【ドイツ語】メールの書き方③/お誘い・招待

ドイツ語でメール②「お礼と感謝」 に続き、ドイツ語で「お誘いや招待」をするメールを書くときに使える基本的な表現をご紹介していきます。

ご興味のある方は、当サイトで ドイツ語クイズ を出題しておりますので是非ご覧ください。

目次

メールの基本構造

ドイツ語のメールは、件名、呼びかけ、序文、本題、締めの文章と結びの挨拶、そして自分の名前 を入れます。

① 件名ひと目で分かるように簡潔に
② 呼びかけlieb または geehrt :間柄によって異なる
③ 序文小文字で書き始める:1〜2行がベスト
④ 本題読みやすいように段落を分ける
⑤ 締めの文章「お身体にお気をつけて」「あなたの成功を願っています」など
⑥ 結びの挨拶Mit bestem GrußViele Grüße など
⑦ 署名自分の名前を入れる
POINT

ドイツ語のメールでは、呼びかけのあとにコンマ「,」つけ、序文は小文字で書き始めるのがルールです。

↓ ドイツ語メールの基本的な書き方についてはこちら

決まり文句

お誘いや招待のときに共通して使いやすい表現です。

「外交的接続法」と呼ばれる、接続法2式 を使った婉曲表現は、直説法のような断定的な表現を避けてより丁寧な表現になります。

Bitte kommen Sie doch vorbei!
(是非お越しください!)

Ich freue mich sehr darauf, Sie zu treffen.
(お会いできるのを楽しみにしています。)

Es wäre schön, wenn Sie mit dabei wären!
(お越しいただけたら嬉しいです。)

Es würde uns sehr freuen, wenn Sie kommen könnten.
(ご参加いただけたらとても嬉しいです。)

関連記事:【接続法2式を徹底攻略】ドイツ語トレーニング

一緒に〜するのはどう?

Ich habe vor, im Sommer zwei Wochen nach München zu kommen.
(夏に2週間、ミュンヘンに行こうと思っているの。)

Hast du mal Lust auf ein Bier?
(ビールでも飲まない?)

Ich würde gern(e) mal wieder bei euch in Berlin vorbeischauen.
(またベルリンであなたのところに寄りたいと思っているんだけど。)

Wenn du magst, können wir auch zusammen essen gehen.
(良かったら一緒に食事でも行こうよ。)

Wie wäre es, wenn wir mal wieder zusammen essen gehen würden?
(また一緒に夕食でもどうかな。)

Am Wochenende soll das Wetter so schön werden.
(週末は天気がいいみたいなの。)

Hast du Lust einen Ausflug mit dem Fahrrad zu machen?
(一緒に自転車旅に行かない?)

Wollen wir uns nicht mal wieder treffen? Wie wär’s mit Kino?
(今度また会わない? 映画でもどうかな。)

Du magst das Gebirge ja nicht so gern. Wollen wir am Wochenende ans Meer fahren?
(山はあんまり好きじゃなかったよね。週末に海に行かない?)

Ich habe zwei Konzertkarten. Möchtest du mitkommen?
(コンサートチケットが2枚あるんだ。良かったら一緒に行かない?)

Ich habe zwei Karten für das Konzert am Samstag. Kommst du mit?
(土曜日のコンサートチケットが2枚あるんだ。一緒に行かない?)

Wenn du Zeit und Lust hast, dann könnten wir uns in den nächsten Tagen einmal auf einen Kaffee treffen.
(もし良ければ、近いうちにお茶でもどうでしょうか。)

Ich befürchte, dass Sie wahrscheinlich viel zu tun haben, aber ich würde Sie gern(e) einmal treffen.
(お忙しいとは思いますが、一度お会いできればと思っています。)

Ich kenne ein gutes italienisches Restaurant. Haben Sie Lust mal dorthin zu gehen?
(いいイタリアンレストランを知っているのですが、良かったら今度行ってみませんか。)

Ich gehe an diesem Freitag mit meiner Freundin zu Abend essen. Möchten Sie vielleicht mitkommen?
(今週の金曜日、友人と食事に行きます。良かったらいらっしゃいませんか。)

