ドイツが誇る文豪、ゲーテの言葉でドイツ語を学ぶ

ドイツを代表する文豪 ゲーテは、詩人、自然科学者、政治家、法律家など様々な顔を持ち、
どの分野でも優れた功績を残したことで知られています。
さらに、72歳の時に17歳の少女に熱烈な恋をして求婚するなど、情熱に満ちた人生を送りました。

ヨハン・ヴォルフガング・フォン・ゲーテの似顔絵のイラスト

Johann Wolfgang von Goethe(ヨハン・ヴォルフガング・フォン・ゲーテ)

1749年 ドイツ・フランクフルトの裕福な家庭に生まれ、3歳の頃から英才教育を受ける。
1765年 ライプツィヒ大学法学部に入学し、3年ほどのちに病魔に襲われ退学し、療養生活に入る。
1770年 改めて学業に専念するために、父の薦めでフランスのストラスブール大学で学ぶ。
その後故郷に戻り一旦弁護士になるものの、次第に興味を失い文学活動に没頭するようになる。
1774年「若きウェルテルの悩み」刊行
1786年 イタリアへ旅に出る
1787年「イフィゲーニエ」完成
1788年 イタリアから帰国
1806年 内縁の妻であったクリスティアーネ・ヴルピウスと結婚するが、1816年に病気により先立たれる。
1831年 「ファウスト」完成
1832年 永眠

こちらの記事では、私自身のメモも兼ねて、ゲーテの言葉(名言)をドイツ語で残しておきたいと思います。
単語の意味を一部載せておりますので、ドイツ語の勉強をなさっている方へご参考になれば幸いです。

ご興味のある方は、アインシュタイン編ドイツの偉人編 も是非ご覧ください。

ゲーテの言葉

Was immer Du tun kannst oder wovon Du träumst – fang damit an. Mut hat Genie, Kraft und Zauber in sich.

Johann Wolfgang von Goethe

和訳:あなたが出来ると思うこと、または夢見ていることがあれば、今すぐに始めなさい。大胆さは天才であり、力であり、魔法である。

träumen von:〜することを夢見る、願う(英語の dream of)
der Mut:大胆さ、勇敢さ、決断力
das Genie:天才、非凡な才能の持ち主
die Kraft:強さ、威力

関連記事:【anfangen】ドイツ語の分離動詞を攻略する

Wenn du eine weise Antwort verlangst, musst du vernünftig fragen.

Johann Wolfgang von Goethe

和訳:賢明な答えを求めるならば、合理的に尋ねる必要がある。

verlangen:要求する(英語の demand)
vernünftig:思慮深く、合理的に

Jugend ist Trunkenheit ohne Wein.

Johann Wolfgang von Goethe

和訳:若いとは、ワイン無しで酔っ払っている状態のことである。

die Trunkenheit:酩酊状態

Es ist nicht genug zu wissen – man muss auch anwenden.
Es ist nicht genug zu wollen – man muss auch tun.

Johann Wolfgang von Goethe

和訳:
知るだけでは十分ではない、活用する必要がある。
望むだけでは十分ではない、行動する必要がある。

関連記事:【wissen・kennen・verstehen の違い】ドイツ語トレーニング

Denn wer lange bedenkt, der wählt nicht immer das Beste.

Johann Wolfgang von Goethe

和訳 : 長考したからといって、いつも最善の選択ができるとは限らない。

bedenken:よく考える、熟考する
wählen:選ぶ、精選する

Wo viel Licht ist, ist starker Schatten.

Johann Wolfgang von Goethe

和訳:光の多いところでは、影も濃くなる。

der Schatten:影、暗がり

Wir haben genug Zeit, wenn wir sie nur richtig verwenden.

Johann Wolfgang von Goethe

和訳:正しく使うことさえ出来れば、時間は十分にある。

verwenden:使用する、当てはめる、応用する

関連記事:【条件・仮定を表す接続詞】ドイツ語トレーニング

Wer nicht vorwärts geht, der kommt zurücke.

Johann Wolfgang von Goethe

和訳:前に進まない人は、後退しているのだ。

vorwärts:前の方へ、先に進んで(英語の forward、ahead)

Auch aus Steinen, die einem in den Weg gelegt werden, kann man Schönes bauen.

Johann Wolfgang von Goethe

和訳:障害になる石からも、美しいものをつくることができる。

in den Weg legen:邪魔な、行く手を阻む(英語の put in the way)

関連記事:【liegen と legen の違い】ドイツ語トレーニング

Es ist nichts schrecklicher als ein Lehrer, der nicht mehr weiß, als die Schüler allenfalls wissen sollen. 

