【ROUNDDOWN 関数】指定した桁数で数値を切り捨てる/Numbers

こちらの記事では、指定した桁数になるように数値を切り捨てる関数、ROUNDDOWN 関数の基本的な使い方をご説明しています。

なお、当サイトでは Excel ではなく Numbers を使って解説しています。

目次

ROUNDDOWN 関数

ROUNDDOWN 関数は、指定した桁数になるように数値を切り捨てることが出来ます。

きりの良い数値にしたいとき、例えば「1.2」のような数値の少数点以下を切り捨てて、「1」にしたいときなどに便利です。

ROUNDDOWN 関数の式の確認

ROUNDDOWN 関数は、切り捨ての対象となる数値と、小数点以下の桁数を指定します。

= ROUNDDOWN ( 端数処理対象の数値, 桁数 )

端数処理対象の数値切り捨ての対象となる数値のセルを指定
桁数数値を切り捨てた結果の小数点以下の桁数を指定

ROUNDDOWN 関数を書く

ここでは、消費税額の端数を切り捨てるように設定してみましょう。

セルにカーソルを合わせ、「= ROUNDDOWN」と入力するか、「挿入」メニューから「新規数式」を選択します。

「数値」から ROUNDDOWN を選択するか、検索窓に「ROUNDDOWN」と入力しても探すことが出来ます。「関数を挿入」をクリックします。

= ROUNDDOWN ( C2, 0 )

端数処理対象の数値」に数値を切り捨てたいセルを、「桁数」に「0」を入力します。

Enter を押して式を反映させたら、黄色のハンドルを下にドラッグしてセルを自動入力させます。

= ( B2 + D2 )

「税込価格」のセルには、本体価格と切り捨てた税額の合計が出るように設定します。

入力結果

指定した条件の通りになっているか確認しましょう。


当サイトがお役に立ちましたら、ご支援いただけると励みになります。

Buy Me A Coffee

Scroll to top