【Mac】トラックパッドを自分好みにカスタマイズする

🔄 2020年10月2日

MacBook ユーザーの中には、「 自宅では Mac だけど 会社用は Windows 」という方も多いと思いますが、操作性や機能も大きく異なる両者を同じ作業環境にするのは難しいものですよね。

特に Mac と Windows で大きく異なるもののひとつに、「トラックパッド」の機能があります。
Mac のトラックパッドには、「強めのクリック」という、ただの「タップ」とは異なる操作がありまして、これによりさらなるシステム機能が有効になります。

今回は MacBook ユーザーの方向けに、トラックパッドのカスタマイズ方法をご紹介します。
人によっては、マウスよりも操作性を向上させられる場合もありますので、ご参考になれば幸いです。

目次

トラックパッドの設定画面を開く

「システム環境設定」から「トラックパッド」を開きます。
または Spotlight で「トラックパッド」と入力すると設定画面が開きます。

トラックパッドの設定は、以下の3つに分かれています。
ひとつひとつオフに設定することもできます。

  • ポイントとクリック
  • スクロールとズーム
  • その他のジェスチャ

強めのクリック

トラックパッドの初期設定では、「決定」の動作はタップではなく「強めのクリック」をする必要があります。

「強めのクリック」は強くクリックするのではなく、トラックパッドを押して、さらに圧力を加える動作のことです。

実に多彩な機能を備えていますので、少しピックアップするだけでも以下のようなことができます。

  • テキストを強めにクリックしますと、辞書や Wikipedia などで調べることができます
  • メールやWeb上で宅配便の伝票番号を強めにクリックしますと、配達状況がポップアップ表示されます
  • メールやWeb上でリンクを強めにクリックしますと、リンク先のプレビュー が表示されます
  • 住所を強めにクリックしますと、マップのプレビュー が表示されます
  • フライト番号(航空会社、日付、便名を特定する番号)を強めにクリックしますと、フライトの詳細が表示されます

▼「タップ」を「決定」の動作にしたい場合は、「ポイントとクリック」の「タップでクリック」にチェックを入れます

ポイントとクリック

「調べる&データ検出」は、デフォルトでは1本指で強めのクリックですが、オフにすることもできます。

「副ボタンのクリック」は いわゆる右クリック機能のことです。個人的には「2本指のクリック」がオススメです。

感圧式のトラックパッド

感圧式のトラックパッドを備えた Mac ですと、以下の項目があります。

「サイレントクリック
チェックを入れますと、クリックするときの「カチッ」が無音になります。

「強めのクリックと触覚フィードバック」
「強めのクリック」の機能を無効化したい場合はチェックを外してください。

スクロールとズーム

「スクロールの方向:ナチュラル」
2本指を置いて上下に動かします。スマートフォンなどと同じ感覚でできる操作ですね。

※マウスのスクロールを Windows と同じにしたい場合は、「スクロールの方向」のチェックを外します。
ただし、左右のスワイプも逆になります

「拡大/縮小」
こちらもスマートフォンと同じ感覚で行う操作です。
ちなみに Safari で複数のタブを開いている場合は、2本指で内側にピンチ(縮小)しますと、タブを一覧表示することができます。

「スマートズーム」
2本の指で軽く2度タップしますと、拡大表示できます。

「回転」
画像やPDFファイルの向きを変えるときに、トラックパッドの上に開いた2本指を置いてひねるように動かします。

その他のジェスチャ


「ページ間をスワイプ」
「3本指でスワイプ」に設定した場合、次の「フルスクリーンアプリケーション間をスワイプ」が自動的に「4本指で左右にスワイプ」に切り替わります。

また、さきほどご説明しました「スクロールの方向:ナチュラル」のチェックを外している場合は左右のスワイプが逆方向になりますので注意してください。

通知センター

Mission Control

ウィンドウを整理して俯瞰的に確認することができる便利機能 Mission Control は、トラックパッド以外にもファンクションキーや Control + ↑ キー などで起動できます。

アプリケーションExposé とは

Mission Control は現在開いている全てのウィンドウが並べて表示されますが、「アプリケーションExposé」は、現在アクティブになっているアプリケーションのウィンドウが並べて表示されます。

例えば Safari アプリケーションExpose(初期設定では3本指で下にスワイプ)を行いますと、Safari で開いているウィンドウだけに絞って表示してくれます。

最後に

スマートフォンと同じように操作できるトラックパッドは、自分の使いやすいように設定すればマウス無しでも快適に使用できます。

グラフィックや映像編集などはマウス無しでは

日頃トラックパッドを使う方は、これを機会に設定を見直してみてくださいね。


Scroll to top