【ドイツ語】メールの書き方①/挨拶と近況

今回は、ドイツ語でメールやお手紙を書くときに使える基本的な表現「挨拶と近況」をご紹介していきます。

ご興味のある方は、当サイトで ドイツ語クイズ を出題しておりますので是非ご覧ください。

目次

メールの基本構造

ドイツ語のメールは、件名、呼びかけ、序文、本題、締めの文章と結びの挨拶、そして最後に自分の名前を入れます。

件名ひと目で分かるように簡潔に
呼びかけlieb または geehrt :間柄によって異なる
③ 序文小文字で書き始める:1〜2行がベスト
④ 本題読みやすいように段落を分ける
締めの文章「お身体にお気をつけて」「あなたの成功を願っています」など
結びの挨拶Mit bestem GrußViele Grüße など
⑦ 署名自分の名前を入れる

件名

簡潔に、そしてひと目で内容が分かるように、冠詞をつけずに書きます。

Glückwunsch!おめでとう!
Daniel ist da!ダニエルが生まれました!
Einladung zur Party bei unsパーティへのご招待
Danke für die Einladungご招待を有難う
Glückwunsch zur Eröffnungご開店のお祝い
Genesungswünscheお見舞い
Herzliches Beileidお悔やみ
Anfrageお問い合わせ
Bestellung注文
Bitte um Bestätigung des Vertrags契約書確認のお願い

呼びかけ / Anrede

呼びかけでは、liebgeehrt を使い分けます。

ドイツ語では、「親しい相手」の場合や、「特に親密ではない」または「面識のない相手 (会社や団体へのお問合せなど)」に対しての場合で、それぞれ呼びかけの書き方が異なります。

ドイツ語を習得するうえで必要不可欠なのはもちろんのこと、例えば DTZ (Deutsch-Test für Zuwanderer) のライティングパートにおいて、お題を与えられてメールを書くときに必ず押さえておかなくてはならない部分ですので、しっかりとマスターしていきましょう。

親しい相手

lieb は 英語の dear に相当し、「親愛なる . . . 様」を意味します。

相手が単独の場合

du の間柄だけでなく、「普段は Sie で話すけれどある程度打ち解けた相手」に対してもこの書き方になります。

男性(ポールさん)Lieber Paul,
女性(マリアさん)Liebe Maria,
かなり親しい場合Hallo, ●●!

複数人宛ての場合

男性と女性に宛てる場合は、女性を先に挙げます。

シュタイナーご夫妻Liebe Frau Steiner und lieber Herr Steiner,
Liebe Frau Steiner, lieber Herr Steiner,

複数の友人の場合

主語は常に ihr になります。

打ち解けた感じでの呼びかけLiebe Leute,
招待状 や 大事な報告などLiebe Freunde,

役職をつける場合

肩書きは名前と同じという考え方がありますので、肩書きを使った場合は名前を入れないのが一般的ですが、名前を入れる場合は、Dr. のように省略形を使います。

マイヤー医師Lieber Herr Dr. Meier,
医師Lieber Herr Doktor,

特に親密ではない または 面識のない相手

オフィシャルメールの場合の呼びかけです。geehrt を使えばまず間違いはありません。
(政財界の重鎮などには、より丁寧な verehrt が使われることもあります。)

男性(シュミットさん)Sehr geehrter Herr Schmidt,
女性(オストマンさん)Sehr geehrte Frau Ostmann,
医師(男性Sehr geehrter Herr Dr. Kroll,
名前を省略する場合Sehr geehrter Herr Doktor,
医師(女性Sehr geehrte Frau Doktor,
教授(男性Sehr geehrter Herr Professor,
役職を省略する場合Sehr geehrter Herr Prof. Junker,
教授(女性Sehr geehrte Frau Professor,
取締役(男性Sehr geehrter Herr Direktor,
大使(男性Sehr geehrter Herr Botschafter,
市長(男性Sehr geehrter Herr Oberbürgermeister,
司祭Hochwürdiger Herr Pfarrer,
牧師Sehr geehrter Herr Pfarrer,
貴族の称号Sehr geehrter Graf Heinrich,
住民の皆様へ (集合住宅)Sehr geehrte Bewohnerinnen und Bewohner

会社や団体へのお問い合わせ

初めてメールを出す場合や、相手を特定しない、またはお名前や性別が分からない場合など

お問い合わせなどのメールSehr geehrte Damen und Herren,

事務的な書類を不特定の人に出す場合

関係各位An alle, die es angeht,

書き出し(序文)

ドイツ語のメールでは、呼びかけのあとにコンマ「,」つけ、序文は小文字で書き始めるのがルールです。つまり、呼びかけと序文はひとつの文章になっているわけですね。

親しい相手

Lange nichts gehört! / Lange nicht gesehen!
(久しぶり!)

Wir haben schon lange nichts mehr voneinander gehört.
(久しぶりだね。→ 直訳:長い間お互いに連絡をしなかった)

Wie schnell die Zeit vergeht!
(時間が経つのは本当に早いね。)

Meine Antwort kommt ein bisschen spät! Sorry!
(お返事が遅れてごめんなさい!)

