【ドイツ語のしくみ①】枠構造と人称変化

英語とドイツ語の違いや、ドイツ語の基本的なしくみ、sein の人称変化などについて、例文とともに学習していきましょう。

ご興味のある方は、当サイトで ドイツ語クイズ を出題しておりますので是非ご覧ください。

目次

格とは何か

まず、ドイツ語のしくみを理解するためには「」というものを知る必要があります。

名詞やその他の品詞や述語との意味関係を「格助詞」といい、インド・ヨーロッパ言語においては、語形の変化や前置詞によってその関係を示すのですが、ドイツ語には4つの「格変化」があります。

概ね日本語訳と同じではありますが、3格支配4格支配 の動詞の中には、一部これに当てはまらないものもありますので注意してください。

ドイツ語の格
1格(主格/Nom.)主語 または 述語内容「〜が」「〜は」を示す
2格(属格/Gen.)所有・帰属・性質など「〜の」を示す
3格(与格・奪格/Dat.)間接目的語「〜に」「〜から」を示す
4格(対格/Akk.)直接目的語「〜を」を示す

関連記事:【冠詞と格変化】ドイツ語トレーニング

法とは何か

話し手による「発話内容の伝え方」に関する動詞の活用体系は「」と呼ばれ、ドイツ語の法には「直説法」「命令法」「接続法」の3つがあります。

直説法

要求や非現実などの特別な意味を加えない文

Im Winter erkälte ich mich oft.
(私は冬によく風邪を引く。)

命令法

対話する相手への要求を表す文

Lassen Sie mich allein.
(一人にしてください。)

接続法

話者の頭の中の世界を表す文で、接続法1式接続法2式 があります。

用法機能
要求話法要求・願望接続法
間接話法他者の発話内容の再現接続法
不一致の許容仮定と帰結の不一致を許容接続法
非現実話法非現実・潜在的可能性接続法

Er sagte, er habe Klaustrophobie.
(彼は自分を閉所恐怖症だと言った。→ 接続法1式 間接話法)

Wenn ich Zeit hätte, ginge ich ins Konzert.
(時間があれば、コンサートに行くのに。→ 接続法2式 非現実話法)

sein の人称変化

まずは、英語の be 動詞に相当する sein から学習していきましょう。
sein の役割は、大きく分けて以下の3つに分かれます。

動詞:英語の is や are、was などと同様に、動詞(存在詞)として「〜である」「存在する」を表す
完了の助動詞:動詞の過去分詞とともに完了形をつくる
所有冠詞:3人称の人称代名詞に対応する「彼の」と、男性名詞や中性名詞を受けて「それの」として用いられる

関連記事:【sein の使い方】ドイツ語トレーニング

sein の基本的な人称変化(直説法)

sein の人称変化は、ドイツ語の例文を読んでいくうちにだんだん慣れてきますので、
迷ったらこの表で確認する、という使い方で十分です。

助動詞sein 支配
1人称bin
親称 dubist
er / sie / esist
複数形sind
2人称複数 ihrseid
親称 du 過去形warst
過去形war
ihr 過去形wart
過去形複数waren
過去分詞gewesen

sein を使った例文

Klaus ist ein netter Mensch.
(クラウスは優しい人です。→ 動詞)

Bis wann ist die Fahrkarte gültig?
(この乗車券はいつまで有効ですか? → 動詞)

Wir sind in den Bergen viel gelaufen.
(私たちは山の中をたくさん歩いた。→ 完了の助動詞)

Alle Hosen sind mir locker geworden.
(ズボンが全て緩くなってしまった。→ 完了の助動詞)

Sein Auto steht in der Garage.
(彼の車はガレージにある。→ 所有冠詞)

人称代名詞の格変化

3人称の人称代名詞は、人を表す以外に名詞の代用としても用いられます。つまり、男性名詞には er を、女性名詞には sie中性名詞には es といった具合です。

こちらの表も、さきほどの sein の人称変化と同様に、さらっと目を通すだけで大丈夫です。

1格3格4格
ichmirmich
dudirdich
SieIhnenSie
erihmihn
sie (単数) ihrsie
wir unsuns
sie (複数)ihnensie
ihr (親称複数)eucheuch
esihmes

枠構造

ドイツ語には、独自の文法構造である「枠構造」というものがあり、英語の語順とは全く異なりますので注意してください。

平叙文においては、定動詞は2番目に置かれますが、この定動詞と最も密接に関係があるものと呼応して文の「」を形成します。その他の文要素は「枠の間に入る」ことになります。