Ich gehe zur Ausstellung „Altes Ägypten“ im „Neues Museum“. Haben Sie Lust, mit mir zusammen dorthin zu gehen?
(新美術館で開催中の「古代エジプト展」を見に行くのですが、良かったら一緒に行ってみませんか。)

関連記事:【haben】ドイツ語の基本動詞をマスターする

POINT

・vorbeischauen:(人を) 訪ねる、立ち寄る
・Lust haben:〜したい気分である、〜する気持ちがある (英語の feel like)
・der Ausflug:(短期間の) 旅行、出張
・das Gebirge:山地、山脈、山岳(地帯)
・jdn. treffen:人と会う (sich mit jdm. treffen で「人と(約束して) 会う」という意味になります)
・die Ausstellung:展示、展覧会

パーティ

日本では家庭的なパーティをホームパーティと呼びますが、これは和製英語でして、英語では house party が一般的です。
ドイツ語では HauspartyEinweihungsparty などといいます。

Darf ich dich zu einer kleinen Party einladen?
(君をささやかなパーティに招待したいんだけれど。)

Wir feiern am Samstag, dem 11. Mai, in kleinem Kreise den Semesterabschluss.
(5月11日の土曜日に、少人数で今学期の打ち上げを行いたいと思います。)

Wir werden am nächsten Samstag eine kleine Party machen.
(来週の土曜日に、ささやかなパーティを開くことにしました。)

In Dankbarkeit dafür, dass Sie immer für mich da waren, mache ich eine Party.
(日頃の感謝の気持ちを込めて、パーティを開くことにしました。)

Nächste Woche hat meine Tochter Rachel ihren 6. Geburtstag.
(来週、娘のレイチェルが6歳の誕生日を迎えます。)

Wir bereiten lustige Videospiele und viele Süßigkeiten vor. Möchtest du zusammen mit uns feiern?
(楽しいビデオゲームとたくさんのお菓子を用意するので、一緒にお祝いしてくれる?)

Ich bin in eine neue Wohnung umgezogen und möchte Sie daher mal einladen.
(新居に引越ししたので、あなたを一度ご招待したいです。)

Nächstes Wochenende machen wir eine Grillparty in unserem Garten.
(次の週末に、うちのお庭でバーベキューパーティーを開きます。)

Dürfen wir Sie bitte dazu einladen?
(おいでいただければと思いますが、いかがでしょうか。)

Wir erwarten unsere lieben Gäste um 18 Uhr.
(午後6時にお越しいただければ幸いです。)

Mein Mann und ich würden uns sehr freuen, wenn wir Sie am Freitag, den 2. September, bei uns zum Abendessen zu Gast haben dürfen.
(9月2日の金曜日に、夕食に来ていただけると主人もきっと喜ぶのですが。)

Wenn es Ihnen recht ist, werde ich Sie am betreffenden Tag um 19 Uhr am Bahnhof ●● abholen.
(もしご都合が宜しければ、その日の7時に●●駅にお迎えにまいります。)

関連記事:【日にちと曜日の言い方】ドイツ語トレーニング

POINT

・umziehen:引越しをする
・lustig:陽気な、愉快な、面白い、(副詞で) 無神経に
・erwarten:(期待して) 待つ、待ち望む
・betreffend:関連する、該当する

相手の都合を聞く

Wär das war? / Wie wär’s?
(どう思う?)

Hast du da überhaupt Zeit?
(そのとき時間ある?)

Passt dir das überhaupt zeitlich?
(時間は問題ないかな?)

Wie wäre es mit diesem Freitag / mit übermorgen?
(金曜日 / 明後日はどうかな。)

Wann würde es dir passen? – Vielleicht am Samstag?
(いつなら都合がいい? – 土曜日はどう?)

Ich möchte mich diesen Samstag um 20 Uhr mit Ihnen treffen.
(今週の土曜日、20時にお会いしたいと思っています。)

Würde das Ihnen passen?
(ご都合はいかがですか?)

Bitte geben Sie mir Bescheid, welcher Tag Ihnen passen würde.
(ご都合の良い日をお知らせください。)

関連記事:【指示冠詞 と 不定数冠詞】ドイツ語トレーニング

POINT

・zeitlich (形容詞/副詞):①時間の、時間的に ②この世の
・jdm./etw3(Dat.) passen:〜に合う(お洋服にも使えます)、適している、都合が良い
・jdm. Bescheid sagen/geben:知らせる

お誘いにお礼を言う

Ich bin dabei!
(参加します!)

