【nützlich と praktisch の違い】ドイツ語トレーニング

「役に立つ」「有益な」を意味するドイツ語の「nützlich」と「praktisch」。
どちらを使ったらいいのか、入れ替えは可能なのかなど、今回はこの nützlichpraktisch の違いについて、例文とともにご紹介していきます。

ご興味のある方は、当サイトで ドイツ語クイズ を出題しておりますので是非ご覧ください。

目次

nützlich と praktisch の違い

nützlichpraktisch は、日本語でいうところの「有益性」と「利便性」の違いに近く、特に「役に立つ」という意味では状況や物質などによっては置き換えられる場合も多くあります。

例えば「冷凍食品」は、時間がない人にとっては「便利」で「手軽」ですが、「役に立つ」ものとはちょっと違います。

また、単語の語感をイメージするには、その「反対語」を知ることも近道になります。

POINT

・日本語で「利用しやすい」や「手軽」を充てると、説明したい内容に違和感がある → nützlich
・nützlich の反対語:schädlich「有害な」「有毒な」「不利益な」
・praktisch の反対語:unpraktisch「役に立たない」「実用的でない」「実務能力がない」

それでは、それぞれの具体的な基本概念と使い方を例文とともに見ていきましょう。

nützlich の基本概念

  • 多くの人にとって有益で価値があるが、「使いやすさ」「手軽さ」は問われない
  • その「有益性」は、ある程度一般性普遍性をもった評価によって決まる
  • 生き物に用いる場合は、人が「有能な」「助けになる」、動物 (牛や馬など) が「有用な」の意味になる
  • 反対語schädlich「有害な」「有毒な」「不利益な」
  • 英語では useful に相当する

nützlich の使い方

Das könnte dir nützlich sein.
(それは君の役に立つかも知れない。)

Dein Buch war mir dabei sehr nützlich.
(君の本はそのときとても役に立った。)

Du warst mir bei dieser Arbeit sehr nützlich.
(君はこの仕事で随分と僕を助けてくれた。)

Englisch ist im Geschäftsleben nützlich.
(商売において英語は役に立つ。)

Dein Hinweis war mir sehr nützlich.
(君のくれたヒントが大いに役に立った。)

Bei diesem Wetter ist ein Regenschirm sehr nützlich.
(傘はこのような天気のときに大変役に立つ。)

Er war ihr bei der Renovierung der Wohnung sehr nützlich.
(彼は彼女の家を改築するのにとても助けになった。)

Gummistiefel werden uns bei diesem Regen sehr nützlich sein.
(ゴム長靴はこの雨の中では重宝する。)

Sind Beziehungen auch in Deutschland nützlich, wenn man eine gute Stelle bekommen will?
(いい職に就きたかったら、ドイツでもコネは役に立つの?)

Man muss das Angenehme mit dem Nützlichen verbinden.
(楽しみと実益を兼ねる必要がある。→ 形容詞の名詞化)

関連記事:【所有冠詞と格変化】ドイツ語トレーニング

POINT

・das Geschäftsleben:ビジネス、事業、商売
・der Gummistiefel:ゴム長靴
・die Beziehung:交際、関係、間柄、関連
・die Stelle:場所、状況、(職の) ポスト
・bekommen:受け取る、もらう、入手する
・angenehm:快適な、魅力的な、気持ちの良い、楽しい
・verbinden:つなぐ、結びつける

praktisch の基本概念

  • 一部の人にとって便利で役に立つ、都合が良い
  • 使う人にとって有益であれば良く、そして「使いやすさ」「手軽さ」が重要であることが多い
  • 人に用いる場合は、「器用な」「手際が良い」の意味になる
  • 反対語は unpraktisch「役に立たない」「実用的でない」「実務能力がない」
  • 英語では convenient に相当する

praktisch の使い方

praktisch には形容詞と副詞の使い方があります。

形容詞

praktisch は「便利な」「都合の良い」のほかに、「実用的な」「実地の」「実践上の」などの意味があります。

Es ist praktisch, ein Auto zu haben.
(車を持っていると便利だ。)

Freitag ist auch ein Feiertag. Wie praktisch!
(金曜日も休みだ。やった!)

Tiefkühlkost ist zwar praktisch.
(冷凍食品は実に便利だ。)

Dieses Werkzeug ist sehr praktisch.
(この道具はとても実用的だ。)

Ihr wohnt aber praktisch.
(それにしても住みやすい家に住んでいますね。)

Er gab mir sehr praktische Ratschläge.
(彼は私にとても実用的なアドバイスをしてくれた。)

Robert wollte zunächst praktischer Arzt werden.
(ロバートは当初開業医になりたいと考えていた。)

Die Möglichkeiten der Technologie werden detailliert am praktischen Beispiel erläutert.
(その技術の可能性は、実例によって詳細に説明されています。)

関連記事:【werden と sein/受動態の基本 編】ドイツ語トレーニング

POINT

・die Tiefkühlkost:冷凍食品
・aber:それにしても (日本語にもあるような「しかしこれはつまらないね」「しかし彼女は美人だね」と同様の使い方です)
・der Ratschlag:忠告、助言
・zunächst:最初に、まず
・praktischer Arzt:(専門医に対して) 一般医、開業医
・erläutern:解説する、(説明・注釈を)加える

副詞

praktisch は副詞として「事実上」「実際の」「ほぼ」を意味します。

Hier ist praktisch die Welt zu Ende.
(ここはいわば世界の最果ての地だ。)

Praktisch gibt es das gar nicht.
(それは実際には全く存在しない。)

Ich habe das Gefühl, praktisch jedes Jahr im Januar heiser zu sein.
(毎年1月になると喉の調子が悪い気がする。)

Ein zehn Jahre altes Auto ist praktisch wertlos.
(10年も乗った車はもうほとんど価値がない。)

Sie macht praktisch alles alleine.
(実際には彼女は全て一人でこなしている。)

関連記事:【zu 不定詞】ドイツ語トレーニング

POINT

・das Gefühl:気持ち、予感、(芸術などの)センス、触感、感覚
・heiser:(声・喉が) 枯れた、しわがれた
・zunächst:最初に、まず
・wertlos:無価値な、役に立たない

Scroll to top