【Meer と See の違い】ドイツ語トレーニング

ドイツ語を学び始めたばかりの頃は、おそらく MeerSee で迷ってしまう方もいらっしゃることでしょう。
英語の sea に似ているから、「See が海かな?」とイメージされることもあるかも知れません。

今回は、MeerSee の違いと見分け方、そして使い方を例文とともにご説明していきます。

ご興味のある方は、当サイトで ドイツ語クイズ を出題しておりますので是非ご覧ください。

目次

Meer と See の違い

同じ「海」を表す das Meerdie See を、ドイツ人はどのように使い分けているのでしょうか?

die See が使われる代表的な海は、die Nordsee(北海)や die Ostsee (バルト海)などですが、英語の Ocean (海洋・外洋)はドイツ語では der Ozean と言います。

また、die See はいわば陸の対義語としての「海」であり、das Meer よりも大きいイメージです。
日本語でいうところの「大海原」や「大海」のような、やや詩的な響きを持っているようですので、映画や小説などで用いられることがあります。

固有名詞の例

代表的な海洋は、英語の OceanPacific などと同様の名前です。

  • Pazifischer / Stiller Ozean:太平洋
  • Südsee / Südpazifik:南太平洋
  • Nord Atlantischer Ozean:北大西洋
  • der Südatlantik:南大西洋
  • Indischer Ozean:インド洋

など。

ざっくりとしたイメージではありますが、海洋よりも小さく、周りが陸や島で囲まれている海には Meer が名付けられていることが多いです。

  • Kaspisches Meer:カスピ海
  • Schwarzes Meer:黒海
  • Arabisches Meer:アラビア海
  • Rotes Meer:紅海
  • Karibisches Meer:カリブ海
  • Südchinesisches Meer:南シナ海

など。

基本的に「海」は Meer を使う

例えば「海が見える」や「海に泳ぎに行く」など、一般的に「海」と言いたいときは das Meer が使われることが圧倒的に多いので、会話の中で See が出てきたら基本的には「」だと思って大丈夫です。

地域や出身などによっては、海を das Meer ではなく die See と言う人もいますが、固有名詞ではない「海」を言いたいときは、Meer を使うようにしましょう。

冠詞で見分ける

書かれている文章において、See が「海」と「湖」のどちらなのかは、冠詞で見分けます。ドイツ語の名詞に性別があるおかげで、内容がより分かりやすくなるのです。

das Meer

Ich fahre zum Mittelmeer.
(私は地中海へ行く。)

Ich möchte ein Zimmer mit Meer.
(海の見えるお部屋がいいです。→ ホテルで)

Trotzdem es regnete, ist er im Meer schwimmen gegangen.
(雨にもかかわらず彼は海へ泳ぎに行った。)

中世名詞なので、3格(Dat.)は zum(= zu dem)、im(= in dem)となります。

関連記事:【trotz と trotzdem の違い】ドイツ語トレーニング

der See

I schwimme im See.
(私は湖で泳いでいる。)

3格(Dat.)が im(= in dem)になっているので男性名詞、すなわち「」であることが分かります。

die See

Ich schwimme in der See.
(私は海で泳いでいる。)

3格(Dat.)が in der になっているので女性名詞、すなわち「」であることが分かります。

繰り返しますが、基本的には Meer は海、See は湖と判断して構いません。余力のある方は、See を冠詞で瞬時に見分けられるようにしておきましょう。

関連記事:【ドイツ語】船・ボートに関する動詞をマスターする

Scroll to top