【現在完了と過去形】ドイツ語トレーニング

今回は、ドイツ語の現在完了と過去形、過去完了形の違いや使い方を、例文とともに学習していきましょう。

ご興味のある方は、当サイトで ドイツ語クイズ を出題しておりますので是非ご覧ください。

目次

ドイツ語の時制

ドイツ語では、日常の会話やメールなどで過去のことについて述べる場合は、主に「現在完了」が使われるのが一般的で、現在完了は過去の出来事と現在を同一の次元で語るときに用いられる時制です。

一方で「過去形」は、小説や回想録など、話し手が現世界とは別の世界のことを語ったり、新聞や報道などの書き言葉で使われます。また、話法の助動詞müssenkönnen など)は過去形が好まれます。

現在完了

「完了形」とは、行為や起こった出来事などを、ある時点から見てすでに「完了したこと」として表す時制のことを指す文法用語です。

そして「現在完了」は、ある過去の事柄を現在と関連付けながら述べるときに使われます

また、未来の時点で完了したこととして表すときにも、現在完了が使われます。

現在完了の語順

現在完了は、「助動詞」と「動詞の過去分詞形」を組み合わせてつくります。
動詞によって、助動詞は seinhaben のいずれかを使います。

主語助動詞目的語や副詞など過去分詞
Ichhabemeine Aufgabe bereitserledigt.
Erhatsich auf diese Intrigeeingelassen.
Sie istdurch die schriftliche Prüfunggefallen.

<和訳>

・私はすでに課題をやり終えた。
・彼は陰謀に巻き込まれた。
・彼女は筆記試験に失敗した。

sein 支配 と haben 支配

ドイツ語の辞書を引くと、動詞には必ず「sein 支配」なのか「haben 支配」なのかが分かるようになっています。

ほとんどの動詞は haben 支配ですので、sein 支配を覚えるようにすると効率が良いと思います。

一部例外はあるものの、sein 支配と haben 支配はおよそ以下のような違いがあります。

・sein 支配:自動詞のうち、「場所の移動」または「状態の変化」を表す動詞
・haben 支配:自動詞で sein 支配以外のもの、他動詞(4格目的語をとるもの)、再帰動詞、状態を表す動詞

※ 意味によって seinhaben の両方をとる動詞もありますので注意してください。

sein

あくまでも一部ではありますが、sein 支配となる動詞の例文をご紹介します。

場所の移動

Ich freue mich sehr, dass alles so glatt gegangen ist.
(全てがこんなに順調に進んだのでとても嬉しい。→ gehen

Ich bin ans Mittelmeer in Urlaub gefahren.
(私は休暇で地中海へ行きました。→ fahren

Das Flugzeug ist noch nicht abgeflogen.
(飛行機はまだ離陸していない。→ abfliegen

Wir sind binnen drei Jahren schon zweimal umgezogen.
(私たちは3年の間に既に2回引っ越しをしました。)

Viele Gäste sind ins Konzert gekommen.
(コンサートにはたくさんのゲストが来ました。→ kommen

Wir sind am Marktplatz in die U-Bahn eingestiegen.
(私たちはマルクト広場で地下鉄に乗りました。→ einsteigen

Woher bin ich eigentlich die ganze Zeit gelaufen?
(どの道をずっと歩いて来たんだっけ。→ laufen

関連記事:【関係副詞を徹底攻略】ドイツ語トレーニング

関連記事:【eigentlich と tatsächlich の違い】ドイツ語トレーニング

POINT

・glatt:滑らかな、つるつるした、円滑な、スムーズな
・woher:どこから(英語の wherefrom)
・eigentlich:実は、本当は、(疑問文で)一体

状態の変化

aufwachsengeschehenaufstehensterben など。

Um wie viel Uhr sind Sie aufgewacht?
(何時に起きましたか?→ aufwachsen

Bei dem Unfall ist mir nichts geschehen.
(事故の際、私の身には何も起きなかった。→ geschehen

Sie ist heute morgen schon um 5 Uhr aufgestanden.
(彼女は今朝5時に起きました。)

Der Autoreifen ist geplatzt.
(自動車のタイヤがパンクした。→ platzen

Meine Mutter ist vor 5 Jahren gestorben.
(私の母は5年前に亡くなりました。→ sterben

Er wurde im selben Jahr geboren wie Tom.
(彼はトムと同じ年に生まれた。→ geboren werden

Ich bin über dem Lesen eingeschlafen.
(読書をしているうちに寝入ってしまった。→ einschlafen

Wenn du den Pilz gegessen hättest, würdest du krank geworden sein.
(もしもそのキノコを食べていたら、君は病気になっていたと思うよ。→ werden

関連記事:【接続法2式を徹底攻略】ドイツ語トレーニング

関連記事:【従属接続詞と語順】ドイツ語トレーニング

POINT

・der Unfall:事故、災難
・schon:もう、すでに
・der Pilz:きのこ
・wenn は「従属接続詞」ですので、副文の定動詞は文末に置かれます。

