【heißen 】ドイツ語の基本動詞をマスターする

wachen と wecken の違い に続き、今回はドイツ語の動詞 heißen 使い方を、例文とともにご紹介していきます。

ご興味のある方は、当サイトで ドイツ語クイズ を出題しておりますので是非ご覧ください。

目次

heißen の基本概念

heißen は、ざっくりと日本語に近い語感で訳しますと「〜と言う」になります。

  • 私の名前はエドワードと言う
  • その本のタイトルは「クリスマス殺人事件」と言う
  • (人々が)彼は窃盗で捕まったと言っている
  • Liebe は英語では「loveと言う
  • 彼が私にここに座っていろと言っている

このイメージから、「〜と呼ばれている」「〜と書かれている」「〜だそうだ」など、様々な表現があります。

heißen の基本の活用形

助動詞haben 支配
1人称heiße
親称 duheißt
er / sie / esheißt
2人称複数 ihrheißt
親称 du 過去形hieß(es)t
過去形hieß
ihr 過去形hießt
過去形複数hießen
過去分詞geheißen

自動詞

自動詞とは、4格目的語をとらない動詞のことです。前置詞句は文の要素にはなりません。

〜と呼ばれている

Wie heißen Sie? / Darf ich fragen, wie Sie heißen?
(お名前は何とおっしゃいますか?)

Wie heißt die Straße?
(その通りの名前は何ですか?)

Wie heißen Sie mit Vornamen?
(ファーストネームは何とおっしゃいますか。)

Er heißt Paul mit Vornamen.
(彼の名前はポールだ。)

Der Titel des Buches heißt „Das Kapital“.
(その本のタイトルは「資本論」である。)

Ich heiße Edward, aber alle nennen mich Eddi.
(私の名前はエドワードですが、皆んなはエディと呼びます。)

◆ 関連表現

Wie ist Ihr Name bitte?
(お名前は何とおっしゃいますか。)

Kann ich Ihren Namen haben? / Darf ich Sie nach Ihrem Namen fragen?
(お名前をお伺いしても宜しいですか。)

関連記事:【können/話法の助動詞】ドイツ語トレーニング

POINT

・der Vorname:(姓に対して) 名 (英語の first name)
・der Nachname:(名に対して) 姓 (英語の family name)
・nach etw3(Dat.) tragen:〜について尋ねる

〜を意味する

Das will nichts heißen.
(それは取るに足らないことだ。)

Leben heißt frei sein.
(生きることは自由を意味する。)

Was soll denn das heißen?
(それってどういう意味なの?)

関連記事:【leben】ドイツ語の基本動詞をマスターする

言い換えると、つまり

Heißt das, ich soll gehen?
(私に立ち去れということですか?)

Heißt das, dass ich sofort gehen soll?
(それは私にすぐ行けということですか?)

Das hieße doch, den Plan aufgeben.
(それは計画を断念するということになるだろう。→ 接続法2式

Verreisen, das heißt neuer Menschen kennenlernen.
(旅へ出ることは、つまり新しい人々を知ることだ。)

Ich komme morgen, das heißt, wenn es nicht regnet.
(私は明日伺います。雨が降らなければの話ですが。)

関連記事:【aufgeben】ドイツ語の分離動詞を攻略する

POINT

・aufgeben:①諦める、やめる、中止する ②(手紙・荷物などを) 窓口に出す
・verreisen:旅行に行く
・jdn. kennenlernen:人と知り合う、出会う

〜と書いてある

文章、語句などが「〜となっている」という意味で、lauten と同義です。

Wie heißt die Stelle im Text?
(この箇所は原文ではどうなっていますか。)

Wie heißt dieses Wort auf japanisch?
(この単語は日本語で何と言うのですか?)

Sein Motto hieß Höflichkeit.
(彼のモットーは思いやりであった。)

Sieh mal im Wörterbuch nach, was Zeitung auf Englisch heißt.
(新聞は英語で何というのか辞書で調べてごらん。)

関連記事:【疑問文のつくり方/疑問代名詞・疑問副詞】ドイツ語トレーニング

POINT

・die Stelle:場所、箇所、位置、順位、(書物・音楽作品などの) 部分、箇所
・das Wort:語、単語 (この意味の場合の複数形は Wörter)
・die Worte (複数形):言葉、成句
・die Höflichkeit:礼儀正しさ、思いやり
・nachsehen:調べる、確認する

〜と言われている

es heißt のかたちをとって、特に発言元に言及せずに「〜という噂だ」「〜だそうだ」などを表現します。

Sie ist nach London gefahren, heißt es.
(彼女はロンドンへ行ったそうだ。)

Es heißt, dass er morgen kommt.
(彼は明日来るそうだ。)

Sonst heißt es, ich sei ein schlechter Vater.
(さもないと私は悪い父親だと思われてしまう。)

Es heißt, man habe den Mörder gefasst.
(その殺人鬼は捕まったそうだ。)

Es heißt, der Premierminister wird die Stadt besuchen.
(首相がその街を訪れるそうだ。)

Sie ist bereits genesen, heißt es. / Es heißt, dass sie bereits genesen ist.
(彼女はもう治っているそうだ。)

関連記事:【接続法1式を徹底攻略】ドイツ語トレーニング

POINT

・sonst:①そのほかに、さらにまた ②いつもは、普段は ③もしそうしなければ ④以前、かつて
・fassen:捕まえる、掴む、理解する、把握する (英語の grasp)

他動詞

他動詞とは、4格目的語をとる動詞のことです。

〜と言う、呼ぶ

Er hat mich einen Lügner geheißen.
(彼は私のことを嘘つきと言った。)

Das heiße ich klug gehandelt.
(これこそ賢明なやり方だ。)

Sie haben das Kind Walter geheißen.
(彼女はその子のことをヴァルターと名付けた。)

Er wurde von seinen Eltern Hans geheißen.
(彼は両親からハンスと名付けられた。)

関連記事:【handeln】ドイツ語の基本動詞をマスターする

POINT

・der Lügner / die Lügnerin:嘘つき
・klug:聡明な、明晰な、賢い
・handeln:①行う、振る舞う ②取り扱う ③商売する、売る、売買する

命じる

zu のない 不定詞 を伴う場合は、完了形で geheißen ではなく heißen を用いるのが一般的です。

この意味で使う場合は anweisenbefehlen よりも文語的で、雅語とされています。

Tu, was ich dich heiße!
(言う通りにしろ!)

Er hat mich warten/schweigen heißen.
(彼は私に待っている / 黙っているように命じた。)

Wer hat dich das tun heißen? / Wer hat dich geheißen, das zu tun?
(誰が君にそんなことをしろと言ったんだ?)

Er hieß sie den Text wörtlich übersetzen.
(彼は彼女にその本文を言葉通りに訳すように言った。)

◆ jdn. anweisen, etw. zu tun:人に〜するように指示する、指導する、命令する

Er ist angewiesen, niemanden vorzulassen.
(彼は誰も通さないように命じられている。)

◆ jdm. etw. befehlen:人に〜するように命令する、指図する

Von dir lasse ich mir nichts befehlen.
(君の指図は受けない。)

関連記事:【命令文・要求文】ドイツ語トレーニング

POINT

・schweigen:黙っている、何も言わない
・wörtlich:文字通りの、原文に忠実な
・vorlassen:①順番を譲る ②人に面会を許す
・übersetzen:翻訳する、訳す


当サイトがお役に立ちましたら、ご支援いただけると励みになります。

Buy Me A Coffee

Scroll to top