Es tut mir wirklich leid, dass ich mich so lange nicht mehr gemeldet habe.
(長い間連絡しなくてごめんね。)

Stimmt es, dass wir uns schon ein Jahr nicht mehr gesehen haben?
(もう一年も会ってないんだっけ。)

Jetzt ist es fast ein Jahr her, dass wir zusammen durch den Grand Canyon gewandert sind.
(一緒にグランドキャニオンに行ってから、もうすぐ一年になるね。)

Schön, dass du mal wieder schreibst.
(君から連絡があって良かった。)

Ich habe mich sehr über deine Mail gefreut.
(君からのメールはとても嬉しかったよ。)

Ich habe mich sehr gefreut, mal wieder etwas von dir zu hören.
(また君から連絡が来て、とても嬉しかったよ。)

Vielen Dank für Ihre Nachricht.
(メッセージをどうも有難うございます。)

Ich habe mit großer Freude Ihre E-Mail gelesen.
(あなたのメールをとても楽しく読ませていただきました。)

Das Paket ist gestern eingetroffen, wofür ich Ihnen herzlich danke.
(小包が昨日届きました、どうも有難う。)

関連記事:【関係副詞を徹底攻略】ドイツ語トレーニング

POINT

・voneinander:相互に、お互いに
・sich melden:連絡をとる
・eintreffen:着く、到着する
・herzlich:心からの、真心のこもった、思いやりのある

関連フレーズ

Bitte einschuldigen Sie die plötzliche E-Mail.
(突然のメールで失礼いたします。)

Ich möchte Ihnen die Mittteilung machen, dass . . .
(お知らせしたいことがありまして、. . . )

Darf ich gleich zur Sache kommen und Ihnen mitteilen, dass . . .
(早速ですが . . . → すぐに本題に入りますことをお許しいただき、お知らせいたしますが)

Ich muss Ihnen leider mitteilen, dass . . .
(あまり良いお知らせではありませんが . . . )

Entschuldigen Sie bitte die späte Antwort.
(お返事が遅くなり申し訳ありません。)

Ich bitte Sie um Entschuldigung, dass ich nicht schon früher von mir hören ließ.
(もっと早く連絡を差し上げるべきところ、申し訳ないです。)

Entschuldigen Sie bitte, dass ich Ihnen lange nicht geschrieben habe.
Entschuldigen Sie bitte, dass ich so lange (Zeit) nichts habe von mir hören lassen.
(長らく連絡をせずにすみません。→ ご無沙汰してすみません)

関連記事:【lassen】ドイツ語の助動詞をマスターする

POINT

・mitteilen:知らせる、報告する
・von sich3(Dat.) hören lassen:連絡をする

相手の近況を尋ねる

Wie sieht es bei dir/Ihnen aus?
(君は最近どう? / あなたの様子はどうですか?)

Wie sieht es bei euch aus?
(そちらの様子はどう?)

Was gibt es Neues bei dir/Ihnen?
(変わったことはある? / お変わりありませんか?)

Wie geht es Ihnen und Ihrer Familie?
(あなたとあなたのご家族はお元気ですか。)

Wie geht es euch denn in eurem neuen Haus?
(君たちの新しい家の住み心地はどう?)

Wie war eure Städtetour durch Kyoto?
(京都巡りツアーはどうだった?)

Was macht Ihre Erkältung? Geht es wieder besser?
(風邪の具合はどう? 良くなりましたか?)

関連記事:【疑問文のつくり方/疑問代名詞・疑問副詞】ドイツ語トレーニング

自分の近況を伝える

Bei mir/uns ist alles bestens.
(私は元気です。→ 順調です)

Es ist in diesen Tagen viel zu kalt für die Jahreszeit.
(ここ数日は、この時季にしては寒すぎるよ。)

Ich bin in letzter Zeit beschäftigt. / In letzter Zeit muss ich viele Überstunden machen.
(最近は忙しいです。/ 最近、残業がとても多くて。)

Jeden Monat mindestens einmal bin ich auf Geschäftsreise.
(月に一度は出張があるんだ。)

Das Studium ist anstrengend.
(勉強で疲れています。)

Ich fühle mich unwohl, da ich einen Fehler gemacht habe.
(仕事でミスをしてしまって落ち込んでいます。)

Ich bewege mich zu wenig, da ich immer vor dem Computer sitze.
(いつもパソコンの前にいるから運動不足だよ。)

Ich bin am Wochenende nach Kassel umgezogen.
(週末にカッセルに引っ越しました。)

Bitte vermerkt euch meine neue Anschrift:
(私の新しい住所を登録しておいてね。)

Sie lautet wie folgt:
(新しい住所は . . . )

Heute ist etwas Schönes passiert.
(今日は嬉しいことがあったの。)

Zurzeit bin ich in Füssen.
(今、フュッセンに来ています。)

Ich bin spontan für ein paar Tage nach Cebú geflogen, um mich zu entspannen.
(リフレッシュするために2、3日セブ島に行ってきました。)

