【deutlich と klar の違い】ドイツ語トレーニング

rechnen と zählen の違い に続き、今回は deutlichklar、名詞の DeutlichkeitKlarheit の違いと使い方を例文とともにご紹介していきます。

ご興味のある方は、当サイトで ドイツ語クイズ を出題しておりますので是非ご覧ください。

目次

deutlich と klar の違い

いずれも「はっきりとした」「明白な」などを意味する deutlichklar ですが、ドイツ語に限らずこのような類語を使い分けるには、まずは 語源原義 を知ることが近道です。

deutlich は、deuten「解釈する」「読み解く」という動詞からも分かるとおり、人が理解しやすくするためにそれを特に強調することを意味します。

そして klar の原義は、光や色、音などが「澄んだ」「鮮明な」状態を表し、明確に理解できることを意味します。klären は「明らかにする」「解明する」という意味の動詞です。

<deutlich>

・「はっきりとした発音」「くっきりとした輪郭」「鮮烈な匂い」「明らかな違い」など、人が知覚的に識別できる明瞭さを表す
・英語では distinct に相当する

<klar>

・物や事柄などの意味するところが明白で、しっかりと理解できる明確さを表す
・「意識がはっきりしている」「頭がすっきりしている」状態も表現することが出来る
・英語では clear に相当する

deutlich

物や事柄などが、誤認を起こさずにはっきりと識別できるような、間違えようのない状態を指します。

転じて「露骨な」「あからさまな」を意味することもあります。

Sprich deutlich, so dass ich dich verstehen kann.
(はっきりと話してください。よく聞こえません。)

Seine Schrift ist deutlich und leserlich.
(彼の字ははっきりしていて読みやすい。)

Bitte zeigen Sie mir Ihren Führerschein deutlich.
(免許証をはっきりと見せてください。)

Die Berge traten deutlich aus dem Nebel hervor.
(山々の姿が霧の中からはくっきりと浮かび上がった。)

Die Ergebnisse unterscheiden sich deutlich.
(結果は明らかに異なる。)

Die Zahl der Unfälle hat deutlich zugenommen.
(事故の発生件数は明らかに増加した。)

Sie wurde sehr deutlich.
(彼女は無遠慮になった。→ ずけずけと物を言うようになった)

Ich konnte es deutlich hören, aber was das bedeutet, kann ich nicht sagen.
(はっきりとは聞こえたけど、何を意味しているかは分からない。)

Ich habe versucht, ihm deutlich zu machen, dass das ein Fehler ist. 
(私は、それが間違いであることを彼にはっきりさせようとしました。)

deutlich werden で、「我慢できなくなってはっきり言う」「自分の考えや意志をはっきりさせる」という意味になります。

Wenn du das immer noch behauptest, muss ich deutlich werden.
(あなたがまだそう言い張るのなら、こっちだってはっきり言わせてもらいます。)

関連記事:【wissen・kennen・meinen の違い】ドイツ語トレーニング

POINT

・leserlich:①(本・文章などが)読みやすい、楽しく読める ②(印刷物・画面などが)鮮明な、読みやすい
・der Führerschein:運転免許証
・der Nebel:霧
・das Ergebnis:結果
・unterscheiden:区別する、識別する、判別する
・zunehmen:増える、増大する
・der Fehler:間違い、誤り
・immer noch:今日に至るまで、まだ
・behaupten:主張する、断言する

Deutlichkeit

Deutlichkeit は、「明瞭さ」「露骨さ」などを表す女性名詞です。

Er hat in aller Deutlichkeit abgelehnt.
(彼はきっぱりと断った。)

Erkläre dies Maria gegenüber, mit aller Deutlichkeit!
(これをマリアにはっきりと説明してください。)

関連記事:【mit】ドイツ語の前置詞を徹底攻略

POINT

・ablehnen:断る、拒否する
・erklären:説明する
・gegenüber は 3格(Dat.)と結びつきます。代名詞の場合は後ろに置かれます。

klar

klar は、光や色、音などがはっきりしていたり、誰が見ても意味するところが明白なことを意味しています。

Alles klar!
(了解!/分かりました!)

Das Wasser ist so klar, dass man bis auf den Grund sehen kann.
(水が澄んでいるので底まで見える。)

Das ist eine deutliche Schrift, aber nicht klar.
(筆跡ははっきりとしているが、意味は分からない。)

Der Satz enthielt eine klare Absage.
(その文章にはきっぱりと拒絶の言葉が入っていた。)

Vom Sprit wurden mir die Knie weich, aber mein Kopf war noch klar.
(お酒で足元がフラフラしたが、頭はまだはっきりしていた。)

Nach einigen Gläsern Wein sieht man nicht mehr ganz klar.
(ワインを何杯か飲むと、視界がぼんやりしてくる。)

Er sagt es immer klar und deutlich.
(彼はいつも歯に衣着せぬ物言いをする。)

関連記事:【absagen】ドイツ語の分離動詞を攻略する

関連記事:【bis】ドイツ語の前置詞を徹底攻略

POINT

・der Grund:①理由、根拠、動機 ②底、最下部 ③基礎、基盤
・bis auf:〜まで
・die Schrift:文字、筆跡
・enthalten:含む、入っている、〜から成っている
・die Absage:①(約束などの) 取り消し、断り ②拒否、拒絶
・ganz klar sehen:はっきり見える

Klarheit

Klarheit は、「澄んでいること」「分かりやすさ」などを表す女性名詞です。

Da will ich Klarheit schaffen.
(それについてはっきりさせたいです。)

Seine Logik hat eine frappierende Klarheit.
(彼のロジックは驚くほど明確です。)

Es besteht noch keine Klarheit darüber, wer das Feuer legte.
(誰が火を点けたかはまだはっきりしていません。)

POINT

・Klarheit schaffen:(意味・立場などを)はっきりさせる、解明する
・frappierend:(事・物・人が、人にとって)信じがたいほどびっくりさせるような、驚くべき (英語の amazing)
・bestehen:①存在する、ある ②試験に合格する ③(aus etw3/Dat.) 〜から成っている ④(auf etw3/Dat.) 〜に固執する
・Feuer legen:発火させる、放火する

Scroll to top