【RIGHT 関数】文字列の右端から指定の文字数分を抜き出す/Numbers

こちらの記事では、文字列の右端から指定の文字数分を抜き出す RIGHT 関数の基本的な使い方をご説明しています。

なお、当サイトでは Excel ではなく Numbers を使って解説しています。

目次

RIGHT 関数

RIGHT 関数は、指定した範囲のセルの文字数を、右端から数えて「○文字目」までを抜き出す関数です。

FIND 関数と組み合わせれば、メールアドレスからドメインの部分を抜き出したり、住所から「市区町村」よりあとを抜き出したりすることが出来ます。

RIGHT 関数の式の確認

RIGHT 関数で抜き出される文字は、数値ではなく文字列として扱われるため、0から始まるものでも省かれません。

= RIGHT ( 対象文字列, 文字列の長さ )

対象文字列文字列を抜き出すセルを指定
文字列の長さ抜き出す文字数を指定

RIGHT 関数を書く

ここでは、郵便番号から下4桁の数字部分を抜き出してみましょう。
上3桁は LEFT 関数 を使って抜き出しています。

セルにカーソルを合わせ、「= RIGHT」と入力するか、「挿入」メニューから「新規数式」を選択します。

「テキスト」から RIGHT を選択するか、検索窓に「RIGHT」と入力しても探すことが出来ます。「関数を挿入」をクリックします。

= RIGHT ( A2, 4 )

対象文字列」に文字列を抜き出したいセルを指定し、「文字列の長さ」に「4」と入力します。あとで数式を他のセルにコピーしますので、「対象文字列」にはひとつのセルでも複数のセルでも指定できます。

Enter を押して式を反映させたら、黄色のハンドルを下にドラッグしてセルを自動入力させます。

入力結果

指定した条件の通りになっているか確認しましょう。


当サイトがお役に立ちましたら、ご支援いただけると励みになります。

Buy Me A Coffee

Scroll to top