Ich überlege mir zurzeit, mal wieder eine Marokkoreise zu machen.
(またモロッコを旅行しようかと考えているところなんだ。)

Es ist nun schon wieder über eine Woche her, seit der Sommerkurs in Berlin zu Ende gegangen ist.
(ベルリンでの夏季講座が終わってもう一週間が経ちます。)

In Tokio, wo ich wohne, stehen die Kirschbäume gerade in voller Blüte.
(私の住んでいる東京ではちょうど桜が満開です。)

In diesem Sommer kann ich leider nicht nach Deutschland kommen.
(あいにくこの夏はドイツへ行くことが出来ないんだ。)

関連記事:【nach】ドイツ語の前置詞を徹底攻略

POINT

・die Jahreszeit:季節、時季、四季のひとつ
・bewegen:動かす、移動する、(人を) 感動させる (英語の move) ※ sich bewegen で「動く」「運動する」の意味になります。
・anstrengend(形容詞) :疲弊させる、へとへとにする
・sich3(Dat.) etw. überlegen:〜について考える、検討する、熟考する
・umziehen:引越しをする
・lauten:①(文言などが) 〜となっている、〜と書かれている ②(auf etw.) 〜という内容である
・passieren:起こる、生じる
・spontan:自発的な、無意識的な、自然に起こる
・sich entspannen:休む、リラックスする
・in voller Blüte stehen:満開である

締めの文章

本文が終わったあとの締めの文章です。

Haben Sie noch einen schönen Tag!
(良い一日をお過ごしください。)

Ich wünsche Ihnen noch einen schönen Tag/Abend!
(素敵な一日 / 夜を過ごされますように)

Ich wünsche Ihnen ein angenehmes Wochenende.
(良い週末を過ごされますように。)

Haben Sie ein schönes Wochenende und erholen Sie sich vom Stress der letzten Tage.
(ここ数日の疲れをとって、良い週末をお過ごしください。)

Passen Sie gut auf sich auf!
(お身体に気をつけて。)

Genießen Sie den Sommer/Urlaub mit Ihrer Familie!
(ご家族と夏 / 休暇を楽しんでね!)

Ich freue mich schon auf euren Besuch!
(君たちが遊びに来てくれるのを楽しみに待っているよ。)

Guten Flug! Genießen Sie die Zeit in Ihrer Heimat.
(良いフライトを! 故郷で楽しい時間をお過ごしください。)

Einen schönen Gruß an Emily!
(エミリーに宜しくね。)

Bitte grüßen Sie Ihre Familie von mir!
(ご家族に宜しくお伝えください。)

Bitte richten Sie Ihrem Mann/Ihrer Frau „Schöne/Viele Grüße“ von mir aus.
(ご主人 / 奥様に宜しくお伝えください。)

Ich freue mich schon, wieder einmal etwas von dir zu hören.
(またあなたから連絡が来るのを楽しみにしています。)

関連記事:【von】ドイツ語の前置詞を徹底攻略

POINT

・etw. genießen:①(食べ物を) 口にする ②(自然・人生・休暇などを) 楽しむ
・sich erholen:元気を取り戻す、立ち直る
・aufpassen:気を付ける、注意する
・der Urlaub:(仕事をしている人の) 休暇
・grüßen:挨拶する (英語の greet)

結びの挨拶

締めの文章が終わったあとは、結びの挨拶を入れます。
以下にご紹介するものは、そのまま和訳してもしっくりこないかと思いますので、決まり文句として覚えてしまいましょう。

特に親しい相手

Liebe(r) で呼びかけた場合の結びの挨拶です。du はもちろん、Sie を使うけれども打ち解けている相手に使うことができます。

下にいくほど相手との距離が近く、親近感があるような表現になります。

  • Mit herzlichen Grüßen
  • Mit lieben Grüßen
  • Herzliche Grüße
  • Beste Grüße
  • Viele Grüße
  • Liebe Grüße
  • Bis bald!

Bis Samstag also bleibe ich mit herzlichen Grüßen
(では今度の土曜日に)

Auf Ihren Bescheid freut sich
(ご連絡を楽しみにお待ちしています)

特に親密ではない相手

オフィシャルメールで、Sehr geehrte(r) で呼びかけた場合の結びの挨拶ですが、親しい相手に使う人もいます。

一般的Mit freundlichen Grüßen / Mit freundlichem Gruß
資料請求・お問い合わせMit bestem Gruß / Mit besten Grüßen

署名

E-Mail の場合は、日本名の姓と名を識別しやすいように姓を全て大文字にするのがマナーです。

特にお互いよく知った間柄で、親近感を強調したい場合は、名前の前に「dein / deine」「Ihr / Ihre」「euer / eure」をつけます。

※ メールではなくお手紙の場合は、手書きで署名をしましょう。

オフィシャルメールYukiko TANAKA
プライベートメールYukiko Tanaka
dein/Ihr Taro


当サイトがお役に立ちましたら、ご支援いただけると励みになります。

Buy Me A Coffee

Scroll to top