Vielen Dank für die Einladung!
(ご招待いただき有難うございます。)

Gern(e) nehme ich Ihre Einladung an.
(喜んでご招待をお受けいたします。)

Es hat mich freudig überrascht, in deine Villa eingeladen zu sein.
(別荘に招待してくれて有難う。)

Ich nehme diese Gelegenheit, hinaus zu kommen, sehr gern(e) wahr.
(喜んで行かせてもらうね。)

Ich nehme Ihre Einladung selbstverständlich mit Freuden an.
(喜んで出席させていただきます。)

Über Ihre Einladung habe ich mich sehr gefreut. / Ich habe mich sehr über Ihre Einladung gefreut.
(あなたからのお誘い、とても嬉しかったです。)

Ich bin sehr auf die Party gespannt.
(パーティをとても楽しみにしています。)

Ich möchte mich herzlich für die Ausstellung zur Ihrer Party bedanken.
(展覧会にご招待くださり、心より御礼申し上げます。)

POINT

・annehmen:(招待、好意、申し込みなど) を受諾する、お誘いに応じる、採択する、承認する
・selbstverständlich:もちろん、言うまでもなく
・auf etw. gespannt sein:〜が気がかりである、緊張している、興奮している、楽しみである
・sich bedanken:お礼を言う、感謝する

自分の都合を伝える

自分の都合の良い日を伝えたり、代替日を提案したりするときの基本的な表現です。

Das ist kein Problem.
(それは問題ないです。→ 日時の提案に対して)

Am Samstag um 20 Uhr ist in Ordnung.
(土曜日の20時は大丈夫です。)

Ich bin Ihnen sehr dankbar für diese Einladung. Am Sonntag passt es mir gut.
(お誘いいただけて嬉しいです。日曜日は都合が良いです。)

Ich bin am nächsten Dienstag um 19 Uhr auch frei.
(来週火曜日の19時は、私も空いています。)

Macht es etwas aus, wenn ich erst so gegen 9 Uhr eintreffe?
(行くのが9時くらいになってもいいかな?)

Um 19 Uhr, wenn ich mit der Arbeit fertig bin.
(仕事が終わってからだと、7時になるよ。)

Ich habe vorher noch eine Verabredung. Können wir das Essen um eine Stunde verschieben?
(その前にもうひとつ約束があるんです。食事を1時間ずらせますか?)

Allerdings muss ich bis 19 Uhr arbeiten und werde daher nicht ganz pünktlich sein.
(ただ、その日は7時まで仕事があるので、時間通りに行けないかも知れません。)

Ich kann an diesem Freitag leider nicht kommen. Wie wäre es stattdessen mit Donnerstag?
(今週の金曜日は残念ながら行けません。代わりに木曜日はどうですか。)

Könnten wir es auf den nächsten Monat verschieben?
(来月に延期してもらえませんか。)

Ich kann den vereinbarten Termin leider nicht wahrnehmen.
(残念ながらお約束の日に行けそうにありません。)

Es wäre schön, wenn wir einen Ausweichtermin finden könnten.
(代わりの日を決めることが出来ましたら幸いです。)

Ich mache dir einfach ein paar Vorschläge in der Hoffnung, dass einer davon bei dir passt.
(何日かこっちの希望の日を伝えるね。君の都合が良い日があるといいんだけど。)

POINT

・jdm./etw3(Dat.) passen:〜に合う(お洋服にも使えます)、適している、都合が良い
・ausmachen:①申し合わせる、取り決める、段取りする ②(火・明かり・テレビなどを) 消す
・die Verabredung:約束、(病院などの) 予約
・stattdessen:その代わりに
・verschieben:延期する、後回しにする
・einen Termin wahrnehmen:約束を守る
・der Ausweichtermin:代わりの日、他の日
・allerdings:①(aber などと呼応して) もっとも〜だが、なるほど確かに〜だが ②(先行する発言を限定して) ただし
・der Vorschlag:提案、申し出、主張

