【きちんと】tidy・neat・orderly・properly の違いと使い方

Posted in 英語力強化, 英語学習

英語で「きちんと」を表す tidy、neat、trim、in order、properly、rightly、regularly などの違いと使い方を、例文とともにご紹介していきます。

ご興味のある方は、当サイトで 英語クイズ(5000問) を出題しておりますので是非ご覧ください。

目次

「きちんと」を表す英単語いろいろ

tidyneat は、「整理整頓されている」「身だしなみがきちんとしている」という意味では入れ替えが可能ですが、敢えて使い分けるとしますと、neat は 口語では「かっこいい」「素敵」などの意味がありますが、tidy にはこれがありません。

日本語にも「整理整頓」「明るくて元気な」のように、英語でも “neat and tidy” や “far and away“、”bright and breezy” など、似たような意味の単語を組み合わせてその意味を強調することがよくありまして、これには「おさまりの良いリズムや語感」といった側面もあるようです。

tidy / tidilyお部屋や机の上などが
整理整頓されているというニュアンス
neat / neatly余計なものがなくさっぱりとしている
「かっこいい」「素敵」などの意味もある
trim外観の手入れが行き届いているという意味
in order / orderly整然としている、順番通りである
straight部屋などが片付けられていることを表す
ややカジュアルな表現
organized考えや情報などが整理されている
行事や会議などがよく準備されている
properlycorrectly と同義で、
「正常に」「適切に」のニュアンス
rightly道理的に「正しく」のニュアンス
regular / regularly定期的に、規則正しく

それぞれの例文を見ていきましょう。

tidy / tidily

tidy は、全てが適切な場所にきちんと配置されていることを表し、お部屋や机の上などが整えられていて清潔であることを意味します。

人に用いると、髪型や服装などが手入れされていて小綺麗であることを表しますが、「身だしなみがきちんとしている」の意味では well(-)groomed がよく使われます。

She likes to keep her room tidy.
(彼女は部屋をきちんとしておくのが好きだ。)

Keeping your desk tidy will improve your work performance.
(机の上をきちんとしておくと、仕事の能率が上がる。)

I want to clean my room, but I still have too many things in it to be tidy.
(部屋を掃除したいが、片付けるにはまだ物が多すぎる。)

Keeping your appearance tidy means that you are showing respect for the people you meet.
(身だしなみを整えることは相手に敬意を払うことです。)

She wrapped the sandwich tidily in a plastic wrap.
(彼女はサンドウィッチをラップできちんと包んだ。)

He is a well-groomed, nice person.
(彼は身だしなみがきちんとしていて素敵な人だ。)

関連記事:look up to・admire・respect 「尊敬する」の英語の違いと使い方

POINT

・appearance:外見、外観、見せかけ、出現
・groom:【名詞】新郎、花婿 /【他動詞】(髪や衣服などを) 整える

neat / neatly

neat は、余計な物がなくさっぱりとしていることや、見た目が良くなるように整理されている状態を表す語で、人に用いると「身だしなみがきちんとしている」「綺麗好きである」という意味になります。

Keep your room neat and tidy.
(お部屋をきちんと片付けておきなさい。)

He neatly arranged the books on the shelves.
(彼は本を棚にきちんと並べた。)

She is always neat and clean.
(彼女はいつも身なりと整えて清潔にしている。)

He is a really neat person.
(彼は本当にきちんとした人だ。→ 身だしなみや仕事の仕方、性格などを含む)

I have seen the differences between neat people and sloppy people.
(きちんとした人とだらしない人の違いを見てきました。)

Her clothes are all neatly folded in their drawers.
(彼女の服は引き出しの中にきちんとたたまれています。)

ほかに、口語では「かっこいい」「素敵」などの意味もあります。

What a neat car you have!
(何てかっこいい車なの!)

It would be neat if parallel worlds really existed.
(パラレルワールドが本当に存在したらすごい。)

POINT

・sloppy:いい加減な、手抜きの、だらしない
・fold:折りたたむ、折り曲げる

trim

trim は、「手入れの行き届いた」という意味で、髪の毛やお庭の芝生など、不要な部分などを切り取ったり刈り取ったりして見た目が綺麗に整えられているときに使われます。

The garden has trimmed lawns and neat flower beds.
(その庭には整えられた芝生と手入れの行き届いた花壇があります。)

You look very trim and healthy. Do you play any sports?
(とても引き締まって健康そうだね。何かスポーツしているの?)

