【ドイツ語】怒り・悲しみの表現

Posted in ドイツ語のコツ, ドイツ語学習

笑い・楽しみ のドイツ語表現 に続き、今回はドイツ語での怒り・悲しみの気持ちなどに関する表現をご紹介します。

ご興味のある方は、当サイトで ドイツ語クイズ(5000問) を出題しておりますので是非ご覧ください。

目次

怒りを表す単語

人の怒りを表す単語には、基本的に以下のものがあります。

怒っている・böse sein
・sauer sein
・wütend sein
・ärgerlich sein
怒る・sauer werden
・wütend werden
・sich ärgern
・sich aufregen
怒らせるjdn. böse machen

怒り

Sei mir nicht böse.
Ärgere dich nicht.
Reg dich nicht so auf!
(怒らないで。)

Bist du sauer?
(怒ってるの?)

Bist du mir noch böse?
まだ怒ってる?)

Warum bist du wütend?
(何で怒ってるの?)

Sie wurde wütend. / Sie ist nicht mehr böse.
(彼女は怒った。/ 彼女はもう怒っていない。)

Mach mich nicht böse!
(俺を怒らせるな。)

Es war nicht böse gemeint.
(悪気があって言ったんじゃないのよ。→ meinen「意図する」の過去分詞の形容詞用法で、「故意の」という意味)

Es ist ganz natürlich, dass sie ärgerlich ist.
(彼女が怒るのも至極当然だ。)

Er machte seinem Ärger Luft.
(彼は鬱憤を晴らした。)

Ich konnte meine Wut nicht unterdrücken.
(私は怒りを抑えることが出来なかった。)

Er wurde sauer, als er es hörte.
(彼はそれを聞いたとき不機嫌になった。)

Mein Vater war schon wieder böse auf mich.
またパパに怒られちゃった。)

Hast du Paul schon mal sauer gesehen?
(ポールが怒っているの見たことある? → 完了形とともに「以前に」を表す)

Ich wusste, dass du dich aufregen würdest!
(君は怒るだろうと思ってたよ。→ wissen の過去形

Er wird schnell böse. / Er zeigt immer offen seinen Ärger.
(彼はすぐ怒る。/ 彼はいつも露骨に怒りを表す。)

関連記事:【offen と öffnen の違い】ドイツ語トレーニング

POINT

・sich aufregen:焦る、興奮する、(口語) 憤慨する
・sauer:❶酸味のある、渋味のある ❷不機嫌な、腹を立てた
・wütend:❶激怒した、憤慨した ❷(述語用法なし) (感情・痛みなどが) 激しい
・meinen:❶〜と考える、判断する ❷〜するつもりである (英語の mean)
・ärgerlich:【形容詞】怒った、立腹した /【副詞】怒って、怒った様子で
・seinem Ärger Luft machen:感情をぶちまける
・unterdrücken:(怒り・不安などを) 抑える、(笑いを) こらえる、抑圧する、弾圧する、鎮圧する
・etw. offen zeigen:〜をあらわにする

悲しみを表す単語

人の悲しい感情を表す単語には、基本的に以下のものがあります。

悲しみdie Traurigkeit
悲しいtraurig
悲しむtrauern
嘆き悲しむklagen
泣くweinen
die Träne:涙
※ 通常は複数扱いですが、一滴の涙は単数扱い

悲しい気持ち

Sie machte ein trauriges Gesicht.
(彼女は悲しそうなをした。)

Aus seinen Augen strömten Tränen.
(彼の目から涙が溢れ出た。)

Deine Worte stimmen mich traurig.
(あなたの言葉は私を悲しい気持ちにさせる。)

Er trauert um seine verstorbene Frau.
(彼は妻が亡くなって悲しんでいる。)

Es ist traurig, dass man nichts ändern kann.
(悲しいことに、もう手の施しようがない。→「何も変えることができない」という意味)

Keine Worte können ihre tiefe Trauer lindern.
(どんな言葉も彼女の深い悲しみを和らげることは出来ない。)

Sie haben Freude und Leid miteinander geteilt.
(彼らは喜びも悲しみも分かち合った。)

Wenn man traurig ist, dann darf man weinen.
(悲しいときは泣いていいんだよ。)

Es ist schade, wenn jemand stirbt.
(誰かが亡くなったら悲しいものだ。→「残念なことだ」という意味)

Wie soll ich ihr die traurige Nachricht beibringen?
(彼女にどうやってその悲しい知らせを伝えたらいいだろう。)

Es wird noch lange dauern, bis sie über den Tod ihres Mannes hinwegkommt.
(彼女が夫の死の悲しみから立ち直るには、長い時間がかかるだろう。)

Zum Beispiel ist „Traurigkeit“ das Gegenteil von „Freude“.
(例えば、「喜び」の反対語は「悲しみ」です。)

Er versuchte, sich durch Arbeit von seinem Liebeskummer abzulenken.
(彼は仕事で失恋の悲しみを紛らわそうとした。)

Sie ertrug ihre Trauer, ohne eine einzige Träne zu vergießen.
(彼女は一滴の涙もこぼさずに悲しみに耐えた。)

Als er die traurige Nachricht hörte, brach er in Tränen aus.
(悲しい知らせを聞いて、彼は泣き崩れた。)

関連記事:【従属接続詞と語順】ドイツ語トレーニング

POINT

・die Träne:涙 (通常は複数扱いですが、一滴の涙は単数扱い)
・strömen:どっと流れ出る、流れ込む
・das Wort:語、単語 (この意味の場合の複数形は Wörter)
・die Worte (複数形):言葉、成句
・jdn. 様態 stimmen:人を〜の気持ちにさせる
・lindern:(痛み・苦しみ・悲惨な状態などを) 和らげる、軽減する、緩和する
・die Nachricht:知らせ、ニュース
・jdm. etw. beibringen:人に〜を教え込む、知らせる
・hinwegkommen:(困難・欠点などを) 克服する
・sich ablenken:(人・注意などを)そらす、紛らす、散らす
・jdn./etw. ertragen:耐える、我慢する
・ohne:〜なしで、〜を除いて、〜を入れずに
・einzig:唯一の、たった、ほんの、ひとつの
・Tränen vergießen:さめざめと泣く
・in Tränen ausbrechen:涙を誘われる (英語の be brought to tears)

Scroll to top