英語で説明する【スサノオノミコトとヤマタノオロチ】

日本略史 素戔嗚尊/月岡芳年

八頭八尾の大蛇「八岐大蛇/ヤマタノオロチ」を退治した日本神話の英雄、スサノオノミコト(須佐之男命/素盞嗚命)。

彼はその粗暴な性格ゆえに天界の高天原から追い出されたものの、旅の途中でアシナズチ(足名椎)とテナズチ(手名椎)の夫婦と出会い、その末娘であるクシナダヒメ(櫛名田比売)がもうすぐ恐ろしいヤマタノオロチに食べられてしまうことを知り、彼女を妻にすることを条件にその退治を申し出ました。

今回は、そんなスサノオノミコトの独特なキャラクターとヤマタノオロチとの戦いについて、英語で説明する表現をご紹介していきます。

目次

スサノオの名前の表記

Susanoo, also called “Susanoo no Mikoto,” is a deity who appears in Japanese mythology. His name is written in kanji as 建速須佐之男命 (Takehayasusa no Onomikoto) and 須佐之男命 in “Kojiki” (Records of Ancient Matters), and 素戔男尊 and 素戔嗚尊 in “Nihon Shoki” (Chronicles of Japan).
(スサノオは、スサノオノミコトとも呼ばれ、日本神話に登場する神様です。彼の名前は、「古事記」では、建速須佐之男命、須佐之男命、そして「日本書紀」では、素戔男尊、素戔嗚尊と表記されています。)

Besides Susanoo, the most common spelling is Susa-no-O. Older translations of his name include Susano-o, Susa-no-O, Susano’o, and Susanowo.
Susanoo の他に、最も一般的な綴りは Susa-no-O です。彼の名前の古い翻訳には、Susano-oSusano’o、そして Susanowo などがあります。)

人気の秘密

It can be said that Susanoo no Mikoto is the most unique god in Japanese mythology. His temperament is wild, violent and full of manliness, mixed with his ungodlike, complicated personality, he is more widely known for his appeal as a human than as a god.
(日本神話の中で、スサノオノミコトは最も個性的な神様だといえるでしょう。彼の気質はワイルドで暴力的で男らしさにあふれており、神に似つかわしくない複雑な性格と混ざり合って、彼は神様としてよりも人間としての魅力で広く知られています。)

Susanoo is a passionate god at heart, and his tumultuous nature and disheveled appearance are direct reflections of his attributes as the god of storms. Like storms, winds, and the sea, Susanoo can be both benevolent and malevolent.
(スサノオは直情的な神様であり、彼の荒々しい気質とだらしのない風貌は、彼の嵐の神としての特性を表しています。嵐、風、そして海のように、スサノオは慈悲深いこともあれば悪意を持つこともあります。)

Despite this moral ambivalence, he remains one of the most celebrated heroes in Japanese mythology.
(このような相反する情緒を持っているにもかかわらず、彼は日本神話の中で最も著名な英雄の一人であり続けています。)

In what is now his most famous feat, he defeated the terrifying eight-headed and and eight-tailed serpent, Yamata no Orochi, killing it with his sword, a Totsuka no Tsurugi (lit. sword of ten hand-breadths).
(現在最もよく知られている彼の偉業は、恐ろしい八頭八尾の大蛇、ヤマタノオロチを十拳剣で倒したことです。)

One of the most exciting and popular tales in the Kojiki is Susanoo’s battle with Yamata no Orochi.
(スサノオとヤマタノオロチの戦いは、古事記の中で最もエキサイティングで人気のあるお話のひとつです。)

Although Susanoo has fearful powers of destruction, he is worshipped at many shrines for having the power to prevent disaster.
(スサノオは恐ろしい破壊力を持っていますが、厄災を防ぐ力を持っていることで多くの神社で崇拝されています)

