英語で説明する【茶道とお茶のいただき方】

日本文化の「おもてなし」を代表する作法のひとつである「茶道」は、別名「茶の湯」とも呼ばれ、安土桃山時代の茶人・千利休によって大成されました。

茶道には禅宗の礼法が取り入れられており、簡素な中にも最善を尽くすという「わび・さび」の精神にも通じ、美しく格式高い伝統芸術であるといえます。

今回は、茶道やお茶のいただき方などについて英語で説明する表現をいくつかご紹介していきます。

目次

茶道の簡単な説明

茶道は、sado でも通じる場合もありますが、一般的には tea ceremony と訳されます。

Sado is also called “Chanoyu.”
(茶道は、「茶の湯」とも呼ばれます。)

Ritual tea drinking originated in China.
(茶道は中国が発祥です。)

When Japanese monks and envoys sent to China to learn about its culture brought tea to Japan in the 8th century.
(お茶は、8世紀に唐の文化を摂取する目的で派遣された僧侶公使によって日本にもたらされました。)

The tea drinking custom was first practiced by nobles and Zen Buddhist monks.
(お茶を飲む習慣は、最初は貴族禅僧が愛好していました。)

Sado, tea ceremony, was established by Sen-no-Rikyū in the Azuchi-Momoyama Period.
(茶道は、安土桃山時代に千利休によって大成されました。)

Sadō is a custom to entertain guests with tea and was perfected by a tea master, Sen-no-Rikyū in the 16th century.
(茶道は、16世紀に茶人の千利休によって完成された、客人をお茶でもてなす作法です。)

Sadō is the traditional etiquette of preparing and drinking matcha green tea.
(茶道とは、お茶の淹れ方と飲み方の伝統的な作法です。)

Sadō is the art of serving tea to guests with a heart of Japanese hospitality.
(茶道とは、日本らしいおもてなしの心で客人にお茶を振る舞う芸道です。)

The art and performance of preparing powdered green tea is called “otemae.”
(お抹茶をつくって振る舞うことを「御点前」といいます。)

Otemae is defined down to such minute details as the motion of the fingers.
(御点前は、指先の細かな動きに至るまで定められています。)

関連記事:英語で説明する【精進料理と懐石料理】

POINT

・down to:〜に至るまで、〜まで下がって
・minute details:細部、極めて細かい部分

The one preparing the tea is called the “teishu (master or host).”
(もてなすを亭主といいます。)

In sadō, powdered tea, different from ordinary Japanese tea, is used.
(茶道では、通常の煎茶とは異なる抹茶を使用します。)

Teishu pour hot water into a tea bowl, stir the tea with a chasen, then serve the tea to the guest.
(亭主は茶碗に抹茶を入れてお湯を注ぎ、茶筅で混ぜて、客人に出します。)

In a formal tea ceremony, a multi-course cuisine called kaiseki is served.
(正式な茶会では、懐石と呼ばれるコース料理が供されます。)

Sadō is held mainly in a special tea ceremony room called “chashitsu.”
(茶道は主に、「茶室」と呼ばれる特別なお部屋で行われます。)

The ceremony also includes aesthetic appreciation of the tea utensils and the decorative displays in the room.
(茶器やお部屋の装飾を鑑賞することも含まれています。)

Sen-no-Rikyū brought sadō to perfection by incorporating the philosophy of “wabi sabi,” and the heart of “ichigo-ichie.”
(千利休は、「わび・さび」の精神と「一期一会」の心を取り入れて茶道を完成させました)

POINT

bring A to perfection で、「Aを完成させる、完璧にする」という意味になります。

“Ichigo-ichie” means “once in a lifetime,” to make that encounter important, teishu prepares with sincerity implements such as tea utensils, a hanging scroll, flowers, a vase and other amenities.
(「Ichigo-ichie」とは、「一生に一度」という意味で、出会いを大切なものにするために、亭主は茶器や掛け軸、お花や花瓶などを心を込めて用意します。)

