【EXACT 関数】2つの文字列が等しいか調べる/Numbers

今回は、2つの文字列を比較して等しいかどうかを調べることができる EXACT 関数の使い方をご紹介していきます。

なお、当サイトでは Excel ではなく Numbers を使って解説しています。

目次

EXACT 関数

EXACT 関数は、2つの文字列が等しいかどうかを調べることが出来るので、正解(正しいデータ)が分かっていて、なおかつ一文字ずつ検証するよりも「とりあえず等しくない文字列があれば探したい」といった時にも役に立ちます。

EXACT 関数の式の確認

EXACT 関数の式は非常に簡単で、2つの文字列のセルを指定するだけです。

= EXACT ( 文字列1, 文字列2 )

関数を書く

ここでは表のAとBの文章が等しいかどうか調べてみましょう。等しければ「TRUE」、異なっていれば「FALSE」が返されます。

セルにカーソルを合わせ、「= EXACT」と入力するか、「挿入」メニューから「新規数式」を選択します。

「テキスト」から EXACT を選択するか、検索窓に「EXACT」と入力しても探すことが出来ます。「関数を挿入」をクリックします。

文字列1文字列2 に、それぞれセルを設定しましょう。

= EXACT ( 文字列1, 文字列2 )

Enter を押して式を反映させたら、黄色のハンドルを下にドラッグしてセルを自動入力させます。

入力結果

Enter を押して式を反映させたら、指定した条件の通りになっているか確認しましょう。

全角と半角、ひらがなとカタカナは異なる文字列として扱われます。


当サイトがお役に立ちましたら、ご支援いただけると励みになります。

Buy Me A Coffee

Scroll to top