暴れん坊時代

神様として生まれたはずのスサノオですが、高天原を追い出される前までは、ニートで我儘で乱暴という、厄介者のキャラクターで描かれています。

In Japanese mythology, Susanoo is the Shinto god of storms. He was born when his father Izanagi washed his nose in the ocean while purifying himself after his visit to the underworld.
(日本神話では、スサノオは嵐の神様です。父のイザナギが冥界を訪れたのち、海で禊をしながら鼻を洗ったときにスサノオは生まれました。)

Izanagi told Susanoo to govern the sea, but he neglected the duties and always cried and desired to meet his dead mother Izanami, who was then ruling the underworld. Izanagi was infuriated and banished him from the Land of Heaven.
(イザナギはスサノオに海を統治するように言いましたが、彼は冥界の亡き母に会いたいと泣くばかりでした。イザナギは怒って、彼を追い出してしまいました。)

Before leaving, Susanoo went to Takama no Hara (the High Heaven) to say goodbye to his sister, the sun goddess Amaterasu, who was born from Izanagi’s left eye.
(出て行く前に、スサノオはイザナギの左目から生まれた姉の天照大神に別れを告げるため、高天原へ行きました。)

Amaterasu thought Susanoo had come to attack Takama no Hara, so she was armed herself and confronted him.
(天照大神は、スサノオが高天原を荒らしに来たと思い、武装して彼と対峙しました。)

His name was cleared by proving his sincerity, he remained in Takama no Hara. But he caused many troubles by destroying rice paddies and scattering excrement over the palace of Takama no Hara.
(スサノオは潔白を証明し、高天原にとどまりました。しかし彼は田んぼを破壊したり、高天原の宮殿に排泄物を撒き散らしたりして数々のトラブルを引き起こしました。)

For this reason, Amaterasu was disappointed by his behavior, and hid herself in the rock cave, Ama no Iwato. As a result, the world lost the sun and was thrown into darkness.
(天照大神は彼の振る舞いに落胆し、天岩戸という岩窟に身を隠してしまいました。そして世界は太陽を失い、闇に包まれてしまいました。)

The god of wisdom, Omoikane, devised a plan to lure her out. The other gods hung mirrors and magatama jewels on trees and placed roosters in front of the cave.
(知恵の神である思兼神は、彼女を誘い出す計画を考えました。他の神々は木々に鏡と勾玉を吊り下げ、岩窟の前に雄鶏たちを置きました。)

The gods had a festival during which the cheerful goddess Ama no Uzume did a dance outside the cave, which caused all to thunder with laughter.
(神々たちは祭りを催し、その間岩窟の外で天宇受売命が踊ると、皆は大笑いしました。)

Curious to know what the fuss was about, Amaterasu slid the rock slightly to take a look out of the cave.
(天照大神は、何の騒ぎか気になって岩を少し動かして外の様子を見ました。)

Not missing the chance, the strongest god Ame no Tajikarao grabbed her hand and pulled her outside. Then the other gods placed a sacred rope of rice straw, shimenawa, at the entrance, so she could not return to hiding.
(そのチャンスを逃さず、最も力持ちの神である天手力男命が彼女の手を掴んでぐいと引き出しました。そして他の神々が入り口に注連縄を張ったため、天照大神は戻ることは出来ませんでした。)

The gods were angry with Susanoo, so they told him to leave Takama no Hara.
(スサノオに怒った神々は、彼を高天原から出て行くように言いました。)

ヤマタノオロチとの戦い

©︎村上勉 – 古事記/講談社

旅の途中で出会った美しいクシナダヒメ(櫛名田比売 / 奇稲田姫)に一目惚れしたスサノオは、彼女がもうすぐ恐ろしい大蛇ヤマタノオロチ(八岐大蛇)に食べられてしまうことを知り、クシナダヒメとの結婚を条件に、ヤマタノオロチを退治することを申し出ました。