“Wa-Kei-Sei-Jaku” (harmony, respect, purity and tranquility) are the four important spirits of the tea ceremony as described by tea master Sen-no-Rikyū.
(「和敬静寂」は、茶聖の千利休が残した茶道の大切な四つの精神です。)

The guests know the warm hospitality and show their gratitude to teishu.
(客人はその温かいおもてなしの心を思い、亭主への感謝の気持ちを表します。)

The guests enjoy the hanging scroll, flowers, and the tea bowl during the tea ceremony.
(客人は茶会の間、掛け軸、生花、そして茶碗などを鑑賞します。)

Japanese confectionery called “ocha-gashi” are served with green tea.
(お抹茶とともに、「お茶菓子」と呼ばれる和菓子もいただきます。)

Higashi (dry sweets) or omogashi (fresh sweets) are served with usucha (thin matcha), omogashi are served with koicha (thick matcha).
薄茶には干菓子または主菓子、濃茶には主菓子が供されます。)

After Rikyū’s death, tea ceremony schools such as Omote Senke, Ura Senke and Mushanokōji Senke, were created by his family.
(千利休の子孫により、表千家、裏千家、武者小路千家の流派ができました。)

POINT

・美学、審美的な:aesthetic (名/形)
・簡素さ、純真さ:simplicity
・親切なもてなし:hospitality
・作法:etiquette または manner
(etiquette のほうがより洗練されていて「礼儀作法」の意味が強いです)

わび・さび(侘び・寂び)

「わび・さび」とは、「簡素さ、質素さ、不完全さの中に、精神的豊かさや美しさを見出す」という日本人の美意識のひとつです。
実際には「わび」と「さび」の意味は異なるのですが、最近では一緒に使われることが一般的になっています。

あっという間に散ってしまう桜や、一瞬だけ輝く花火、冬の落ち葉など、「儚さ」や「潔さ」に美しさを感じるという、日本文化の中心的思想を表す言葉ともいわれています。

“Wabi sabi” represents an important Japanese aesthetic value.
(「わび・さび」は、日本人の美的価値を象徴するものです。)

“Wabi sabi” is the Japanese aesthetic of finding beauty in simplicity and imperfection.
(「わび・さび」とは、簡素さと不完全さの中に美しさを見出す日本人の美学のことです。)

Wabi refers to austere simplicity in daily life, and sabi refers to the appreciation of the old and faded.
(わびとは日常生活における飾り気のない簡素さを指し、さびは古色や枯れたものに味わいを見出すことです。)

Sen-no-Rikyū, the most famous tea master, emphasized simplicity, cleanliness, and tranquility.
(もっとも有名な茶人である千利休は、簡素さ、清らかさ、静けさを重視していました。)

茶庭と茶室

茶庭(露地)/ Chatei

  • 茶庭(chatei):teahouse garden
  • 石灯籠(tōrō):stone lantern
  • 蹲(tsukubai):washbasin
  • 飛び石(tobiishi):stepping stones

Tsukubai is a washbasin installed in an entry garden to a teahouse.
(蹲とは、茶室へ続く前庭に据えられた手水鉢のことです。)

茶室 / Chashitsu

(出典:対鳳庵/宇治市)
  • にじり口(nijiriguchi):guest’s entrance
  • 客畳(kyakudatami):guest’s tatami
  • 茶道口(sadōguchi):host’s entrance
  • 点前畳(temaedatami):host’s tatami
  • 炉(ro):sunken hearth
  • 水屋(mizuya):room for tea and food preparation
  • 中柱(nakabashira):center post
  • 床の間(tokonoma):alcove
  • 掛け軸(kakejiku):hanging scroll
  • 生花(ikebana):flower arrangements

The decorative elements of the tearoom are minimal, reflecting “wabi” aesthetics.
(茶室の装飾が最小限に抑えられているところに「わび」の美学があります。)