Johann Wolfgang von Goethe

和訳:生徒が知るべきことしか教えない教師ほどひどいものはない。

schrecklich:最悪な、おぞましい
nicht mehr:もはや〜ない(英語の no longer)

関連記事:【müssen と sollen の違い】ドイツ語トレーニング

Am Abend schätzen man erst das Haus.

Johann Wolfgang von Goethe

和訳 : 夕暮れになって初めて、人は家の有り難みが分かるものだ。

schätzen:感謝する、(正しく)理解する

Das Betragen ist ein Spiegel, in welchem jeder sein Bild zeigt.

Johann Wolfgang von Goethe

和訳:行いは自分のイメージを映す鏡である。

das Betragen:振る舞い、行い、行儀

Der Feige droht nur, wo er sicher ist.

Johann Wolfgang von Goethe

和訳:卑怯者は、安全なときだけ威圧的な態度になる。

der Feige:臆病な、意気地のない、(行為などが)卑劣な
drohen:脅迫する、脅かす

Träume nicht kleine Träume, weil sie keine Kraft haben, das Herz des Menschen zu bewegen.

Johann Wolfgang von Goethe

和訳:小さい夢は見るな。それは人の心を動かすだけの力を持たないからだ。

bewegen:動かす(英語の move)

Es bildet ein Talent sich in der Stille, ein Charakter in dem Strom der Welt.

Johann Wolfgang von Goethe

和訳:才能は静けさの中で育ち、人格は世界の荒波の中で形成される。

die Stille:静けさ、静寂(英語の silence)

Wer das erste Knopfloch verfehlt, kommt mit dem Zuknöpfen nicht zu Rande.

Johann Wolfgang von Goethe

和訳 : 最初のボタンを掛け違えると、全てのボタンを掛けることはできない。

verfehlen:失敗する、損なう、怠る
zuknöpfen:ボタンを掛ける
mit etw3 zu Rande kommen:こなす、対処する、処理する

Wir sehen nur, was wir wissen.

Johann Wolfgang von Goethe

和訳:我々は知っているものしか目に入らない。

Das ist das Angenehme auf Reisen, dass auch das Gewöhnliche durch Neuheit und Überraschung das Ansehen eines Abenteuers gewinnt.

Johann Wolfgang von Goethe

和訳 : 普通のことを、斬新さや驚きをもって冒険だと感じるのが、旅の楽しみである。

das Angenehme:楽しみ、心地よさ
die Neuheit:目新しさ、珍しさ
das Gewöhnliche:普通のこと、いつものこと、通例
das Ansehen:見ること、視界、景色、眺め
das Abenteuer:冒険、非日常的な出来事
gewinnen:得る、達成する

Ein guter Mensch in seinem dunklen Drange ist sich des rechten Weges wohl bewusst.

Johann Wolfgang von Goethe

和訳 : 善良な人間は、暗い衝迫の中であっても正しい道をはっきりと自覚しているものだ。

sich3(Dat.) etw2(Gen.) bewusst sein : . . . を自覚している

Man sollte alle Tage wenigstens ein kleines Lied hören, ein gutes Gedicht lesen, ein treffliches Gemälde sehen und, wenn es möglich zu machen wäre, einige vernünftige Worte sprechen.

Johann Wolfgang von Goethe

和訳:人は毎日少なくとも小さな歌を一曲聴き、良い詩を一編読み、素晴らしい絵画を一点鑑賞し、可能であればいくつかまともな言葉を話すべきである。

wenigstens:少なくとも(英語の at least)
das Lied:歌
trefflich:見事な、壮麗な

関連記事:【machen】ドイツ語の基本動詞をマスターする

Lust und Liebe sind die Fittiche zu großen Taten.

Johann Wolfgang von Goethe

和訳 : 喜びと愛が、偉大なことを成し遂げる両翼となる。

die Fittiche:左右の翼
die Tat:行い、手柄、功績

Die Irrtümer des Menschen machen ihn eigentlich liebenswürdig.

Johann Wolfgang von Goethe

和訳:過ちは人を心から愛すべきものにする。

die Irrtümer:間違い、ミス、(道徳上の)過ち
eigentlich:本当に、実は
liebenswürdig:愛すべき、かわいい、愛嬌のある

関連記事:【eigentlich と tatsächlich の違い】ドイツ語トレーニング

最後に

ドイツ・フランクフルトにあるゲーテの生家は、現在はミュージアムとして一般公開されています。
私自身も行ったことがありますが、大戦時に疎開させていて無事だった家具などがオリジナルのまま展示されており、ゲーテ・ファンならずとも18世紀当時の富裕層の生活を垣間見ることができるので、個人的にはとてもオススメです。
フランクフルトにご旅行の際は是非足を運んでみてください。

ドイツのフランクフルトにあるゲーテ・ハウス
ゲーテ・ハウス / ドイツ・フランクフルトにて
Scroll to top