【recht と richtig の違い】ドイツ語トレーニング

Posted in ドイツ語のコツ, ドイツ語学習

gleich と sofort の違い に続き、今回は「正確な」「正しい」などを意味する rechtrichtig の違いと使い方を、例文とともにご紹介していきます。

ご興味のある方は、当サイトで ドイツ語クイズ(5000問) を出題しておりますので是非ご覧ください。

目次

recht と richtig の違い

rechtrichtig も「正しい」「適当な」を意味しますが、それぞれ以下のような違いがあります。

recht

  • 「右」「右の」を表す
  • 道理・社会的通念・規則に適合して正しいことを表す
  • 英語では rightfairly などに相当する
  • 反対語は unrecht「不正な」「不当な」

richtig

  • 事実・真実に沿って間違いがないことを表す
  • 英語では realrightcorrect などに相当する
  • 反対語は falsch「間違った」

recht

recht は副詞と形容詞の用法があります。

副詞の用法

「正しく」「適切に」のほか、ganzsehr のように程度を強調して「本当に」「とても」の意味でも用いられます。

程度の高さは ganzrechtsehr のようなイメージです。

正しく、適切に

Er macht nie etwas recht.
(彼はミスをしてばっかりだ。)

Du kommst mir gerade recht.
(君はちょうどいいときに来てくれた。)

Was? Habe ich recht gehört?
(何だって? それは本当なの? → 直訳:私は正しく聞いたのか)

Ich werde nicht recht klug aus ihm.
(私は彼のことがどうもよく分からない。)

Wenn ich es mir recht überlege, ist dieser Vorschlag gar nicht so merkwürdig.
(よく考えたら、この提案はそんなにおかしいものではない。)

関連記事:【前綴り über-】ドイツ語の動詞を攻略する

POINT

・aus jdm. nicht klug werden:(人の考え方や態度、意図などを) 理解する
・sich3(Dat.) etw. überlegen:熟慮する、検討する
・merkwürdig:奇妙な、普通でない

とても、かなり

アクセントが置かれると、「本当に」「なかなか」を表します。sehr より弱く、ganz より強いニュアンスです。程度が高いのであれば、sehr を使ったほうが無難です。

Er weiß recht viel darüber.
(彼はそれについて本当にたくさんのことを知っている。)

Ich danke Ihnen recht herzlich.
(本当に有難うございます。)

Er ist ein recht begabter Junge.
(彼はなかなか才能のある少年だ。)

Sein Aufsatz ist recht gut.
(彼の作文はなかなかだ。)

Wie geht es dir? − Danke, recht gut.
(調子はどう? − 有難う、悪くないよ。)

関連記事:【wie の使い方】ドイツ語トレーニング

POINT

・die Aufsatz:(学生に課される) レポート、作文、小論文
・begabt:才能のある、有能な

形容詞の用法

「正しい」のほか、「適切な」「正当な」なども表します。

正しい、間違っていない

Das ist recht. / Recht so. / So ist es recht.
(それが正しい。→ それでいい)

Du hast recht.
(君は正しい。)

Darin haben Sie recht.
(その点ではおっしゃる通りです。)

Wenn ich mich recht erinnere, hast du heute Geburtstag.
(私の記憶が正しければ、今日は君の誕生日だ。)

Er versteht seine Arbeit, alles, was recht ist.
(彼は仕事が出来る。それは認めざるを得ない。)

Tue recht und scheue niemand.
(行い正しければ、恐れる者なし。)

関連記事:【wissen・kennen・verstehen の違い】ドイツ語トレーニング

POINT

・recht haben:(言うこと・することが) 正しい
・sich erinnern:(人・物を) 覚えている
・etw. scheuen:恐れる、尻込みする

本当の、まったくの

Sie ist noch ein rechtes Kind.
(彼女はまだほんの子供だ。)

Er hatte keinen rechten Erfolg.
(彼の成功は本当のものではなかった。)

関連記事:【kein と nicht の違い】ドイツ語トレーニング

POINT

・der Erfolg:成功、出世

適切な、適当な

Das ist der rechte Ort dafür.
(そこはそれをするにはうってつけの場所だ。)

Ihr ist jedes Mittel recht.
(彼女は手段を選ばない。→ 目的のために)

Er ist zur rechten Zeit gekommen.
(彼はいい時にやって来た。)

Ich bin nicht in der rechten Stimmung.
(私はそういう気分ではない。)

Wer nicht kommt zur rechten Zeit, der muss essen, was übrig bleibt.
(早い者勝ち。→ 遅れて来た者は残り物を食べなければならない。)

Sie ist nicht die Rechte für ihn.
(彼女は彼にふさわしくない。→ 形容詞の名詞化)

Sie kommen zu jeder Zeit recht.
(あなたはいつでも歓迎です。)

関連記事:【指示冠詞 と 不定数冠詞】ドイツ語トレーニング

POINT

・der Ort:場所、位置
・die Stimmung:雰囲気、気分、一般的な意見
・übrig:(物・時間・人などが) 残っている
・bleiben:(同じ場所に) 留まる、居る、残る、滞在する

正当な

Das ist recht und billig, dass ich das tue.
(私がそれをするのはごく当然のことだ。)

Das geht nicht mit rechten Dingen zu.
(どうも様子がおかしい。→ 胡散臭い)

Wenn du dagegen bist, dann bin ich erst recht dafür.
(君がそれに反対するなら、なおさら僕は賛成だ。)

関連記事:【da と前置詞の融合形】ドイツ語トレーニング

POINT

・recht und billig:正しくかつ合理的な
・erst recht:(意地になって) なおのこと〜するしかない

都合の良い

Ist Ihnen dieser Termin recht?
(この日程で宜しいですか。)

Man kann es nicht allen recht machen.
(全員の都合の良いようには出来ない。)

Ist es dir recht, wenn ich dich morgen besuche?
(明日あなたの家に行ってもいい?)

