【rechnen と zählen の違い】ドイツ語トレーニング

unter と unten の違い に続き、今回は rechnenzählen の違いと使い方を例文とともにご紹介していきますので、しっかりとマスターしていきましょう。

ご興味のある方は、当サイトで ドイツ語クイズ を出題しておりますので是非ご覧ください。

目次

rechnen と zählen の違い

・rechnen:計算する

・zählen:数を数える

英語ですと rechnencalculate で、zählencount に相当します。

ただし、zu 前置詞句などを伴って「〜を考慮に入れる」「〜のひとつに数えられる」などの意味では rechnenzählen の両方が使われますので、それぞれの用法を例文とともにさらに詳しく見ていきましょう。

rechnen の基本の活用形

助動詞haben 支配
1人称rechne
親称 durechnest
er / sie / esrechnet
2人称複数 (ihr)rechnet
親称 du 過去形rechnetest
過去形rechnete
過去形複数rechneten
過去分詞gerechnet

rechnen の使い方

日本語にも「計算する」が「考慮に入れる」というニュアンスを持つように、ドイツ語でもその感覚は非常によく似ています。

Sie ist stark im Rechnen.
(彼女は計算が得意だ。)

Wir haben heute Rechnen.
(今日は算数の授業がある。)

Er rechnete mit der Rechenmaschine.
(彼は計算機を使って計算した。)

Jack ist ein klug rechnender Kopf.
(ジャックは打算的な人だ。)

Mein Bruder kann sehr schnell im Kopf rechnen.
(私の弟は暗算がとても速く出来る。)

Für den Rückweg müssen wir zwei Stunden rechnen.
(帰るのに2時間かかると見込まなければならない。)

Die Reise kostet 1 000 Euro, das Taschengeld nicht gerechnet.
(旅行はお小遣いを別として1000ユーロかかる。)

関連記事:【mit】ドイツ語の前置詞を徹底攻略

POINT

・der Rückweg:帰り道、帰路
・das Taschengeld:お小遣い、ポケットマネー

熟語

rechnen を使った熟語を一部ご紹介します。

mit etw3(Dat.) (jdm.) rechnen

◆ 意味:〜を覚悟する、起こることを考慮に入れる

Mit diesem Zwischenfall habe ich nicht gerechnet.
(その事件は予想外だった。)

Mit seinem Kommen hat Emily nicht gerechnet.
(エミリーは彼が来ることを計算していなかった。)

zu etw3(Dat.) rechnen

◆ 意味:〜のひとつに数える

Ich rechne ihn zu meinen Mitarbeitern.
(私は彼を協力者だと見なしている。)

auf jdn./etw. rechnen

◆ 意味:(望ましいことの)当てにする

Können wir auf Ihre Mitwirkung beim Konzert rechnen?
(演奏会のときにあなたの協力を当てにしていても宜しいですか。)

jdn./etw. für jdn./etw. rechnen

◆ 意味:〜を●●とみなす

Ich wurde damals noch für ein Kind gerechnet.
(私は当時まだ子供扱いされていた。)

関連記事:【werden と sein/受動態の基本 編】ドイツ語トレーニング

POINT

・der Zwischenfall:(突発的な)出来事、(予想外の)事件
・damals:当時、その時、その頃

zählen の基本の活用形

助動詞haben 支配
1人称zähle
親称 duzählest
er / sie / eszählt
2人称複数 (ihr)zählt
親称 du 過去形zähltest
過去形zählte
過去形複数zählten
過去分詞gezählt

zählen の使い方

zählen の「数える」は「〜に数えられる」という表現もよく使われます。

Das Baby kann bis zehn zählen.
(その赤ちゃんは10まで数えることが出来る。)

Er hat falsch gezählt.
(彼は数え間違いをした。)

Das Kind hat im Kindergarten zählen gelernt.
(その子供は幼稚園で数の数え方を習った。)

Die Stadt zählt 2 Million Einwohner.
(その街は人口200万を数える。)

Diese Schule zählt über 400 Schüler.
(この学校は在校生が400人以上いる。)

Bei ihr kann man die Rippen zählen.
(彼女はあばら骨が数えられるほど痩せている。)

Seine Tage sind gezählt.
(彼は余命いくばくもない。→ 英語の His days are numbered.

Es war vorbei, ehe man bis drei zählen konnte.
(それはあっと言う間に終わってしまった。)

Der Walfisch zählt zu den Säugetieren.
(クジラは哺乳類である。)

Die Pause zählt nicht als Arbeitszeit.
(休憩は労働時間に入らない。)

Das zählt hier nicht.
(ここではそんなことは問題ではない。→ ものの数に入らない)

Hier zählt nur das Leistung.
(ここでは実力だけが物を言う。)

In unsere Gesellschaft scheint nur Leistung zu zählen.
(我々の社会では実力だけが重要であるようだ。)

Ein Menschenleben zählt mehr als jedes materielle Gut.
(人の命はどんな物質よりも尊い。)

関連記事:【数の数え方】ドイツ語トレーニング

関連記事:【不定代名詞】ドイツ語トレーニング

POINT

・die Leistung:出来栄え、成績
・der Walfisch:クジラ
・das Säugetier:哺乳類
・scheinen:①〜のように見える ②(太陽・月・ランプなどが)照らしている、輝く
・das Gut:①財産、財貨 ②商品、物

熟語

zählen を使った熟語を一部ご紹介します。

jdn./etw. zu jdm./etw3(Dat.) zählen

◆ 意味:数に入れる

Er zählt zu den bedeutendsten Gitarristen.
(彼は最も著名なギタリストの一人である。)

Er kann sich zu den reichsten Männern des Landes rechnen.
(彼は国中で最もお金持ちの一人と言える。)

Paul zählt ihn zu seinen besten Freunden.
(ポールは彼を親友の一人と見なしている。)

Hamburg zählt zu den schönsten Städten Deutschlands.
(ハンブルクはドイツで最も美しい街のひとつです。)

関連記事:【比較級と最上級】ドイツ語トレーニング

auf jdn./etw. zählen

◆ 意味:(計画などの)当てにする

Ein jeder zählt nur sicher auf sich selbst.
(誰であれ、頼れるのは自分だけだ。)

Auf mich kannst du jederzeit zählen.
(いつでも私を当てにしてくれていいよ。)

関連記事:【auf】ドイツ語の前置詞を徹底攻略

POINT

・bedeutend:重要な、大きな、有名な、影響力のある
・jederzeit:いつでも

zahlen

zählen とスペルが非常によく似ていますが、zahlen は「支払う」という意味ですので注意してください。

Bitte zahlen. / Ich möchte zahlen.
(お勘定をお願いします。)

Wie viel habe ich zu zahlen?
(おいくらですか?)

Kinder zahlen die Hälfte.
(子供は半額です。)

Er musste Strafe zahlen, weil er bei Rot über eine Ampel gefahren war.
(彼は赤信号を無視して罰金を払わなければならなかった。)

Ich zahle Ihnen selbstverständlich die Hälfte des Benzins. Sie mir dann bitte bei unserer Ankunft, wie viel es ist.
(もちろんガソリン代の半分を払います。到着したら、いくらなのか言ってくださいね。)

関連記事:【ドイツ語】お買い物に関する動詞をマスターする

POINT

・die Strafe:罰、罰すること、刑罰
・selbstverständlich:もちろん、言うまでもなく

Scroll to top