POINT

・lawn:芝生(の土地)
・flower bed:花壇

in order / orderly

in order は、場所や物がきちんと整頓されている、順番通りであることを表す一般的な語で、比較的大量にある雑多なものを整理するイメージです。

A checklist helps put your affairs in order.
(チェックリストは物事を整理するのに役立ちます。)

He has his files in alphabetical order
(彼はファイルをアルファベット順に並べている。)

She told me to keep the place in good order.
(きちんと整理整頓しておくようにと彼女に言われたんだ。)

The bedroom seemed neat and orderly at first glance.
(一見すると、寝室はきちんと片付けられてるように見えました。)

関連記事:「〜に見える」の seem と look の違いって何?

POINT

・affair:❶(公的な) 事態、仕事 ❷(単数で) 出来事、事件 ❸浮気、(不倫の) 関係
・glance:【名詞】ちらりと見ること、一瞥 /【自動詞】ちらりと見る、さっと見る

straight

straight は日本語の「ちゃんと」のようなやや口語的な表現で、通例叙述用法で使われます。

Sit up straight.
(きちんと座りなさい。)

Keep/Put/Set your room straight.
(お部屋をきちんと片付けておきなさい。)

It took me two hours to get the house straight.
(家を片付けるのに2時間かかった。)

organized

organized考えや情報などが良く整理されていることや、準備がよく行われていることを意味します。

The party was well organized.
(そのパーティはきちんと準備されていた。)

The documents had been placed in organized piles.
(その書類はきちんと整理された山に置かれていた。)

He is a responsible and highly organized person.
(彼は責任感があってとてもきちんとした人です。)

POINT

・pile:(同種の) 山、積み重ね
・responsible:頼りになる、しっかりしている

properly

properlycorrectly とほぼ同義で「正常に」「適切に」を表し、正解に沿って「きちんとしている」という意味で用いられます。

She speaks English properly.
(彼女はきちんとした英語を話す。)

My computer is not working properly.
(コンピュータがきちんと動作しない。)

He obviously didn’t read the email properly.
(彼は明らかにメールをきちんと読んでいなかった。)

The door of the closet doesn’t shut properly.
(このクローゼットのドアはきちんと閉まらない。)

Here are some tips on how to iron a shirt properly.
(シャツにきちんとアイロンをかけるヒントをいくつかご紹介します。)

You should take it somewhere to have it repaired properly as soon as possible.
(どこかへ持って行って出来るだけ早くきちんと修理してもらったほうがいいよ。)

POINT

・obviously:❶当然ながら、言うまでもないが ❷明らかに
・repair:【他動詞】修理する、修繕する、(関係・評判・状況などを) 修復する /【名詞】❶(物の) 修理 ❷(細胞や組織などの) 回復

rightly

rightly は、道徳的または個人の解釈で「きちんと」「正しく」という意味で用いられます。説明や記憶など、その正しさに個人差がある場合にも rightly が使われます。

His quote perfectly sums up acting rightly.
(彼の名言は、きちんと行動することについて完璧にまとめています。)

As you use it longer, it will more rightly/comfortably fit in your hands.
(使い込むほどに手にきちんと馴染んできます。)

If I remember rightly/correctly, we should turn right at the corner.
(私がきちんと覚えているとすれば、そこの角で右に曲がるはずです。)

関連記事:【英語】「思い出す・覚えている」の表現 ー remember と remind の違い

POINT

・quote:【動詞】(人・作品・書物から語句・言葉などを) 引用する /【名詞】引用文
・sum up:❶合計する ❷要約する

regular / regularly

regular は、「規則的」という意味で、これも「きちんと」を表すことができます。

Her breathing became regular.
(彼女の呼吸はきちんとしてきた。)

Are your bowel movements regular?
(きちんと便通はありますか?)

She visited him in the hospital regularly every weekend.
(彼女は毎週末きちんと病院へ彼のお見舞いに行った。)

POINT

・bowel movement:(かたく) 排便、便通

Scroll to top