【ドイツ語】メールの書き方 − お願い・依頼

Posted in ドイツ語のコツ, ドイツ語メール, ドイツ語学習

ドイツ語でメール「お問い合わせ」 に続き、ドイツ語でお願い依頼のメールやお手紙を書くときに使える基本的な表現をご紹介していきます。

ご興味のある方は、当サイトで ドイツ語クイズ(5000問) を出題しておりますので是非ご覧ください。

目次

メールの基本構造

ドイツ語のメールは、件名、呼びかけ、序文、本題、締めの文章と結びの挨拶、そして自分の名前 を入れます。

① 件名ひと目で分かるように簡潔に
② 呼びかけlieb または geehrt :間柄によって異なる
③ 序文小文字で書き始める:1〜2行がベスト
④ 本題読みやすいように段落を分ける
⑤ 締めの文章「お身体にお気をつけて」「あなたの成功を願っています」など
⑥ 結びの挨拶Mit bestem GrußViele Grüße など
⑦ 署名自分の名前を入れる
POINT

ドイツ語のメールでは、呼びかけのあとにコンマ「,」つけ、序文は小文字で書き始めるのがルールです。

↓ 件名結びの言葉 など、ドイツ語メールの基本的な書き方についてはこちら

決まり文句

頼み事を切り出すときの表現です。

Ich hätte eine kleine Bitte.
(ちょっとお願いがあるの。)

Ich würde dich gern(e) um etwas bitten.
(お願いしたいことがあるんだ。→ 英語の something と同義)

Dürfe ich dich vielleicht um einen Gefallen bitten?
(君に頼み事をしてもいいかな?)

Ich bräuchte unbedingt deine Hilfe.
是非とも君の助けが必要なんだ。)

Ich würde dich gern(e) um Rat fragen.
(あなたに助言して欲しいことがあるの。)

Heute schreibe ich dir mit einer persönlichen Bitte.
(今日メールを書いたのは個人的な頼み事があるからなの。)

Wieder einmal schreibe ich dir mit einer Bitte.
(ひとつお願いがあってまたメールを書いています。)

Weißt du vielleicht eine Lösung?
(何か解決策はあるかな?)

Es wäre nett, wenn du mir deine Gedanken dazu schreiben könntest.
(これについて君の考えを書いてくれたら有難いんだけど。)

Das würde mir sehr helfen.
(そうしてくれるととっても助かるんだけど。)

Ganz lieben Dank für deine Mühen.
面倒をかけてしまうけれど、とっても感謝しています。)

Das war wirklich ein ausgezeichneter Tipp von dir.
(あなたの助言は本当に素晴らしかったわ。)

関連記事:【ドイツ語】メールの書き方/お礼・感謝

POINT

・der Gefallen:親切な行為、手助け
・persönlich:個人的な、私的な、自分自身の

控えめに依頼する

皆さんも、誰かに何かをお願いするときに「面倒でなければ」や「もし可能であれば」などを添えていらっしゃると思いますが、ドイツ語では以下のような言い方が出来ます。

Wäre es möglich, . . . zu 〜?
(〜してもらうことは可能でしょうか。)

Sag also ruhig, wenn dir das zu viel ist.
(もし無理なら遠慮なく言ってね。)

Hoffentlich ist das nicht zu viel verlangt.
(無理な注文でなければいいんだけど。)

Aber nur, wenn dir das nicht zu viel Aufwand ist.
(でもあまり面倒でない場合だけ、ってことで。)

Wäre es zu viel verlangt, wenn ich Sie bitte, . . . zu 〜 und mir zu helfen?
(私が〜して手助けして欲しいと頼んだらご迷惑でしょうか。)

関連記事:【接続法2式を徹底攻略】ドイツ語トレーニング

POINT

・der Aufwand:面倒、労力、消費
・verlangen:要求する、請求する

〜してもらえるかな

Ich fahre mit dem ICE in München um 13.45 Uhr ab und komme dann um 14.07 Uhr in Augsburg an. Kannst du mich vom Bahnhof abholen?
(ミュンヘンから1時45分のICEに乗って、2時7分にアウクスブルクに着くよ。駅まで迎えに来てもらえるかな?)

Wäre es dir vielleicht möglich, mir beim Umzug am Samstag, 3. 5. zu helfen?
(5月3日の土曜日に引越しのお手伝いをしてもらうことは可能かな。)

Wenn es dir nicht ausmacht, kannst du morgen bei mir vorbeikommen?
(面倒でなければ、明日私の家に寄ってもらえるかな。)

Ich habe einen kaputten Plattenspieler. Kannst du den reparieren?
(レコードプレーヤーが壊れているんだけど、修理してもらうことは可能?)