The guest’s entrance to the room, called “Nijiriguchi,” is small. The action of bowing one’s head through the door is said to reflect a “humble” spirit.
(「にじり口」と呼ばれる客人の入り口は小さく、頭を低くして入るところに「敬」の精神が反映されているといわれています。)

茶道の道具

(出典:茶匠 みのる園)

これが全てではありませんが、主に使われるものをご紹介します。

  • 茶器(chaki):tea utensils
  • 茶碗(chawan):tea bowl
  • 柄杓(hishaku):water ladle
  • 水差し(mizusashi):jug of water
  • 釜(kama):kettle
  • 風炉(fūro):brazier
  • 抹茶(matcha):powdered green tea
  • 茶筅(chasen):bamboo tea whisk
  • 茶杓(chashaku):tea scoop
  • 棗(natsume):container for powdered green tea
  • 建水(kensui):basin for used water
  • 懐紙(kaishi):paper sheet または paper napkin the guests bring with them など
  • 菓子楊枝/黒文字(kashi-yōji):pickers for Japanese confectionery
  • 扇子(sensu):folding fan

お茶のいただき方

以下に、茶席においての作法を簡単にご紹介します。流派によって細かな部分は異なります。

At the tea ceremony, you have to be careful not to step on the border of tatami (Japanese straw mat).
(茶席においては、畳のふちを踏まないように気をつけてください。)

Details of the etiquette can slightly vary between the different schools.
(作法は流派によってやや異なります。)

1. Sit in seiza style.
正座で座ります。)

2. Listen to the host’s greeting and respond by bowing.
(亭主の挨拶を聞き、お辞儀を返します。)

3. When the sweets is served, say “Osakini” to the next guest and bow once.
(お茶菓子を出されたら、次の客人に「お先に」と言って、お辞儀をします。)

4. Place the sweets on your kaishi (pre-inserted paper between your kimono collar) and eat them.
(お菓子を懐紙に取り、お菓子をいただきます。→ 予め着物の襟の間に入れておいた紙)

5. When the tea is served, say “Otemae chōdai itashimasu” to the host and bow once.
(お茶を出されたら、亭主に「御点前頂戴いたします」と言って、お辞儀をします。)

6. Lift the tea bowl with the right hand.
(右手でお茶碗を持ち上げます。)

7. Place the bowl on the left palm and hold it with the right hand.
(お茶碗を左の手のひらにのせ、右手を添えます。)

8. Turn the bowl clockwise two times to avoid having the front of the bowl .
(お茶碗を正面を避けて時計回りに2回まわします。)

9. Drink the tea quietly.
静かにお茶をいただきます。)

10. Finish the tea in three or four sips.
3口か4口くらいで飲みきります。)

11. Make noise at the last sip as you finish it.
(最後の1滴は、音を立てて吸いきります。)

12. Wipe the edge of bowl with your first finger and thumb.
(飲み口/お茶碗のふち を人差し指と親指で清めます。)

13. Clean your fingers with kaishi (paper sheet).
(指を懐紙で清めます。)

14. Turn the bowl counterclock-wise two times.
(お茶碗を反時計回りに2回まわします。)

15. Give back the bowl and bow once to express your thanks.
(お茶碗を戻し、感謝のお辞儀をします。)

16. Say “Kekko na otemae deshita” (it was a good tea) to the host.
(亭主に「結構な御点前でした。」と言います。)

The number of rotations of the tea bowl is different from schools.
(お茶碗をまわす回数は、流派によって異なります。)

If your legs go to sleep, it’s OK to sit in a relaxed position.
足が痺れたら、崩しても構いません。)

POINT

「足が痺れる」は、go numb, go to sleep, fall asleep などの表現があります。

最後に

いかがでしたでしょうか。
最近では、「茶道を体験してみたい」という外国人の方々も増えているそうで、日本の「侘び寂び」を紹介した本が海外でベストセラーになるなど、ますます日本文化は注目されています。
ご興味のある方は、英語で説明する日本のお菓子と和菓子 も書いておりますので、是非ご覧になってください。

Scroll to top