スサノオとヤマタノオロチの戦いは、日本神話のハイライトとも言われ、海外の神話にもあるような怪物と戦う勇者のように、読者を魅了しています。

The legend of Yamata no Orochi begins with Susanoo’s banishment. Susanoo’s father Izanagi expelled him for disobeying his orders, crying that he wanted to meet his dead mother.
(ヤマタノオロチの伝説は、スサノオの追放から始まります。スサノオの父イザナギは、父の言うことを聞かずに、亡くなった母親に会いたいと泣き続けるスサノオを追い出してしまいました。)

Susanoo went to Takama no Hara (Plain of High Heaven) where his sister the goddess of the sun, Amaterasu lived. However, because of Susanoo’s rude behavior, Amaterasu hid herself in the rock cave called Ama no Iwato. The absence of the sun brought darkness to the world.
(スサノオは、姉である太陽の女神、天照大神の住む高天原に行きました。しかし、スサノオの粗暴な振る舞いが原因で、天照大神は天岩戸と呼ばれる岩窟に隠れてしまいました。太陽を失った世界は闇に包まれてしまったのです。)

The gods managed to lure her out by having a grand party in front of the cave. After that, they told Susanoo to leave Takama no Hara.
(神々はその岩窟の前で盛大なお祭りをすることで、何とか彼女を誘い出すことが出来ました。その後、彼らはスサノオに高天原から出て行くように言いました。)

After being driven out of Takama no Hara, Susanoo arrived at the Hii River in the land of Izumo. There he saw chopsticks floating down the river.
(高天原から追い出されたスサノオは、出雲国の斐伊川にやって来ました。そこで彼は箸が川に浮かんでいるのを見つけました。)

“There must be people living up the river.” Susanoo kept walking along the river and found a sorrowful family. They were Ashinazuchi, the son of a mountain god, his wife Tenazuchi, and their daughter, Kushinadahime.
(「上流に人が住んでいるに違いない。」スサノオが川沿いを歩いて行くと、悲嘆に暮れている家族がいました。彼らは山の神の息子の足名椎と妻の手名椎、そして娘の櫛名田比売でした。)

Susanoo asked them why they were crying. Ashinazuchi said, “We had eight daughters. But a serpent called Yamata no Orochi eats one of my daughters every year. It will come again this year and eat our final daughter.”
(スサノオは彼らになぜ泣いているのかと尋ねました。足名椎は「私たちには娘が8人いました。しかしヤマタノオロチという大蛇が毎年私たちの娘の1人を食べてしまうのです。今年もまたやって来て、私たちの最後の娘が犠牲になるでしょう」と語りました。)

“Yamata no Orochi is a terrifying big snake with eight heads and eight tails. Its stomach is always bloody, and its bright red eyes are constantly looking for something to kill.”
(「ヤマタノオロチは恐ろしい大蛇で、8つの頭と尾を持ち、その腹はいつも血に濡れていて、真っ赤に光る目は絶えず生贄を探しているのです。」)

Susanoo fell in love with Kushinadahime at the first sight and offered to give them aid. “If I kill the creature, will you give me your daughter?”
(櫛名田比売に一目惚れしたスサノオは、彼らを助けることを申し出ました。「私がそいつを退治したら、あなたの娘を私の妻にしてくれるだろうか。」)

Ashinazuchi replied, “Excuse me, but I do not even know your name yet.” Susanoo said, “I am the younger brother of Amaterasu. And I have just descended from Heaven.” “If that is so, we reverently present her to you.” Ashinazuchi agreed.
(足名椎は答えました。「失礼ですが、まだあなたのお名前も存じ上げません。」スサノオは「私は天照大神の弟で、高天原から下りてきたところだ。」と言いました。「そういうことでしたら、どうぞ娘を差し上げましょう。」と足名椎は同意しました。)

First, Susanoo transformed Kushinadahime into a fine toothed comb and placed her in his hair in order to protect her.
(まず、スサノオは櫛名田比売を櫛の姿に変え、彼女を守るために自分の髪に挿しました。)