また、話法の助動詞(könnendürfenmögenwollenmüssensollen)や 助動詞 lassen なども2番目に置かれ、本動詞とともに枠構造をつくります。

Sie kann Japanisch sprechen.
(彼女は日本語が話せる。→ 話法の助動詞 können)

Hier darf man nicht rauchen.
(ここは禁煙です。→ 話法の助動詞 dürfen)

Ich möchte im Ausland leben.
(私は外国に住みたい。→ 話法の助動詞 mögen)

Ich ließ meinen Wagen reparieren.
(私は車を修理してもらった。→ 助動詞 lassen)

Er hat Brötchen gekauft.
(彼はロールパンを買った。→ 現在完了)

Das wird eine schöne Erinnerung sein.
(それはいい思い出になるだろう。→ 未来形)

Sie spielen jeden Tag Fußball.
(彼らは毎日サッカーをしている。→ 熟語的表現)

Ein jeder zählt nur sicher auf sich selbst.
(誰であれ、頼れるのは自分だけだ。→ 熟語)

Die Gitarre wurde durch Feuchtigkeit beschädigt.
(ギターが湿気によって損なわれた。→ 受動態)

Er führte sich wie ein Kind auf.
(彼は子供のように振る舞った。→ 分離動詞)

Ich warte seit gestern auf deine E-Mail.
(僕は昨日から君のメールを待っている。→ 特定の前置詞句)

Sie wohnt mit uns zusammen.
(彼女は私たちと一緒に住んでいる。→ 副詞句)

Er geht oft mit seiner Frau ins Konzert.
(彼はよく奥さんとコンサートに行く。→ 方向を表す語)

関連記事:【前置詞を徹底攻略】ドイツ語トレーニング

POINT

・die Erinnerung:記憶、覚えていること
・auf jdn. zählen:人に頼る
・die Feuchtigkeit:湿気
・beschädigt:損傷した、破損した
・sich aufführen:振る舞う

平叙文

ドイツ語の基本的な構造について、英語と比較しながらその違いを見ていきましょう。英語と異なり、ドイツ語には「現在進行形」がなく、また目的語を文頭に置くことが可能です。

主語 + 述語 + 名詞(1格)

主語 = 名詞(1格)の等式関係を表します。

Er ist Arzt.He is a doctor.
Der Mann ist mein Freund.The man is my friend.
Sie war vier Jahre Lehrerin.She was a teacher for four years.

関連記事:【所有冠詞と格変化】ドイツ語トレーニング

主語 + 述語 + 名詞(1格)+ 名詞(2格

2格は「属格」と呼ばれ、所有関係を表します。

Die Dame unterbrach die Rede des Mannes.The lady interrupted the man’s speech.
Die Eingangstür des Hauses war offen.The front door of the house was open.
Die Ethik ist ein Zweig der Philosophie.Ethics is a branch of philosophy.

関連記事:【offen と öffnen の違い】ドイツ語トレーニング

主語 + 述語 + 形容詞

形容詞の述語用法です。

Alles ist fertig.Everything is ready.
Ihre Worte sind höflich.Her words are polite.
Mein Garten ist klein.My garden is small.

関連記事:【形容詞の格変化】ドイツ語トレーニング

主語 + 述語 + 形容詞 + 名詞(1格

形容詞の付加語用法で、語尾変化をします。

Sie ist eine schöne Frau.She is a beautiful lady.
Japaner haben dunkle Augen.The Japanese have dark eyes.
Es war ein aufregendes Spiel.It was an exciting game.

関連記事:【形容詞の格変化】ドイツ語トレーニング

主語 + 述語(自動詞)

Er rennt.He runs. / He is running.
Der Mond scheint.The moon is shining.
Die Glocke läutet.The bell is ringing.

関連記事:【laufen と rennen の違い】ドイツ語トレーニング

主語 + 述語(自動詞)+ 前置詞句

Er kam aus dem Haus.He came out of the house.
Sie wohnt bei ihrem Onkel.She lives with her Uncle.
Die Kinder sitzen um den Tisch.The children are sitting around the table.

関連記事:【sitzen と setzen の違い】ドイツ語トレーニング

主語 + 述語(自動詞)+ 目的語(4格)+ 前置詞句

Wir spielen nach dem Abendessen Karten.We play cards after supper.
Er legte das Buch auf den Tisch.He laid the book on the table.
Ich nehme Zucker in meinen Kaffee.I take my coffee with sugar. 

関連記事:【nehmen】ドイツ語の基本動詞をマスターする

主語 + 述語(自動詞)+ 名詞(2格

副詞の2格の用法です。日常会話ではあまり用いられません。

Ich reise erster Klasse.I travel first-class.
Jeder stirbt eines Tages.Everyone dies eventually.
Meines Wissens ist er unschuldig.As far as I know, he is innocent.

