【trotz と trotzdem の違い】ドイツ語トレーニング

ドイツ語で「〜にもかかわらず」を意味する「trotz」と「trotzdem」。見た目も似ているし、何だか入れ替えも出来そうに感じられますが、この2つは品詞も使い方も全く異なります。

今回は trotztrotzdem、そして obwohl を例文とともにご紹介していきますので、この機会にマスターしていただければと思います。

ご興味のある方は、当サイトで ドイツ語クイズ を出題しておりますので是非ご覧ください。

目次

trotz と trotzdem の違い

trotztrotzdem の最大の違いは、trotz は「前置詞」で、trotzdem は「副詞」または「従属接続詞」であることです。

従属接続詞 とは、「副文」を導いて主文の情報を補う働きをする接続詞のことです。

・trotz:2格(Gen.)または3格(Dat.)の名詞を伴って、「〜にもかかわらず」を表す

・trotzdem:「副詞」または「従属接続詞」で、「それにもかかわらず」を表す

trotz の使い方

trotz は前置詞ですので名詞を伴います。文法上は2格(Gen.)が正しいのですが、最近では3格(Dat.)が使われることが多くなっています。

「〜にもかかわらず」のほかに、「〜に反して」「〜を無視して」などの訳語があてられることもあります。

Trotz des Regens gehe ich ans Meer.
(雨にもかかわらず私は海へ行く。)

Trotz der Kälte spielen die Kinder draußen.
(寒さをものともせず子供たちは外で遊んでいる。)

Trotz aller Bemühungen blieb er erfolglos.
(ひたすら努力したにもかかわらず、彼は成功しなかった。)

Trotz einiger Fehler in Grammatik finde ich den Aufsatz inhaltlich sehr gut.
(文法ミスがいくつかあるけれど、作文の内容はとても良いと思います。)

関連記事:【bleiben】ドイツ語の基本動詞をマスターする

POINT

・die Bemühung:努力、奮闘、頑張り
・bleiben:滞在する、とどまる、〜のままである
・erfolglos:効率の悪い、無駄の多い、失敗した
・die Aufsatz:(学生に課される) レポート、作文、小論文

trotzdem の使い方

trotzdem には、「副詞の用法」と「接続詞の用法」があります。

・副詞:「それにもかかわらず」「それなのに」
・従属接続詞:「〜であるにもかかわらず」という副文を形成し、その内容を主文につなげる

副詞の用法

前提となる先行文があり、「それ」にあたる部分を trotzdem で導く、といった感じで、英語の anyway のような「とにかく」に似たニュアンスがあります。
副詞は文の要素となりますので、定動詞の位置に注意してください。

trotz のところで登場した「雨にもかかわらず私は海へ行く」を、trotzdem の「副詞の用法」と「接続詞の用法」とで書き換えると、以下のようになります。

Es regnet, trotzdem gehe ich ans Meer.
(雨が降っているが、それでも私は海へ行く。)

関連記事:【Meer と See の違い】ドイツ語トレーニング

従属接続詞の用法(口語的)

この用法の場合は、obwohl のほうが一般的です。(のちほどご説明します。)
従属接続詞により導かれた副文は文の要素となるため、主文の定動詞が副文のあとに置かれています。

Trotzdem es regnet, gehe ich ans Meer.
(雨にもかかわらず、私は海へ行く。)

※ 従属接続詞については、当サイトの 従属接続詞と語順 で詳しくご説明しています。

trotztrotzdem の違いについてご理解いただけましたでしょうか? 仕上げに練習問題を解いてみましょう。

練習問題

次のカッコ内に、trotztrotzdem のいずれかを入れて文章を完成させてください。
下の「解答」をクリックしますと、正解を表示できます。

声に出して繰り返し練習してみてください。

A. Mein Vater trank weiter Alkohol, (  ) des Ratschlags seines Arztes.

B. Sie hatte (  ) die Hoffnung nicht aufgegeben.

C. Er hatte hohes Fieber, (  ) wollte er seinen Vater abholen.

D. (  ) der Lawinenwarnung benützte er die Straße.

E. Ich sagte ihr, sie solle es lassen, aber sie hat es (  ) gemacht.

F. (  ) des schlechten Wetters kamen viele Zuschauer.

G. (  ) ihre Gegnerin noch unerfahren war, hat sie das Spiel verloren.

H. Alle sagen, man sollte es lassen. (  ) habe ich es versucht.

I. Er kam, (  ) er krank war.

解答

A. trotz/医者の忠告に反して、父はお酒を飲み続けた。
B. trotzdem/それでも彼女は希望を諦めてはいなかった。
C. trotzdem/彼は高熱だったが、それにもかかわらず父親を迎えに行こうとした。
D. Trotz/雪崩の警告にもかかわらず、彼はその道を使った。
E. trotzdem/放っておきなさいと言ったのですが、それでも彼女はそれをしました。
F. Trotz/悪天候にもかかわらず、多くの観客が訪れました。
G. Trotzdem/相手はまだ経験が浅かったにもかかわらず、彼女は試合に負けってしまった。
H. Trotzdem/皆はやめたほうがいいと言っているのに、それでもやってしまった。
I. trotzdem/彼は体調が悪かったにもかかわらずやって来た。

obwohl

trotzdem のほかに、「〜にもかかわらず」として使われる従属接続詞に obwohl があります。
この意味で使う接続詞としては、trotzdem よりも obwohl のほうが一般的です。

Obwohl er sich der Gefahr bewusst war, passte er nicht auf.
(彼は危険を認識していたにもかかわらず、注意を払っていなかった。)

Obwohl er hat sich am Knie verletzt, gewann er die Goldmedaille.
(彼はひざを痛めていたにもかかわらず、金メダルを獲得した。)

Obwohl ich die Antwort wusste, war ich zu gehemmt, meine Hand zu heben.
(答えは分かったが、気後れして手を挙げることが出来なかった。)

関連記事:【従属接続詞と語順】ドイツ語トレーニング

POINT

・die Gefahr:危険、危機
・sich etw2(Gen.) bewusst sein:〜に気付いている
・aufpassen:注意を払う、面倒を見る
・gehemmt:hemmen「(人などが〜するのを)抑制する・やめさせる」の過去分詞の形容詞用法です。
・heben:(人が体の一部を)上げる、(人や物を)持ち上げる


当サイトがお役に立ちましたら、ご支援いただけると励みになります。

Buy Me A Coffee

Scroll to top