【指示代名詞】ドイツ語トレーニング

「指示代名詞」とは、特定の人物、事物、または概念を示す代名詞のことで、英語では thisthat などにあたります。

今回は、ドイツ語の不定代名詞の使い方を、例文とともにご紹介していきます。

ご興味のある方は、当サイトで ドイツ語クイズ を出題しておりますので是非ご覧ください。

目次

指示代名詞とは

指示代名詞とは、特定の人や物を指す代名詞で、「その人」「それ」などと指示する場合に用いられます。人称代名詞 は先行する名詞を置き換えるのに対して、指示代名詞は主に強調したり他のものから際立たせたりします。
特に der は文のテーマとなることが多いため、よく文頭に置かれます。

指示代名詞の格変化は 定関係代名詞 とほぼ同じですが、複数の2格 derer は 関係代名詞の先行詞として「人々」を意味する場合にのみ用いられます。

※ 定関係代名詞と異なるところのみ色分けしています。

1格2格3格4格
男性derdessendemden
女性diederenderdie
中性dasdessendemdas
複数diederen (derer)denendie

付加語的用法

定冠詞と区別するために、付加語的用法(名詞の前についてそれを修飾する)では常にアクセントをつけます。

Der Gedanke ist Unsinn.
(そんな考えは馬鹿げている。)

Sie sieht heute ihre Tochter und deren Sohn.
(彼女は今日、娘とその息子に会う。)

Sie begrüßte meine Mutter und deren Freundin.
(彼女は私の母と母の友人に挨拶した。)

Zeigen Sie mir einmal das Kleid da.
(あそこのあのドレスをちょっと見せてください。)

die Geschwister und deren Lebensgefährten
(兄弟姉妹とその伴侶たち)

Hier ist die Liste derer, die wir eingeladen haben.
(これが、私たちが招待した方々のリストです。)

関連記事:【einladen】ドイツ語の分離動詞を攻略する

POINT

・begrüßen:挨拶する、歓迎する
・der Lebensgefährte:生涯の伴侶

独立的用法

ドイツ語において、指示代名詞は「定冠詞の独立用法」とも解釈することができます。

Der Junge spielte mit einem Ball. Der war rot.
(その少年はボールで遊んでいました。それは赤色でした。)

Wo ist denn Paul? – Der ist in der Garage.
(ポールは一体どこにいるの。- ガレージにいるよ。)

Herrn Müller? Den kenne ich sehr gut.
(ミュラーさんですか? 彼ならよく知っていますよ。)

Kennst du die Frau da? – Ja, die kenne ich. Die ist ja meine Tante.
(あそこにいる女性を知ってる? – ええ、知ってるわ。彼女は私の叔母よ。)

Mein Auto fährt schneller als das meines Freundes.
(私の車は友人のよりも速い。)

Ist das Bild noch zu haben? – Nein, das ist verkauft.
(あの絵はまだ手に入りますか? – いいえ、あれは売却済みです。)

Denen werde ich die Meinung sagen.
(彼らに一言言おうと思う。)

関連記事:【zu 不定詞】ドイツ語トレーニング

人称代名詞の代わりに

特に指示性がなくても、人を指す人称代名詞の代わりに用いられることがあります。
dases と異なり、「これは」「あれは」と指し示したり強調したりすることが出来ます。

Was macht der an meinem Auto?
(あいつは僕の車のところで何をしているんだ?)

Willst du Schmidt sprechen? Der kommt gleich.
(シュミットさんと話したいの? それならすぐに来ますよ。)

Der mir immer wieder half, war Paul.
(私を何度も助けてくれたのは、ポールでした。)

Das sind meine Freunde Emily und Maria.
(こちらは友人のエミリーとマリアです。)

derjenige

derjenige は、関係代名詞の先行詞として「〜する人」「〜するもの」という意味で用いられます。
der- の部分は定冠詞の変化、-jenige の部分は定冠詞のあとの形容詞の変化と同じです。

War er derjenige, der am letzten Sonntag in der Kirche Orgel spielte?
(先週の日曜日に教会でオルガンを弾いたのは彼ですか?)

Sie lobt nur diejenigen, die ihr schmeicheln.
(彼女は自分にお世辞を言う人だけを褒める。)

Diejenigen Leute, die hier studieren, kommen aus Japan.
(ここで研究している方々は日本から来ている。)

Froh sind diejenigen, die Musik lieben.
(音楽を愛する人は幸福だ。)

POINT

・loben:称賛する、褒める
・jdm. schmeicheln:お世辞を言う、おだてる

derselbe

derselbe は、付加語として「同一の」や「等しい」などを意味する指示代名詞です。
der- の部分は定冠詞の変化、-selbe は定冠詞のあとの形容詞の変化と同じです。

Er ist immer noch derselbe.
(彼は相変わらずだ。→ 以前と変わっていない)

Das ist derselbe, den ich gestern gesehen habe.
(これは私が昨日見たのと同じ男性です。)

Sie trägt denselben Rock wie gestern.
(彼女は昨日と同じスカートを履いている。)

Er ist derselben Meinung wie sein Bruder.
(彼と彼の弟さんは同じ意見です。)

Sie hat dieselbe Handtasche wie ich.
(彼女は私と同じハンドバッグを持っている。)

Egal, wer darum bittet, die Antwort ist dieselbe.
(誰が頼んでも答えは同じですよ。)

Er fährt dasselbe Auto wie ich.
(彼は私と同じ型の車に乗っている。)

Jack ist in demselben Dorf geboren wie ich.
(ジャックは私と同じ村で生まれた。)

Wir wohnen im selben Hotel.
(私たちは同じホテルに泊まった。)

POINT

・egal:どっちでも良い、気にかけない、同じ
・im selben Hotel のように、定冠詞が前置詞と融合する場合は、selb- の部分は独立して用いられます。

Scroll to top