関連記事:【指示冠詞 と 不定数冠詞】ドイツ語トレーニング

主語 + 述語 + 名詞(2格)+ 形容詞

2格支配の品詞(動詞・形容詞など)とともに用いられる例文です。

Er ist des Mordes verdächtig.He is suspected of murder.
Es ist der Mühe wert.It’s well worth the trouble.
Ich bin seines Beistandes gewiss.I am sure of his support.

主語 + 述語 + 目的語(3格)

Er dankte ihr.He thanked her.
Sie half mir.She helped me.
Uns gefällt es.We like it.

関連記事:【ドイツ語】3格支配の基本的な動詞

主語 + 述語 + 目的語(3格)+ 形容詞

Er sieht seinem Vater ähnlich.He looks like his father.
Sie sind uns immer herzlich willkommen.You have a standing invitation to join us.
Ihm ist das gleichgültig.It is a matter of indifference to him.

主語 + 述語(他動詞)+ 目的語(4格)

Ich liebe dich.I love you.
Er bestand die Prüfung.He passed the exam.
Sie rief ihn an.She called him.

関連記事:【分離動詞とは何か】ドイツ語トレーニング

主語 + 述語 + 目的語(3格)+ 目的語(4格

Er schenkte ihr eine Puppe.He gifted her a doll.
Sie teilte ihm ihre Adresse mit.She gave him her address.
Sie stahlen mir die Zeit.They stole my time.

関連記事:【時間と時刻の言い方】ドイツ語トレーニング

主語 + 述語 + 目的語など + zu 不定詞

zu 不定詞は、英語の to 不定詞と同様に「〜すること」のように用いられますが、語順は英語と正反対ですので注意が必要です。

Es ist leicht, jemanden zu hassen.Hating someone is so easy.
Ich hoffe, euch bald zu sehen.I hope to see you soon.
Er hörte auf, Tennis zu spielen.He stopped playing tennis.
Es ist Zeit, nach Hause zu gehen.It is time to go home.
Ich bin gewohnt, früh aufzustehen.I am used to getting up early.
Ich habe viel zu erzählen.I have a lot to tell.

関連記事:【zu 不定詞】ドイツ語トレーニング

主語 + 知覚動詞 + 目的語4格 + 不定詞

Er sah sie tanzen.He saw her dancing.
Ich höre den Hund bellen.I hear the dog barking.

関連記事:【不定形と不定詞】ドイツ語トレーニング

関連記事:【ドイツ語】「見る」に関する動詞をマスターする

主語 + 述語 + 従属接続詞+ 主語 + (他の文成分)+ 述語

従属接続詞に導かれた「副文」は、主文に情報を補う役割を持ち、副文内では定動詞は文末に置かれます

Es war Glück im Unglück, dass niemand zu Tode kam.
It was lucky that nobody died.
Ich esse gern(e) Heidelbeeren, weil sie viel Eisen enthalten.
I like to eat blueberries because they contain a lot of iron.

関連記事:【ドイツ語のしくみ④】接続詞と関係代名詞

関連記事:【従属接続詞と語順】ドイツ語トレーニング

es の用法

英語の it と同様に、ドイツ語の es は天気などの自然現象、時刻、距離、非人称主語、形式的な主語など、さまざまな使い方があります。

天気Es regnet.
(雨が降っている。)
時刻Es ist halb sieben.
(6時半です。)
距離Es ist weit von hier.
(ここからは遠い。)
非人称主語Es klopft jemand an der Tür.
(誰かがドアをノックする音がする)
形式的な主語Es sind viele Leute dort.
(そこにはたくさんの人がいる。)
決まり文句Wie geht es Ihnen?
(ご機嫌いかがですか。)
受動態Es wird jetzt ein neue Hochhaus gebaut.
(新しい高層ビルが建設されている。)
受動的表現Es schreibt sich gut mit diesem Füller.
(この万年筆は書きやすい。)
Auf diesem Sofa sitzt es sich sehr bequem.
(このソファはとても座り心地が良い。)

関連記事:【es の使い方】ドイツ語トレーニング

関連記事:【再帰代名詞】ドイツ語トレーニング

今回は、ドイツ語の基本的な文構造と人称変化についてご説明しました。続いては、ドイツ語の否定文・命令文・疑問文について学習していきましょう。


当サイトがお役に立ちましたら、ご支援いただけると励みになります。

Buy Me A Coffee

Scroll to top