【疑問文のつくり方/疑問代名詞・疑問副詞】ドイツ語トレーニング

今回は、ドイツ語の「疑問代名詞」と「疑問副詞」を使った疑問文のつくり方を学習していきましょう。

皆さんもご存知の「5W1H」などに代表される「疑問副詞」と「疑問代名詞」や、補足疑問文についても、例文をご紹介しながら解説していきます。

ご興味のある方は、当サイトで ドイツ語クイズ を出題しておりますので是非ご覧ください。

目次

疑問文の基本

疑問文には「決定疑問文」と「補足疑問文」とがありますが、この違いに加えて、特にドイツ語では語順に注意が必要です。

話法の助動詞による疑問文についての記事はこちら

決定疑問文

はい」または「いいえ」で答えられる疑問文のことを「決定疑問文」といいます。
助動詞 または 定動詞 が文頭にきます。

<ドイツ語の決定疑問文の基本>
・定動詞 + 主語 + (目的語など) ?
・助動詞 + 主語 + (目的語など) + 定動詞 ?

ドイツ語には、英語の do / does / did などにあたる言葉がありませんので、短縮することなく答える必要があります。

疑問文に否定語がない場合

Bist du Student? – Ja, ich bin Student.
(あなたは学生ですか? – はい、学生です。)

疑問文に否定語がある場合

相手の質問の内容を否定するときは、doch で答えます。

Gehst du nicht zur Schule heute?
(今日は学校に行かないの?)

Doch, ich gehe zur Schule heute.
(ううん、行くよ。)

Nein, ich gehe nicht zur Schule heute.
(うん、行かない。)

doch の使い方については、doch の使い方 で詳しくご紹介しています。

補足疑問文

「いつ」「誰が」など、不足している情報や知りたい情報を得るための疑問文のことを「補足疑問文」といいます。

ドイツ語の補足疑問文は、基本的に 疑問詞 (疑問副詞や疑問代名詞など)、定動詞、主語、目的語. . . と続きます。

<ドイツ語の補足疑問文の基本>
・疑問詞 + 動詞 + 主語 + (目的語など) ?

関連記事:【疑問文のつくり方/話法の助動詞】ドイツ語トレーニング

疑問代名詞

疑問代名詞は、知りたい情報が主語や動詞、目的語などの場合に用いられます。
前置詞とのセットが文頭にくることもあります。

was – 何

物や事柄を尋ねるときに使われます。

Was machst du jetzt?
(今何してるの?)

Was steht in der Broschüre?
(パンフレットには何が書いてあるの?)

関連記事:【stehen】ドイツ語の基本動詞をマスターする

wer – 誰

wer は、人を尋ねる補足疑問文をつくります。

Wer möchte Kaffee und Kuchen?
(コーヒーとケーキ欲しい人いる?)

Wer ist für den Bereich Verkauf zuständig?
(この売り場の責任者はどなたですか?)

POINT

・der Bereich:エリア、領域
・für etw. zuständig sein:〜に権限のある、責任のある(英語の be responsible for)

welche – どの

あるグループや選択肢の中から特定のものを尋ねるときに用いられます。
伴う名詞によって格変化しますので注意してください。

An welchem Tag möchten Sie kommen?
(何曜日に来られますか?)

Welche Nummer haben Sie?
(何番をお持ちですか?→ 何番ですか?)

Aus welcher Gegend kommt diese Keramik?
(この焼物はどの地方のものですか?)

Welcher Wahnsinnige versteckt denn eine Knarre im Wäschewagen?
(洗濯物のカゴに銃を隠している変人は誰だ?)

POINT

・die Gegend:一帯、地域、地区
・die Keramik:焼物、陶磁器
・wahnsinnig:狂気の、(人・目つき・笑いなどが)気の狂った
・verstecken:隠す、秘密にする

was für – どのような

人や物事の種類や特性などを尋ねる場合に使われる疑問詞です。

Was für einen Strauß möchtest du?
(どんなブーケがいい?)

