【時を表す接続詞】ドイツ語トレーニング

従属接続詞と語順 では、ドイツ語の従属接続詞を一部ご紹介しましたが、今回は「〜したとき」や「〜する前に」、「〜する間」など、過去、現在、未来の出来事を描写するときに用いられる接続詞を、例文とともにご紹介していきます。

特に定動詞と助動詞の位置関係に注意しながら、出来るだけ声に出して読み進めてみてください。

ご興味のある方は、当サイトで ドイツ語クイズ を出題しておりますので是非ご覧ください。

目次

wenn(従属接続詞)

wenn は、「〜するとき(はいつも)」「〜したとき」という、1回または繰り返される出来事について描写するときに用いられます。

Wenn es wieder Erdbeeren gibt, werde ich eine Erdbeertorte backen.
(また苺の時期になったら、ストロベリーケーキをつくります。)

Wenn es zwölf ist, klingelt es.
(12時になるとベルが鳴ります。)

Wenn ich eine Pause mache, trinke ich immer eine Tasse Tee.
(休憩するときはいつも紅茶を飲みます。)

関連記事:【ドイツ語】お菓子作りに関する動詞をマスターする

POINT

・klingeln:(電話やベルなどが)鳴る
・eine Pause machen:休憩する、ひと休みする

als(従属接続詞)

wennals の違いは、als過去の一時点に言及する場合にのみ用いられるということです。

Ich war gerade im Bad, als das Telefon klingelte.
(電話が鳴ったとき、私はちょうどお風呂に入っていました。)

関連記事:【電話のかけ方と受け方】ドイツ語トレーニング

bevor(従属接続詞)

bevor は、英語の before と同じく「〜する前に」「〜しない限り」を意味します。

Er zögerte ein wenig, bevor er ja sagte.
(彼はイエスを言う前に少しためらった。)

Bevor Nick angekommen ist, hat Maria angefangen, den Tisch zu decken.
(ニックが到着する前に、マリアは食卓の用意を始めた。)

Sie bekommen das Geld nicht, bevor Sie unterschrieben haben.
(あなたがサインをしなければ、お金は受け取れません。)

Bevor du dich für ein Smartphone entscheiden, solltest du die Preise vergleichen.
(スマホを決める前に、値段を比較したほうがいいよ。)

関連記事:【ankommen】ドイツ語の分離動詞を攻略する

POINT

・zögern:ためらう、躊躇する
・den Tisch decken:食卓の準備をする
・unterschreiben:署名する
・entscheiden:決める、決定する
・vergleichen:比べる、比較する

während(従属接続詞)

während は、「〜する間に」という意味の副文をつくります。

Ich wusch die Wäsche, während das Baby schlief.
(赤ちゃんが寝ている間に洗濯をしました。)

Mein Anhänger ist verschwunden, während ich mein Zimmer verlassen hatte.
(私が部屋にいない間に、ペンダントが消えました。)

◆ 2格を伴って、「〜の間」を表現できます。

Ich bin während des Unterrichts eingeschlafen.
(授業中に寝てしまった。)

Während der Ferien bin ich beschäftigt.
(休みの間も忙しい。)

関連記事:【所有冠詞と格変化】ドイツ語トレーニング

POINT

・verschwinden:見えなくなる、消える
・jdn./etw. verlassen:(〜から)立ち去る、いなくなる

bis(従属接続詞)

bis は、「〜するまで」という意味で、英語の untilby などと同じです。

Wir können nicht nach Hause gehen, bis die Arbeit fertig ist.
(お仕事が終わるまで、帰宅することはできない。)

関連記事:【gehen】ドイツ語の基本動詞をマスターする

POINT

・nach Hause gehen:帰宅する
・fertig sein:完了する

nachdem(従属接続詞)

nachdem は、「〜したあとに」という意味で、bevor と反対の働きをします。

Nachdem er angeklopft hatte, ist er eingetreten.
(ノックをした後、彼は中に入った。)

Nachdem sie gefrühstückt hatte, begann sie mit der Arbeit.
(彼は朝食をとったあと、仕事を始めた。)

関連記事:【mit】ドイツ語の前置詞を徹底攻略

POINT

・anklopfen:(ドアなどを)ノックする
・eintreten:(部屋などに)入る

seit(従属接続詞)

seit は、「〜以来」「〜してからずっと」を意味し、継続的な動作を表す動詞とともに使います。接続詞として使用する場合、このあとご紹介する seitdem と交換が可能です。

Seit ich verheiratet bin, wohne ich in Heidelberg.
(結婚してからずっとハイデルベルクに住んでいます。)

POINT

・「〜前」という、過去の地点を表す前置詞の vor は、Mein Vater ist vor drei Jahren gestorben.(私の父は3年前に亡くなりました。)のように使い、seit に置き換えることはできません。

◆ 3格を伴って、時間の開始地点を表す前置詞としてよく使われます。

Seit heute Morgen habe ich nichts mehr gegessen.
(今朝から何も食べていない。)

Er ist seit drei Tagen stark erkältet.
(彼は3日前からひどい風邪を引いている。)

関連記事:【seit と seitdem の違い】ドイツ語トレーニング

seitdem(従属接続詞)

seitdem は、「〜して以来」「〜からずっと」という意味で、継続的な動作を表す動詞とともに使います。

Seitdem wir umgezogen sind, haben wir genug Platz.
(引っ越ししてから、十分なスペースができた。)

Seitdem wir einen Trockner haben, verbrauchen wir viel mehr Strom.
(乾燥機を買って以来、より多くの電力を消費している。)

◆ 過去の地点を表す語を伴って、「それ以来」を意味する副詞として使われます。

Seitdem vergingen viele Jahre.
(それから何年も経ちました。)

関連記事:【前綴り um-】ドイツ語の動詞を攻略する

POINT

・umziehen:引っ越しをする
・verbrauchen:消費する、消耗する

sobald(従属接続詞)

sobald は、「〜するとすぐに」「〜するやいなや」という意味の接続詞です。

Wir geben Ihnen Bescheid, sobald wir Näheres wissen.
(詳細が分かり次第お知らせします。)

関連記事:【geben】ドイツ語の基本動詞をマスターする

POINT

・jdm. Bescheid geben/sagen:知らせる
・der Bescheid:知らせ、返答、メッセージ
・das Näheres:詳細、詳しい情報

Scroll to top