【Mac】macOS 復旧から起動する/リカバリーモード

何らかのエラーやトラブルにより Mac を復旧できない場合は、「 macOS 復旧 」いわゆる「緊急修理システム/リカバリーモード」でMac を起動しますと解決する場合があります。

これにより、ユーティリティを使用してディスクの問題を修復したり、Time Machine からの復旧、または OS を再インストールして元の状態に戻すことが可能になります。

今回は、リカバリーモードでの起動方法についてご説明していきます。

macOS 復旧 / リカバリーモードの手順

事前準備

お使いの Mac が、Apple シリコンを搭載しているか 確認してください。

Step 1

Mac がシャットダウンしているか確認します。

Step 2

以下のいずれかの方法で Mac を起動します。

Apple シリコンの場合

電源を入れ、そのまま電源ボタンを10秒ほど押し続けますと起動オプションが表示されますので、ギアのマークのアイコン(オプション)をクリックし、「続ける」をクリックします。

Intel プロセッサの場合

Mac の電源ボタンを押したらすぐにCommand + R キー を押し続けてください。

(※ インターネット経由で復旧する場合は、Command + Option + R)を画面に「」リンゴマーク または「回転する地球儀」などが表示されるまで押し続けます。ネットに繋がっていない場合は Wi-fi などに接続してください。)

機種によっては、20秒ほど押し続けますと画面が切り替わります。

Step 3

ユーザーを選択する画面が表示されましたら、パスワードが分かっているユーザーを選択し、画面に従って対応のパスワードを入力してください。

Step 4

ユーティリティウィンドウに切り替わりましたら、macOS 復旧の起動は終了です。

Step 5

以下のいずれかの作業を選択するメニューが表示されます。

  • Time Machine バックアップから復元:Time Machine のバックアップを使ってMacを復元します。
  • macOS を再インストール:OSをダウンロードして再インストールを行います。
  • Safari(ヘルプ情報をオンラインで取得):Safari を使って、Web上で Mac に関するヘルプ情報を検索することができます。
    また、Apple のオンラインサポートへのリンクが表示されます。
  • ディスクユーティリティ:ディスクユーティリティを使って、ディスクを修復したり、ストレージデバイスを消去したりすることができます。

正常にリカバリーモードが起動しなかった場合の最終手段

Mac が正常に起動できないときや、Mac がカーネルパニックを起こしたときに推奨されているのが、NVRAM/PRAM のリセットです。

Mac には、「NVRAM(エヌヴィーラム)」、「PRAM(ピーラム)」という、特定の設定情報を保存しておく特殊なメモリ領域があり、これをリセットすることによって Mac の問題を解決できることがあります。

日頃むやみに実行することはお勧めしませんが、あくまでも最終手段として試してみてください。

NVRAM/PRAMのリセットの手順

※ ファームウェアパスワードを使っている場合は、この手順を実行する前に無効にしておいてください。

Step 1

Mac がシャットダウンしているか確認します。

Step 2

電源ボタンを押し、Mac を起動します。

Step 3

起動した直後に、Command + Option + P + R の4つのキーを押し続けます。

Step 4

2回目のリンゴマークが表示され、消えた後でキーを離します。

(起動音が鳴るタイプの Mac の場合は、2回目の起動音が鳴った時点でキーを離して大丈夫です。)

Step 5

Mac が起動できましたら、必要に応じて「システム環境設定」を開き、リセットされた設定内容(音量、画面解像度、起動ディスクなど)を調整してください。

これで NVRAM/PRAM はリセット完了です。

最後に

いかがでしたでしょうか。Mac を復旧・復元させるための手順は実際にはあまり難しくありませんので、Mac が不調のときは試してみてください。


当サイトがお役に立ちましたら、ご支援いただけると励みになります。

Buy Me A Coffee

Scroll to top