【aufpassen】ドイツ語の分離動詞を攻略する

「注意を払う」「気を配る」などを意味する分離動詞 aufpassen や 類義語の achtenbeachten の使い方を例文とともにご紹介しています。

ご興味のある方は、当サイトで ドイツ語クイズ を出題しておりますので是非ご覧ください。

目次

aufpassen の基本概念

aufpassen は、「気を付ける」の意味では最もよく使われる語で、人や物に注意を向けて、大切に扱ったり危害が及ばないように気を配るときに使われます。

aufpassen の基本の活用形

助動詞haben 支配
1人称passe auf
親称 dupasst auf
er / sie / espasst auf
2人称複数 ihrpasst auf
親称 du 過去形passtest auf
過去形passte auf
ihr 過去形passtet auf
過去形複数passten auf
過去分詞aufgepasst
zu 不定詞aufzupassen

注意を払う

Pass auf, dass die Soße nicht anbrennt!
(ソースが焦げないように気をつけて。)

Pass auf, dass du die Vase nicht fallen lassen.
(花瓶が落ちないように気をつけて。)

Du musst auf die Autos aufpassen.
(車には注意しないといけないよ。)

Pass bitte auf, wenn du im Schnee fährst.
(雪の中を走るときは気をつけてね。)

Er passte auf, dass ihm nichts entgeht.
(彼は何一つ聞き逃すまいと注意を払っていた。)

In der Schule musst du aufpassen.
(学校では先生の話をちゃんと聞きなさい。)

Weil der Boden glatt ist, ist es gefährlich, also pass auf.
(床がつるつる滑って危ないから気をつけて。)

Ich werde es nicht zweimal sagen, also pass lieber auf!
(一度しか言わないから、よく聞くんだよ。)

Bei Lebensversicherungen muss man ganz genau aufpassen. Da kann man viel Geld verlieren.
(生命保険の契約にはきちんとした注意が必要だよ。お金を損する場合もあるからね。)

関連記事:【並列接続詞と語順】ドイツ語トレーニング

POINT

・anbrennen:火を付ける、(お鍋に) 焦げ付く
・die Vase:花瓶
・sich3(Dat.) etw. entgehen:(話、物などを)聞き逃す、見落とす
・glatt:滑らかな、つるつるした、円滑な
・gefährlich:危険な、危険の伴う
・die Lebensversicherung:生命保険
・verlieren:(人や貴重なものを)失う、失くす、紛失する、(試合や競争などで)負ける

気を配る

Ich passe auf, ob es gutes Fachbuch für dich gibt.
(君のためにいい参考書がないか気をつけておくよ。)

Kannst du mal kurz auf meine Tasche aufpassen?
(ちょっと私のバッグを見ておいてくれる?)

Warum bist du denn nicht mitgegangen? – Ich musste auf das Haus aufpassen.
(どうして一緒に行かなかったの? – 家の留守番をしなくちゃいけなかったんだ。)

POINT

・das Fachbuch:教科書、専門書
・auf das Haus aufpassen:留守番をする

achten

achten は、aufpassen と同じ自動詞で、聞き逃したり、見過ごしたりしたくないものや、今まで注意を払っていなかったけれど集中したいこと、危険や不利益を回避するために気を配る場合などに用いられます。

また、achten は「尊重する」「尊敬する」の意味もあります。

achten の基本の活用形

助動詞haben 支配
1人称achte
親称 duachtest
er / sie / esachtet
2人称複数 ihrachtet
親称 du 過去形achtetest
過去形achtete
ihr 過去形achtetet
過去形複数achteten
過去分詞geachtet

achten の例文

Er achtet sehr auf ihr Äußere(s).
(彼は見た目に非常に気を遣っている。)

Kannst du auf das Kind achten?
(この子を見ていてくれる?)

Ich muss darauf achten, mein Gewicht zu halten.
(私は体重を維持するように気をつけなければならない。)

Der Lehrer achtete darauf, neutral zu bleiben und für niemanden Partei zu nehmen.
(先生は常に中立で誰もえこひいきしないように注意を払った。)

Man soll alte Leute achten.
(お年寄りには敬意を払うものだ。)

Ich achte ihn als großen Musiker.
(私は彼を偉大な音楽家として尊敬しています。)

関連記事:【halten】ドイツ語の基本動詞をマスターする

POINT

・auf etw. achten:気をつける、心に留める、注意する、配慮する
・das Äußere(s):外観、外側、外見
・für jdn Partei ergreifen/nehmen:〜の味方をする
・neutral:不偏不党の、公平な

beachten

beachten は、achten と同義で用いられますが、4格目的語を伴う他動詞です。「注意を払う」のほかに「規則などを守る」という意味もあります。

beachten の基本の活用形

助動詞haben 支配
1人称beachte
親称 dubeachtest
er / sie / esbeachtet
2人称複数 ihrbeachtet
親称 du 過去形beachtetest
過去形beachtete
ihr 過去形beachtetet
過去形複数beachteten
過去分詞beachtet

beachten の例文

Er beachtet mich nicht.
(彼は私を無視する。)

Beachten Sie die Anleitung.
(取扱説明書をお読みください。)

Er hat die Verkehrsregeln nicht beachtet.
(彼は交通規則に従わなかった。)

Sie beachtete sein Geschenk überhaupt nicht.
(彼女は彼からのプレゼントにまったく興味を示さなかった。)

Im Hinblick auf das Problem sind einige Dinge zu beachten.
(この問題について考慮しなければならない点がいくつかあります。)

関連記事:【前綴り be-】ドイツ語の動詞を攻略する

POINT

・die Anleitung:手引き、説明書き、取扱説明書、ガイダンス
・die Verkehrsregel:交通規則
・überhaupt:①全く、すっかり、完全に、概して ②(疑問・非難を強めて) 一体全体、そもそも
・im Hinblick auf etw.:〜を考慮して


当サイトがお役に立ちましたら、ご支援いただけると励みになります。

Buy Me A Coffee

Scroll to top