招待を断る

Ich würde zwar gern(e) kommen, aber diesmal klappt es leider nicht.
(もちろん行きたいけれど、今回は行けそうにないよ。)

Ich kann nächsten Samstag leider nicht, weil ich zu der Jubiläumsfeier zum 20-jährigen Bestehen unserer Firma eingeladen bin.
(うちの会社の設立20周年記念式典に招待されているから、次の土曜日は残念ながら無理だよ。)

Leider kann ich einen wichtigen Termin für Montag nachmittag nicht mehr verlegen.
(あいにく月曜日は重要な約束があり、変更することができません。)

Unglücklicherweise bin ich jedoch durch anderweitige Verpflichtungen verhindert.
(あいにくほかの予定があり、出席することが出来ません。)

Ich habe an dem Tag leider bereits einen anderen Termin.
(その日はあいにく他の予定が入っているの。)

Leider kann ich diesen Termin nicht absagen.
(残念だけど、この約束は断れないんだ。)

Daher kann ich Ihrer freundlichen Einladung leider nicht folgen.
(そのため、せっかくご招待いただきましたが見合わせざるを得ません。)

Es tut mir leid, Ihnen deshalb meinen Besuch absagen zu müssen.
(申し訳ないですが、お伺いすることが出来ません。)

関連記事:【absagen】ドイツ語の分離動詞を攻略する

POINT

・klappen:①軽く叩く、(補語なしで) パタパタ・コツコツと音を立てる ②(口語で)うまくいく、成功する
・die Jubiläumsfeier:記念祭、記念式典
・anderweitig:別の、それ以外の
・die Verpflichtung:義務、責務
・verhindern:防ぐ、妨げる
・absagen:(催しなどを) 取りやめる、(招待などを) 取り消す、断る
・vereinbart:合意した、取り決めた、約束した
・verlegen:【動詞】① どこか分からないところへ置いてしまう、失くしてしまう ②(期日などを) 変更する /【形容詞】 困惑している、途方に暮れた
・deshalb:それだから、そのために (deswegen も同様に使えます)

結婚式

ドイツでの結婚式は、まず登記所(das Standesamt)で式を挙げ、一方が洗礼を受けたクリスチャンの場合にはさらに教会で式を挙げるのが一般的です。
もちろん、ホテルや古城などで式を挙げるカップルもいます。

この Standesamt は「出生届や婚姻届を管理している公的機関」で、事務的な手続きのほか、正式な「婚礼の儀」が執り行われる大小のホールが備えられています。
また、結婚式のあとはレストランなどで結婚パーティーを催されることが多いです。

Liebe Familie, liebe Freunde, nun ist es soweit: Wir werden heiraten!
(親愛なる皆様、私たちは結婚することになりました!)

Trauung findet am 2. Juni im Standesamt in ●● statt und Du bist ganz herzlich eingeladen, diesen besonderen Moment mit uns zu feiern.
(6月2日に●●の登記所にて結婚式を執り行いますので、あなたとともにこの特別な瞬間をお祝いしたく、愛を込めてご招待させていただきます。)

Zur kirchlichen Trauung und zur anschließenden Feier im Restaurant laden wir Euch ganz herzlich ein.
(教会での式のあと、レストランでのパーティに皆さんをご招待いたします。)

Nach der Trauung feiern wir ein Fest im Haus. Ihr dürft singen und Tanzen so lange es Euch gefällt!
(結婚式のあとは自宅でパーティを開催します。皆さん好きなだけ歌ったり踊ったりしてください!)

Um besser planen zu können, bitten wir um eure Zusage bis zum 10. Mai. 
(ご都合のほどを5月10日までにご返信くださいますようお願いいたします。)

Wir freuen uns wahnsinnig auf alle und können nicht warten diesen besonderen Tag mit Euch zu verbringen!
(皆さんとともに過ごすこの特別な日が楽しみでとても待ちきれません。)

関連記事:【einladen】ドイツ語の分離動詞を攻略する

関連記事:【前綴り ver-】ドイツ語の動詞を攻略する

POINT

・einladen:招待する、招く
・stattfinden は、行事などが行われる場合によく使われるほか、事故や事件などにも使われます。
・wahnsinnig:(口語) ①気の狂った ②途方もない、大変な (ここでは「楽しみすぎて気がおかしくなりそうだ」のようなニュアンスです)
・verbringen:過ごす、費やす (英語の spend)

結婚を伝える

Heute haben wir euch eine besondere Mitteilung zu machen.
(今日は皆さんにお知らせがあります。)

Wir werden heiraten!
(結婚します!)

