【vor】ドイツ語の前置詞を徹底攻略

今回は、ドイツ語の前置詞「vor」の使い方を、例文とともに学習していきましょう。

ご興味のある方は、当サイトで ドイツ語クイズ を出題しておりますので是非ご覧ください。

目次

vor の基本概念

前置詞 vor は基本的に「前に」という概念を持っており、英語の beforefrom の働きによく似ています。

意味によって 3格(Dat.) または 4格(Akk.) をとりますので注意が必要です。

<前置詞 vor の基本>

・「前に」という概念をもつ
・「前に」から転じて、「順序」「原因・理由」なども表現される
・用法によって 3格(Dat.) または 4格(Akk.)をとる

3格

人が物の「位置」や「状態」が続いている場合には 3格 (Dat.) が使われます。
男性・中性名詞の定冠詞の場合は、vor demvor das が短縮されて「vorm」「vors」になることが多いです。

関連記事:【冠詞と格変化】ドイツ語トレーニング

〜の前で

空間的・時間的に「〜の前で(に)」を表します。

Sie steht vor dem Spiegel.
(彼女は鏡の前に立っている。)

Das Taxi steht vor dem Hoteleingang.
(タクシーがホテルの入り口の前に来ています。)

Der Bus hält vor dem Bahnhof.
(バスが駅の前に停まっている。)

Wir stehen vor diesem Problem.
(私たちはその問題に直面している。)

Es ist zwanzig vor sechs.
(5時40分です。→ 6時の20分前)

Um sieben Uhr habe ich mit meiner Freundin eine Verabredung vor dem Kino.
(7時に映画館の前で彼女と待ち合わせだ。)

Wir brachen vor Sonnenaufgang auf.
(私たちは日の出前に出発した。)

Er hat sich zwei Tage vor der Reise den Knöchel verstaucht.
(彼は旅行の2日前に足首を捻挫した。)

In dieser Stadt ist erst vor zwei Jahren eine Eisenbahn angelegt worden.
(この街に鉄道が通ったのはほんの2年前のことです。)

関連記事:【日にちと曜日の言い方】ドイツ語トレーニング

POINT

・・die Verabredung:約束、(病院などの) 予約
・aufbrechen:出発する、出かける
der Knöchel:足首
・vertauschen:(2つのものを) 入れ替える、交換する、(うっかり) 取り違える
・erst:時や程度などを表す語句とともに、ある地点にやっと到達したことを強調して「ほんの」「今ようやく」「やっと」
・anlegen:(施設などを計画通りに)造る、(物を)当てがう、つける

〜に対して

畏怖や用心などを対象として、「〜に対して」を表します。

Schätze dich vor Erkältung.
(風を引かないようにしなさい。)

Er hat großen Respekt vor seinem Vater.
(彼は父親をとても尊敬している。)

Jack sagte mir, dass er keine Angst vor Bären habe.
(ジャックは私に熊が怖くなかったと言った。→ 接続法1式の間接話法)

関連記事:【接続法1式を徹底攻略】ドイツ語トレーニング

POINT

・sich vor etw3(Dat.) schätzen:〜から身を守る
・vor etw3(Dat.) Angst haben:〜を怖がる

順序・優位

Habt vor allen Dingen Geduld.
(何よりもまず忍耐強くありなさい。)

Seine Frau ist vor ihm gestorben.
(彼の妻は彼より早く亡くなった。)

Der Junge ging vor Paul durchs Ziel.
(その少年はポールより先にゴールした。)

Er ist vor mir angekommen.
(彼は私より先に着いていた。)

Ich war vor Ihnen an der Reihe.
(私はあなたより先でしたよ。)

Er wusch seine schmutzigen Hände vor dem Essen.
(彼は食事の前に汚れた手を洗った。)

Vor dem Wald kommt noch ein großer See.
(森の手前にはもうひとつ大きな湖があります。)

関連記事:【Meer と See の違い】ドイツ語トレーニング

POINT

・vor allen Dingen:とりわけ
・vor jdm. durchs Ziel gehen:人より先にゴールする
・die Reihe:列、並び、順番

無意識的な理由

「〜の前に」のイメージから転じて、「〜という理由から」の意味で使われます。
(同じく理由や動機を表す前置詞の aus は、意識的な理由を表します。)

Er zitterte vor Kälte.
(彼は寒くてガタガタ震えた。)

