男性1格

In mancher Beziehung hast du Recht.
(色々な点で、君の言うことは正しい。→ 女性3格

Da war noch manches, was ungeklärt blieb.
(不明な点がまだかなりあった。→ 中性1格

関連記事:【wer と was/不定関係代名詞】ドイツ語の関係代名詞②

POINT

・gefährlich:危険な、危険の伴う
・umkehren:引き返す、逆戻りする、方向転換する
・die Beziehung:関係、関連
・ungeklärt:不確実な、はっきりしない
・bleiben:(同じ場所に)留まる、居る、残る、滞在する

2)複数形の場合、「一部の」「〜な人もいる」を表す

名詞が省略される場合もあります。格語尾は省略された名詞に基づきます。

Manche Leute glauben es.
(それを信じている人もいる。→ 複数1格

Manche Menschen können Schiffsreisen nicht ausstehen.
(船旅に耐えられない人もいます。→ 複数1格

関連記事:【denken・glauben・meinen の違い】ドイツ語トレーニング

POINT

・etw3 standhalten:人や物が(熱・衝撃・負荷などに)耐える、持ち堪える

3)弱変化

格語尾を付けずに用いられる場合がありますが、mancher よりも数の多さが強調されます。

Manch Apfel in der Kiste ist schon faul.
(木箱の中のリンゴはすでにいくつも腐っている。)

Manch eine Nacht lag er nachdenkend im Bett.
(彼はいく晩もベッドに横になって考えを巡らせた。)

関連記事:【nachdenken】ドイツ語の分離動詞を攻略する

疑問冠詞 welch

英語の which などに相当する冠詞で、「どの」を意味します。

男性名詞女性名詞中性名詞複数名詞
1格welchewelchewelcheswelche
2格welcheswelcherwelcheswelcher
3格welchemwelcherwelchemwelchen
4格welchenwelchewelcheswelche

名詞が省略される場合もあります。格語尾は省略された名詞に基づきます。

Aus welcher Gegend kommt diese Keramik?
(この焼物はどの地方のものですか?→ 女性2格

Welches der Bücher gehört dir?
(どれが君の本?→ 中性1格

Welche Filme laufen zurzeit im Kino?
(今どんな映画が上映されていますか?→ 複数1格

 Welche Komponisten mögen Sie? – Ich höre gerne Händel.
(どの作曲家が好きですか? – ヘンデルが好きです。→ 複数4格

POINT

・die Gegend:一帯、地域、地区
・die Keramik:焼物、陶磁器

◆ 関連する名詞の文法上の性に関係なく、welches のかたちで用いることがあります。

Welches sind die schönsten Rosen?
(どんな種類が一番美しいバラなのでしょう。)

Welches auch immer deine Gründe waren, du hättest es nicht tun dürfen.
(いかなる理由があろうと、君はそれをしてはいけなかった。)

関連記事:【接続法2式を徹底攻略】ドイツ語トレーニング

◆ 稀に男性および中性の2格で -es-en になることがあります。特に、慣用句に多く見られます。

Die Arbeit welchen Schülers ist die beste?
(どの生徒の答案が一番優れていますか?)

Scroll to top