Wir haben uns entschlossen zu heiraten.
(結婚することになりました。)

Am 11. Juni wird geheiratet!
(6月11日に結婚します!)

関連記事:【zu 不定詞】ドイツ語トレーニング

一斉メールであることへの謝罪

Für heute gibt es also nur diese Rundmail.
(今日は一斉送信のメールだけ送ります。)

Entschuldigt bitte diese etwas formlose Ankündigung.
(取り急ぎの簡単な内容で申し訳ない。)

Tut uns leid, dass ich es zurzeit nicht schaffe, mich persönlich bei euch zu melden.
(個別に連絡出来なくてごめんなさい。)

In der nächste Woche schreiben wir euch dann noch mal individuell.
(来週には改めて個別に連絡をします。)

Wenn der Termin für die Hochzeit feststeht, bekommt ihr noch eine offizielle Einladung!
(結婚式の日取りが決まりましたら、招待状をお送りします!)

関連記事:【bekommen】ドイツ語の基本動詞をマスターする

POINT

・die Ankündigung:予告、告知
・sich melden:電話に出る、連絡をとる
・feststehen:固定されている、(日時・順番などが) 確定している

ややかしこまった表現

Diesen besonderen Moment wollen wir gern(e) mit euch teilen und laden herzlich zu unserer Hochzeitsfeier ein.
(皆さんとこの特別な瞬間を共にしたく、結婚式にご招待したいと思います。)

Wir möchten Sie zu unserer Trauung einladen.
(私どもの結婚式にご招待いたします。)

In Dankbarkeit für alles, was Sie für uns getan haben, möchten wir Sie ganz herzlich dazu einladen.
(日頃の感謝の気持ちを込めて、あなたを是非ご招待したいと思います。)

Zur kirchlichen Trauung und zur anschließenden Party laden wir Sie ganz herzlich ein.
(教会での結婚式と、その後のパーティでの披露宴に、あなたをご招待いたします。)

Auch wenn Sie sicherlich sehr beschäftigt sind, würden wir Sie herzlich bitten, an der Party teilzunehmen.
(お忙しいところ大変恐縮ですが、パーティに是非ご出席いただけれ幸いです。)

関連記事:【従属接続詞と語順】ドイツ語トレーニング

POINT

・die Trauung:結婚、婚姻、結婚式
・anschließend:引き続いて、そのあとに
・zurzeit:現在、今のところ、目下のところ
・sich melden:電話に出る、連絡をとる

出産の報告

Voller Stolz teilen wir euch mit, dass wir wieder Nachwuchs bekommen haben.
(我が家に家族の一員が増えたことを誇りに思い、皆さんにお知らせします。)

Überglücklich geben wir die Geburt unseres Sohnes / unserer Tochter bekannt!
(私たちの息子 / 娘の誕生をお伝えできることを嬉しく思います!)

Unser Jonas hat am 5. September um 11 Uhr das Licht der Welt erblickt.
(ヨナスは9月5日の11時に産声をあげました。)

Malin ist 49 Zentimeter groß und wiegt 3800 g.
(マーリン は 49 センチ、体重 3800 グラムで生まれました。)

Unser kleines Wunder ist 3900 Gramm schwer und 50 cm groß.
(私たちの小さな奇跡は、3900 グラム、50センチです。)

Anbei findet ihr ein Foto vom unserem Baby.
(赤ちゃんの写真を添付します。)

関連記事:【von】ドイツ語の前置詞を徹底攻略

POINT

・der Stolz:プライド、誇り
・mitteilen:知らせる、報告する
・das Licht der Welt erblicken:①生まれる、産声をあげる ②出版される
・Im Anhang finden Sie . . . / Anbei finden Sie . . . :「〜を添付します。」
・anbei:同封して、添付して

Scroll to top