慣用的に sein を使う動詞

sein そのもの、および jdm. begegnen(人に会う)や bleiben(とどまっている、〜のままである)など

Wo bist du gerade gewesen?
(どこに行ってたの?→ sein

Im Klassenzimmer sind wenige Schüler geblieben.
(教室に残った生徒はほとんどいなかった。→ bleiben

haben

自動詞のうち、sein 支配以外のもの、他動詞、再帰動詞、状態を表す動詞 は haben をとります。

運動を表す動詞

場所の移動に重点を置いている場合は sein、運動そのものに焦点が当たっている場合は haben が使われます。

Ich bin nach Berlin geflogen.
(私は飛行機でベルリンへ行った。)

Er ist mit seinem Bruder im Meer geschwommen.
(彼は弟と一緒に海で泳いだ。)

Er hat über den Fluss ans andere Ufer geschwommen.
(彼は川を泳いで対岸へ渡った。)

他動詞、再帰動詞、状態を表す動詞

4格(Akk.)を目的語をとる他動詞、再帰動詞、状態を表す動詞は haben を使います。

John hat gestern ein Auto gekauft.
(ジョンは昨日車を買った。)

Ich habe Brot zum Frühstück gegessen.
(朝食にパンを食べました。)

Er hat mir beim Umziehen geholfen.
彼が引越しの手伝いをしてくれた。

 Sie hat ihre Tasche genommen und ist gegangen.
(彼女はバッグを持って出かけた。)

Er hat den Verletzten ins Krankenhaus gefahren.
(彼はケガ人を車で病院に運んだ。)

Sie hat sich heimlich aus der Stadt entfernen.
(彼女は密かに街を離れた。)

関連記事:【再帰動詞】ドイツ語トレーニング

POINT

・das Umziehen:引っ越し、転居
・der Verletzte:ケガ人(女性の場合は eine Verletzte)
・heimlich:こっそり、内緒で、人目を盗んで
・sich entfernen:〜から離れる

過去形

現在完了が現在との繋がりがあるのに対し、「過去形」は現在との関係を断ち切って、過去の出来事を頭に浮かべながら描写するときに使います。

過去形は 話法の助動詞 で好まれるほか、小説や回想録、新聞、報道、知っているはずのことを失念しているという場合などに用いられます。

Wie war gleich Ihr Name?
(お名前は何とおっしゃいましたっけ?)

Wie hieß der Ort noch?
(その地名、何て名前だっけ?)

過去形の人称変化

ドイツ語では、過去形の基本形さえきちんと覚えていれば、弱変化・強変化・混合変化の如何に関係なく、以下の表に従って人称変化させることが出来ます。

ここでは sagen を例にしています。

人称過去形語尾
ichsagte
dusagtest過去形 + –st
er / es / siesagte
wirsagten過去形 + -(e)n
ihrsagtet過去形 + –t
siesagten過去形 + -(e)n

関連記事:【人称代名詞】ドイツ語トレーニング

過去形のパターン

ドイツ語では、動詞の原形が過去形への変化にはいくつかのパターンがありますので、動詞を覚えるときは「過去形」と「人称変化」を同時に覚えるようにすることが大切です。

原形過去形
essen
kommenkam
bringenbrachte
gehenging
ligenlag
helfenhalf
greifengriff
schreibenschrieb

Sie kam pünktlich zur verabredeten Zeit.
(彼女は約束の時間通りに来た。)

Als der Postbote das Paket brachte, öffnete sie es sofort.
(郵便配達員が小包を届けた途端、彼女はそれを開けた。)

Emily schrieb, was der Chef ihr diktierte.
(エミリーは上司が口述したことを書きとめた。

関連記事:【wer と was/不定関係代名詞】ドイツ語の関係代名詞②

POINT

・pünktlich:時間に正確な
・verabredet:約束された、準備された
・sofort:即座に、すぐに
・als:〜したとき(従属接続詞のため、定動詞は文末になります)

過去完了形

「過去完了」とは、ある事柄が他の過去の出来事よりもさらに前に発生したことを表す時制で、過去の事柄を表す文とともに用いられます。

過去完了は、war や hatte などの「助動詞の過去形」と「動詞の過去分詞形」を組み合わせてつくります。

Sie hatten illegal radioaktives Material ins Ausland verkauft.
(彼らは放射性物質を違法に輸出していた。)

Nachdem wir zu Mittagessen gegessen hatten, sind wir im Park spazieren gegangen.
(私たちはランチのあと公園へお散歩に行きました。→ gehen

Als ich am Bahnhof ankam, war der Zug schon abgefahren.
(私が駅に着いたとき、既に電車は発車してしまっていました。→ abfahren

関連記事:【時を表す接続詞】ドイツ語トレーニング

POINT

・radioaktiv:放射線を放つ、放射性の
・als:〜したとき(従属接続詞のため、定動詞は文末になります)
・abfahren:(乗り物が)出発する、出港する
・spazieren gehen:お散歩する

Scroll to top