Ich sprang vor Freude in die Luft.
(私は嬉しくて飛び上がった。)

Sie war vor Furcht gelähmt.
(彼女は恐怖ですくんでしまった。)

Er war sprachlos vor Staunen.
(彼は驚いて口が利けなかった。)

Sie hätte vor Scham in die Erde sinken mögen.
(彼女は恥ずかしさのあまり穴があったら入りたいくらいだった。)

関連記事:【接続法2式を徹底攻略】ドイツ語トレーニング

POINT

・zittern:身震いする、震える
・die Furcht:恐れ、恐怖、不安
・jdn./etw. lähmen:麻痺させる、活力を失わせる
・das Staunen:大変な驚き、仰天
・die Scham:恥ずかしさ、羞恥心

4格

人や物が、動作によって移動して「〜へ」を表すときには 4格 (Akk.) が用いられます。

〜の前へ

Ein Hund lief mir genau vor die Füße.
(目の前を一匹の犬が横切った。)

Er stellte die Stehlampe vor das Sofa.
(彼はフロアランプをソファの前に置いた。)

Halt dir beim Gähnen die Hand vor den Mund.
(あくびをするときは手を口の前に当てなさい。)

Der Reporter holte den Sieger vor die Fernsehkamera.
(リポーターは優勝者をテレビカメラの前に連れてきた。)

Es gibt vor den meisten Wohnungen an der Eingangstür eine Fußmatte.
(たいていの家では、玄関の前にドアマットが敷かれています。)

関連記事:【stellen】ドイツ語の基本動詞をマスターする

POINT

・das Gähnen:あくび
・jdn./etw. holen:連れて来る、持って来る

熟語

vor を使った熟語表現を一部ご紹介します。

sich vor etw. fürchten

◆ 意味:〜を恐れる

Am meisten fürchtete sich er davor, missverstanden zu werden.
( 彼は誤解されることを最も恐れています。)

jdn. vor etw3(Dat.) schützen

◆ 意味:〜から身を守る、防御する

Wie kann man sich vor Einbrechern schützen?
(どうすれば強盗から身を守ることが出来ますか?)

vor allem

◆ 意味:何よりもまず、とりわけ

Im Fall eines Erdbebens muss man vor allem kaltes Blut bewahren.
(地震の際には何よりもまず冷静でなければならない。)

erst vor kurzem

◆ 意味:ごく最近

Erst vor kurzem habe ich die Existenz Ihrer Website in Erfahrung gebracht.
(つい最近あなたのウェブサイトの存在を知りました。)

vor Augen führen

◆ 意味:視覚化する、(抽象的なことを)目に見えるようにする

Die Sendung führte die schlimmen Folgen der Drogenabhängigkeit vor Augen.
(その番組は麻薬中毒の悲惨な結末を見せてくれました。)

関連記事:【形容詞の格変化】ドイツ語トレーニング

POINT

・in Erfahrung bringen:(情報、知らせなどを)知る
・die Folge:①結果、成り行き、結論、帰結 ②連続、続編、(刊行物などの)シリーズ
・die Drogenabhängigkeit:麻薬中毒
・kaltes/kühles Blut bewahren:冷静を保つ

分離動詞

vor は、分離動詞の接頭辞「前綴り」としても使われます。

Es kommt mir vor, als hätte ich dieses Ding schon mal gesehen.
(これは前に見たことがあるような気がする。)

Sie schlug vor, eine kurze Pause zu machen.
(彼女が少し休憩することを提案した。)

Ich habe vor, baldmöglichst aus Berlin abzureisen.
(出来るだけ早くベルリンを発つつもりです。)

Stell dir vor, sogar im Schatten hatte es noch 30 Grad.
(想像してみて、日陰ですらまだ気温が30度だったのよ。)

関連記事:【noch の使い方】ドイツ語トレーニング

POINT

・Es kommt mir vor, als . . .:〜な気がする (英語の It seems to me . . . )
・vorkommen:(考えなどが、突然)思い浮かぶ
・vorschlagen:提案する
・vorhaben:〜するつもりである
・abreisen:旅立つ、(旅行に)出発する、(旅先から)帰路につく
・sich3(Dat.) vorstellen:想像する、心に描く
・sogar:(強調) さらに、それどころか
・der Schatten:陰

Scroll to top