Ich möchte dich bitten, einen kritischen Blick auf den deutschen Text zu werfen und sprachliche Fehler zu korrigieren.
(ドイツ語の文をざっと見て、ミスを訂正して欲しいの。)

Ich verstehe die juristische Fachsprache nicht ganz so gut. Deshalb möchte ich dich bitten, den Vertrag einmal durchzusehen und mir zu sagen, ob damit alles in Ordnung ist.
(法律用語がよく分からなくて。だから一度契約書に目を通して、問題が無いか教えてもらいたいんだ。)

Ich befürchte, dass ich nicht alles verstehen kann, was der Arzt sagt. Wäre es möglich, mich zu begleiten und mir zu helfen?
(お医者さんの言葉を全て理解できないんじゃないかと不安なの。もし可能なら同行して助けてもらえないかな。)

関連記事:【人称代名詞】ドイツ語トレーニング

POINT

・jdn./etw. abholen:(用意されたものを) 受け取りに行く、(人を) 迎えに行く(来る)
・der Umzug:引越し
・jdm. etwas/nichts ausmachen:影響を及ぼす/及ぼさない → 気にならない
・vorbeikommen:❶立ち寄る、通りかかる ❷通過できる、避けて通る
・auf etw. einen Blick werfen:ざっと見る、目を通す、視線を向ける
・juristisch:法律の、法律上の
・die Fachsprache:専門用語
・deshalb:それだから、そのために (deswegen も同様に使えます)
・etw. befürchten:〜を恐れる、懸念する
・jdn./etw. begleiten:❶同行する、同伴する ❷伴奏をつける ❸〜に伴う

〜を教えて欲しい

Was muss man dabei hier in Deutschland beachten?
(こういうとき、ドイツでは何に気をつければいいの?)

Ich freue mich über jede Nachricht.
(どんなことでも情報をもらえたら嬉しいです。)

Kennst du ein gutes italienisches Restaurant?
(いいイタリアンレストランを知らない?)

Kannst du mir einen Laden sagen, der ●●(4格/Akk.) verkauft?
(●●が売っているお店を知ってたら教えてもらえるかな。)

Ich möchte Schachspielen lernen. Kannst du mir das nicht beibringen?
(チェスを覚えたいんだけど、教えてくれるかな。)

Kannst du mir ein paar Tipps geben, wie man sich auf Prüfungen vorbereitet?
(試験の準備をどうしたらいいか、いくつかアドバイスをくれないかな。)

Wenn du eine gute Website kennst, die ●●(4格/Akk.) erzählt, empfiehlst du mir bitte eine Internetadresse.
(もし●●を説明している良いウェブサイトがあったら、アドレスを教えて欲しいんだけど。)

Hast du vielleicht einen Bekannten, der sich mit Computern auskennt und sich den Rechner von mir einmal ansehen könnte?
(あなたのお知り合いに、私のパソコンを見てくれそうなコンピュータに詳しい人はいる?)

Unser Abteilungsleiter hat mich zu einer Grillparty bei sich zu Hause eingeladen. Was soll ich ihm und seiner Frau bloß mitbringen?
(会社の部長が自宅でのバーベキューパーティに僕を招待してくれたんだ。何を持って行ったらいいと思う?)

Kann man ●●(4格/Akk.) im Geschäft zurückgeben oder umtauschen? Wie ist das in Deutschland geregelt?
(●●はお店で返品もしくは交換してもらえるのだろうか。ドイツではどんな決まりになっているの?)

関連記事:【wissen・kennen・verstehen の違い】ドイツ語トレーニング

関連記事:【bloß の使い方】ドイツ語トレーニング

POINT

・jdm. etw. beibringen:人に〜を教える、それとなく知らせる、上手に伝える
・sich auf etw. vorbereiten:〜を準備する
・erzählen:話す、語る、説明する
・empfehlen:勧める、推奨する
・sich (mit etw3/Dat.) auskennen:(〜に) 詳しい、よく知っている
・einladen:招待する、招く
・umtauschen:(お店で買ったものを、何らかの理由で) 交換する
・regeln:片をつける、整理する、規制する、制御する

依頼を断る

Ich habe an dem Tag leider bereits einen anderen Termin.
(その日はあいにく既に他の予定が入っているの。)

Ich bin in letzter Zeit so beschäftigt und finde keine Zeit dafür.
(最近忙しくて時間を割けないんだ。)

Ich habe nächste Woche eine Aufgabe und bin derzeit voll im Stress.
(来週、課題の提出があって今大変なんだ。)

Darum schaffe ich das zeitlich nicht.
(そんなわけで、時間的に難しいよ。)

Deshalb glaube ich, das würde mir zu viel.
(だから、僕の許容量を超えてしまうんじゃないかと思うんだ。)

Es tut mir leid, aber diesmal geht es leider nicht.
(残念だけど、今回は引き受けられないんだ。)

Leider kann ich dir diesmal wohl nicht helfen.
(残念だけど、今回は手伝ってあげられそうにないんだ。→「おそらく」という意味)

Was deine Bitte angeht, sieht es allerdings zurzeit schlecht aus.
(あなたからの頼みのことなんだけど、今のところ難しいわ。)

Es tut mir sehr leid, aber bedauerlicherweise kann ich Ihnen diesmal nicht helfen.
(大変申し訳ないですが、残念ながら今回はお力になれません。)

Ich hoffe, du hast Verständnis dafür.
理解してくれるといいんだけど。)

Sei mir bitte nicht böse.
気を悪くしないでね。)

Ich hoffe, du findest jemand anderen, der das übernehmen kann.
(誰か他の人が見つかることを願っているよ。)

関連記事:【前綴り über-】ドイツ語の動詞を攻略する

POINT

・die Aufgabe:任務、課題、作業、仕事
・derzeit:今のところ、目下のところ
・allerdings:❶もっとも〜だが、なるほど確かに〜だが ❷それでもやはり、それにもかかわらず
・bedauerlicherweise:あいにく、残念ながら、遺憾ながら (leider よりもややフォーマル)
・für etw. Verständnis haben:同情の念を抱く、理解する
・böse:怒っている、残忍な、邪悪な、むごい、ひどい
・übernehmen:(責任、役割、任務などを) 引き受ける、掌握する

Scroll to top