Then he instructed Ashinazuchi and Tenazuchi to prepare lots of very strong sake, build a fence around their house with eight gates, and to put a pail filled with the sake at each gate. Susanoo planned to make the serpent drunk and then kill it.
(そして彼は足名椎と手名椎に、大量の強い酒を作り、家の周りに垣根をめぐらせて8つの門を開け、それぞれに酒を満たしたを置くように命じました。スサノオはヤマタノオロチを酔わせて退治しようと考えたのです。) 

With the preparations completed, he told the elderly couple to hide and wait.
準備が整うと、スサノオは老夫婦に隠れて待つように言いました。)

After a while, the sky grew dark, and lightning flashed across the sky. A strong wind blew, and the ground shook. Then just as the couple had said, the monstrous serpent appeared.
(しばらくすると、空が暗くなって稲光が走り、強い風が吹き、大地が轟きました。そして夫婦が言った通り、怪物のような大蛇が現れました。)

The serpent smelled the sake and rushed to the pails. All serpents love sake, and the Yamata no Orochi was no different. Each of its eight heads dove into a pail and drank of the sake contained within. After gulping it all down, it became completely drunk and started snoring.
(ヤマタノオロチは酒の匂いを嗅ぎつけ、桶にまっしぐらに向かいました。蛇は日本酒が大好きで、ヤマタノオロチも例外ではありませんでした。8つの頭がそれぞれの桶に飛び込み、中に入った酒を飲みました。全ての酒をガブガブと飲み干したあと、大蛇は酔い潰れていびきをかき始めました。)

Not wanting to lose the opportunity, Susanoo walked toward the serpent and slayed it with his mighty ten-spanned sword Totsuka no Tsurugi by chopping it into pieces. Then the blood from the serpent flowed into the river, and the river was dyed bright red.
(そのチャンスを逃すまいと、スサノオはヤマタノオロチに近づいて十拳剣で細切れにしてしまいました。そして大蛇の血が川に流れ込み、川は真っ赤に染まりました。)

As he was cutting one of the serpent’s tails, Susanoo’s sword stuck something hard. Susanoo noticed a beautiful sword lodged inside, and immediately extracted it out from the serpent’s tail.
(彼が大蛇の尾を切り刻んでいるとき、剣が何か固いものに当たりました。スサノオは美しい剣が中に埋まっていることに気づき、すぐにそれを尾から引き抜きました。)

He gave the sword Kusanagi no Tsurugi up to his sister Amaterasu by way of apology for his earlier misdeeds. And Susanoo married Kushinadahime, built a palace and they lived in Izumo.
(彼はそれまでの悪行に対する謝罪として、この草薙剣を姉の天照大神に献上しました。そしてスサノオは櫛名田比売と結婚し、出雲に神殿を建ててそこに住みました。)

Kojiki transcribes Yamata no Orochi name as 八岐遠呂智 and the Nihon Shoki writes it as 八岐大蛇.
(ヤマタノオロチは、古事記では八岐遠呂智、日本書紀では八岐大蛇と翻訳されています。)

In the Unnan region of Okuizumo are scattered many places related with the extermination of Yamata no Orochi, such as Susanoo and Kushinadahime’s new palace Suga Shrine and Inada Shrine which worships Kushinadahime,.
(奥出雲の雲南地方には、スサノオと櫛名田比売の神殿の須賀神社や、櫛名田比売を祀る稲田神社など、ヤマタノオロチの退治に関する場所が点在しています。)

和歌

Susanoo was the first deity who composed “Waka,” a classic poetry in Japan.
(スサノオは、日本の古典詩「和歌」を詠んだ最初の神様として知られています。)

Eightfold clouds rising
An eightfold Izumo fence
To dwell there with my bride
Build an eightfold fence
Ah! splendid eightfold fence.

八雲立つ / Yakumo tatsu
出雲 八重垣 / izumo yaegaki
妻籠みに / tsumagomi ni
八重垣つくる / yaegaki tsukuru
その八重垣を / sono yaegaki wo


当サイトがお役に立ちましたら、ご支援いただけると励みになります。

Buy Me A Coffee

Scroll to top