Was für Träume hattest du als Kind?
(子供の頃、どんな夢を持っていた?)

Was für ein Ring wurde Ihnen denn gestohlen?
(盗まれたのはどんな指輪ですか?)

関連記事:【ドイツ語】トラブルに関する動詞をマスターする

POINT

・der Strauß:花束、ブーケ
・der Traum:夢
・stehlen:盗む、奪う

疑問副詞

疑問副詞は、時、場所、方法、理由などを尋ねるときに用いられます。

wann – いつ

時を尋ねる疑問詞です。「Wann 〜?」と聞かれたら、日にちや時間を表す副詞句を使って答えます。

Wann hast du Geburtstag? – (Ich habe) am 21. Juni (Geburtstag).
(お誕生日はいつなの? – 6月21日です。)

Wann fahren Sie nach München?
(いつミュンヘンに行かれるのですか?)

Wann warst du im Konzert?
(いつコンサートに行ったの?)

Wann seid ihr zuletzt nach Schweiz gereist?
(この前に君たちがスイスに旅行したのはいつ?)

POINT

・zuletzt:一番最後に

wo – どこで

場所を尋ねる疑問詞のひとつで、ある地点について尋ねるときに使います。

Wo wohnen Sie?
(お住まいはどちらですか?)

Wo haben Sie studiert?
(どの大学で学ばれたのですか?)

Wo bis du schon gewesen?
(これまでどんなところに行ったことがあるの? → 旅行などで)

Wo kann ich gut einkaufen?
(いいお買い物ができるのはどこかしら。)

関連記事:【ドイツ語】お買い物に関する動詞をマスターする

wohin – どこへ

行き先や目的地を尋ねる疑問詞です。

Wohin gehst du?
(どこに行くの?)

Wohin soll ich den Schrank stellen?
(この棚をどこへ置こうか?)

Wie heißt das Restaurant, wohin du oft gehst?
(あなたがよく行くレストランは何という名前ですか?)

※ 口語では、wohin を離して用いられることがあります。

Wo gehst du jetzt hin?
(どこに行くの?)

関連記事:【gehen】ドイツ語の基本動詞を攻略する

woher – どこから

出身や出どころなどを尋ねるときの疑問詞です。

Woher kommen Sie? – Ich komme aus Kanada.
(ご出身はどちらですか? – カナダです。)

Woher hast du das?
(それをどこで手に入れたの?)

Woher kennt ihr euch?
(君たちが出会ったきっかけは何だったの?)

関連記事:【wissen・kennen・verstehen の違い】ドイツ語トレーニング

wie – どのように

時間、方向、程度、様態などを表す語を伴って尋ねる疑問詞です。

Wie geht es dir?
(ご機嫌いかが? → 決まり文句)

Wie lange dauert die Sendung?
(その番組の長さはどれくらいですか?)

Wie viel kostet es bis zum Bahnhof?
(駅までおいくらですか?)

Bis wie viel Uhr muss ich mich anmelden?
(何時までにチェックインする必要がありますか?)

関連記事:【anmelden】ドイツ語の分離動詞を攻略する

POINT

・dauern:(時間などが)かかる、要する、続く
・die Sendung:放送、番組
・sich anmelden:チェックインする

warum – なぜ

Warum kommst du nicht mit? – Weil ich sehr müde bin.
(どうして一緒に来ないの? – すごく疲れているの。)

Warum bleibt er heute zu Hause?
(どうして彼は今日家に残っているの?)

関連記事:【理由・根拠を表す接続詞】ドイツ語トレーニング

POINT

・mitkommen:一緒に行く、来る
・bleiben:(同じ場所に)留まる、居る、残る、滞在する

感嘆文

waswas für wie などは、英語の「What a 〜!」と同じように、感嘆文でも用いられます。

Was Sie alles wissen!
(あなたは何でも知っていますね。)

Was für ein riesiger Hund!
(何て大きな犬なの!)

POINT

・riesig:大きな、巨大な

Scroll to top