Bitte kommen Sie sofort, wenn es Ihnen recht ist.
(宜しければすぐにお越しください。)

関連記事:【条件・仮定を表す接続詞】ドイツ語トレーニング

POINT

・der Termin:期日、期限、(日時の) 約束
・sofort:即座に、すぐに

右の

付加語としてのみ、「右の」「右側の」を表します。

Das Café liegt auf der rechten Seite der Straße.
(そのカフェは通りの右側にある。)

Giulietta hat sich den rechten Arm gebrochen.
(ジュリエッタは右腕を骨折した。)

Er ist die rechte Hand des Chefs.
(彼はボスの右腕だ。)

richtig

richtig は副詞と形容詞の用法があります。

副詞の用法

「正しく」「正確に」のほかに、ganzsehr のように「本当に」「とても」の意味でも用いられることもあります。

正しく、正確に

Bin ich hier richtig bei Herrn Müller?
(こちらはミュラーさんのお宅ですか?)

Du hast mich nicht richtig verstanden.
(君は私の言ったことを正しく理解していない。)

Die Schublade war nicht richtig zugemacht.
(その引き出しはきちんと閉まっていなかった。)

Du scheinst noch nicht richtig wach zu sein.
(君はまだちゃんと目が覚めていないようだね。)

Er hat mit seiner Vermutung richtig getroffen.
(彼の推測は正しかった。)

関連記事:【wachen と wecken の違い】ドイツ語トレーニング

POINT

・zumachen:閉める、閉店する、閉鎖する
・scheinen:❶〜のように見える ❷(太陽・月・ランプなどが) 照らしている、輝く
・wach sein:目が覚めている、起きている
・der Vermutung:仮定、仮説、推測

実際に、本当に

「案の定」「結局」のようなニュアンスです。

Sie hat sich wieder richtig erkältet.
(彼女はやっぱりまた風邪を引いた。)

Seine Mutter hatte ihn schon oft gewarnt, und richtig, er ließ sich betrügen.
(彼の母親は用心しろと何度も言ったのに、結局彼は騙されてしまった。)

Niemand hatte geglaubt, dass er pünktlich kommen würde. Und richtig, diesmal erschien er 10 Minuten zu spät.
(誰も、彼が時間通りに来るとは思っていなかった。そして案の定今回も10分遅れてやって来た。)

関連記事:【werden の使い方】ドイツ語トレーニング

POINT

・sich erkälten:風邪を引く
・jdn. warnen:(危険・災害などについて) 警告する
・betrügen:騙す、欺く、浮気をする
・erscheinen:❶現れる、姿を見せる ❷出版される ❸(jdm.) 人にとって〜と思われる

非常に、とても

Maria ist richtig böse auf mich.
(マリアは私にとても怒っている。)

Das ist richtig eine Schande.
(これは本当に不名誉なことだ。)

Hier ist es richtig gemütlich.
(ここは本当に居心地が良い。)

関連記事:【es の使い方】ドイツ語トレーニング

POINT

・böse:怒っている、残忍な、邪悪な、むごい、ひどい
・die Schande:恥、不名誉、汚点
・gemütlich:心地よい、くつろいだ

形容詞の用法

「正しい」「正確な」のほか、「本物の」「まともな」なども表します。

正しい、正当な

Die Antwort ist richtig.
(その答えは正しい。)

Wie heißt er richtig?
(彼の本名は何ですか?)

Es schneit! Das ist ein richtiger Winter.
(雪が降ってる! これが本当の冬だわ。)

Ist das der richtige Weg nach Hannover?
(ハノーファーへ行くにはこの道でいいですか?)

Es ist nicht richtig von dir, dass du ihm nicht hilfst.
(君が彼を助けないのは良くないことだ。)

Wer die richtige Aussprache lernen möchte, muss zunächst die Laute kennenlernen.
(正しい発音を学びたいのであれば、まず音を知る必要があります。)

関連記事:【ドイツ語】3格支配の基本的な動詞

POINT

・die Aussprache:発音、発音の仕方
・zunächst:最初に、まず

適切な、ふさわしい

Er ist der richtige Mann am richtigen Platz.
(彼はそのポストに適任だ。)

Es ist der richtige Zeitpunkt dafür.
(今がそれにちょうど良い時だ。)

関連記事:【dafür の使い方】ドイツ語トレーニング

まともな、ちゃんとした

Er hat keine richtige Ausbildung gehabt.
(彼はまともな訓練を受けていなかった。)

Du bist wohl nicht ganz richtig (im Kopf).
(君は頭がおかしいんじゃないのか。→ 口語)

Sie haben schon lange nichts Richtiges gegessen.
(彼らはもう長い間まともな食事をしていない。→ 形容詞の名詞化)

関連記事:【ドイツ語の時制】ドイツ語トレーニング

POINT

・die Ausbildung:見習い、教育、訓練
・wohl:おそらく、きっと

Scroll to top